中継プレーで注意をしたいこと


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球は点数を取り合うゲームですが
攻撃ばかりではなく
少しでも失点を防ぐ守備の意識も
試合の勝敗を大きく左右させます。

 

その中で大量失点を防ぐためには
内野と外野の連携プレー
特に中継プレーが重要になってきます。

 

中継プレーが上手くハマると
点数を防ぐことができるだけではなく
アウトカウントを増やすことができます。
逆に上手くハマらないと
失点をしてしまうだけでなく
アウトカウントも増えずに
ピンチも拡げてしまいかねません。

 

だからこそ試合で勝つためには
中継プレーを練習しておく必要が
あるのです。

 

では中継プレーで
注意をしておきたい点は
どんなことでしょうか?

 

まず一つ目は
外野手の肩をそれぞれ
把握しておくということです。

 

選手それぞれに
肩の強さは違います。
強い選手もいれば
弱い選手もいます。

 

その肩の強さを把握することで
内野手はどれくらいの
位置で中継に入って行けばいのかを
判断できるようになります。

 

キャッチボールなどから
お互いの肩の強さがどれくらいなのかを
しっかり把握しておきましょう。

 

二つ目は
外野手の捕球体勢です。
打球は外野手の正面に飛んで来るとは
限りません。

 

左右に振られることも
あれば後ろに下がらなければ
行けないこともあるでしょう。

 

また外野手の追い方によっては
簡単な打球も悪い体勢となってしまうかもしれません。

 

中継に入る内野手は
その外野手の体勢を常に
確認することが必要です。

 

良い体勢であれば
強いボールが来ることが予想できるので
少し引いた位置に下がったり
悪い体勢だと思えば
外野手の方によっていき
早くボールをもらいにいく必要があります。

 

またこの体勢は
外野手の左利き、右利きによっても
変わってきます。

 

例えば左利きの選手が
レフトを守っている場合
レフト線の打球を
2塁に投げようとすれば
投げづらいということが
わかると思います。

 

そうした場合は
中継に入るショートの選手は
少しレフトに近づいて
ボールを受ける必要があるでしょう。

 

もちろん守備力の高い選手であれば
左利きであっても上手くボールに入り
力強いボールを返すこともできるので
中継に入る選手は
常に外野手をみて
臨機応変に対応することが必要です。

 

これは外野がエラーをした時も同様です。
少しでもボールの処理にもたつけば
外野手は一度止まらなければ行けないため
ステップを踏むことができません。

 

その時はノーステップで
中継まで早くボールを返したほうがいいので
ボールを外野が落とした瞬間
中継はすぐに外野の方によってあげるようにしましょう。

 

最後に外野手の送球で大切に
しなければならないのは
送球の高さです。

 

ボールをノーバウンドで
送球しようとする選手が
多いのですが
それではボールが目的の場所まで
届くまでにかかる時間が長くなってしまいます。

その結果アウトにする確率は
減ってしまいます。

 

もちろんノーバウンドで
ボールを投げるほうが
捕球をする側は捕球がしやすいです。

 

なので
低くて速い送球でノーバウンド
が理想と言えるでしょう。

 

ですがそれはなかなか難しいので
まずはワンバウンドでもツーバウンドでもいいので
低いボールを投げるように
していきましょう。

 

そうすることで
中継もカットがしやすくなり
バッターランナーに無駄な進塁を
許すことも無くなります。

 

少しでもアウトにする確率を
増やすためにも
キャッチボールからこの
低くて速い球を投げる練習を繰り返しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です