バッティング不調時に試してみたいこと


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

大事な大会が近づくと
自分自身の調子はどうなのか?
ということにとても敏感になってきます。

 

ピッチングの調子はどうなのか?
バッティングの状態はどうなのか?

 

それによって
試合で活躍できるのか
または試合に出れるのかということが
決まってきます。

 

特に
「バッティングは水もの」
と言われるように
バッティングの調子というのは
好不調の波が激しいものです。

 

そのため
大会を良い状態で
迎えられるとは限りません。

 

さらにバッティングは
一度調子が悪くなると
ナーバスになり過ぎてしまい
なかなか不調から抜け出せない
ということもあります。

 

そんな時に
ぜひ一度試してもらいたいことは
思い切ってバットを変えるということです。

 

普段使っているバットを
変えたことがないという選手も
いると思いますし
バットにこだわりがある
という選手もいると思います。

 

しかしそんな選手にこそ
バットを変えることをおすすめします。

 

バッティングの調子が悪い時
というのはフォームのバランスが
崩れていることが原因です。

 

そのバランスを元に戻すためには
何かきっかけが必要です。

 

そのきっかけを簡単に作ることができるのが
バットを変えるということです。

 

あなたもご存知の通り
バットはそれぞれ
重さも違えば長さも違い
またバットの芯のバランスも
違います。

 

フォームを大きく変えることは
大会前は危険に思うかもしれませんが
このようにバットを変えるだけであれば
フォーム自体を大きく変える必要はありません。

 

このバットの変更により
フォームのバランスも
自然と変わっていきます。

 

それにより
変えたバットによって
良い感覚を掴む
ということはよく起こります。

 

プロ野球選手も
不調に陥った時
他の選手のバットを借りて打ったところ
調子が上向いていったという
話をよく聞きます。

 

(もちろん反対に
イチロー選手のように
感覚を大切にするという選手は
バットをほとんど変えず
感覚が狂わないために
他の選手のバットは握らない
という選手もいます。)

 

いきなり試合で試すのは
怖いという選手も
練習で色々なバットを試してみては
いかがでしょうか?

 

そうして何かきっかけを掴めてきたら
いつも使い慣れている
バットに戻してみる
というのもいいと思います。

 

いずれにしても
不調に陥った場合は
何かきっかけが
必要になってくるので
気持ちの切り替えという意味でも
バットを変えてみることを
おすすめします。

 

PS
これはあくまで
大会直前に不調に陥った場合の
対処法の一つです。
全員に当てはまるというわけでは
ありませんし

 

大会が控えていないのであれば
同じバットでじっくりと自分の
スイングと向き合い不調を脱出することを
おすすめします。
その経験があなたを大きく成長させてくれるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です