小学生や中学生に体幹トレーニングは必要か?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「体幹」という言葉を聞いたことが
あると思います。

 

体幹はスポーツをする上では
とても大切な役割を果たしており
野球においても

・バッティング
・ピッチング
・フィールディング
・走塁
と全ての面で必要なものです。

 

「打球をもっと遠くに飛ばしたい」
「もっと速い球を投げたい」
と考えているのであれば
体幹を鍛えることが
最も手っ取り早く
効果が望めるでしょう。

 

しかし、小学生や中学生など
体の成長過程にある選手にも
それが全て正しいのかと言われると
そうではないかもしれません。

 

もちろん小学生であっても
中学生であっても
体幹トレーニングを行えば
パフォーマンスアップが望めるでしょう。

 

ですが、その結果技術を
伸ばす機会を逃してしまうことに
繋がってしまうかもしれません。

 

体幹トレーニングを行うことで
球速や打球の飛距離が
周りと比べて確実に良くなります。

 

しかしその結果に満足をしてしまうと
技術を向上させることをおろそかにしてしまいます。

 

パフォーマンスをアップさせるには
体幹など筋力的な強化も必要ですが
フォームなどの技術的な要素も
欠かすことはできません。

 

高いレベルになればなるほど
この技術と筋力どちらも
必要だということに気がつくでしょう。

 

この技術と筋力ですが
実は効率よく成長をさせることが
できる時期というのが決まっています。

 

個人差はありますが
筋力であればやはり体が出来上がってくる
高校生以上になってからがいいでしょう。

 

身体が成長していることで
ある程度負荷をかけても耐えることが
できますし
さらに体の成長にも影響が出ません。

 

逆に技術力は小学生のうちに
高めておくことが
おすすめです。

 

こちらも個人差はありますが
ゴールデンエイジと呼ばれる
12~13歳ぐらいまでが一番
効率よく運動神経を高めることが
できる時期なのです。

 

だからこそ小学生のように
まだ野球を始めたばかりの頃は
過度な筋力トレーニングよりも
まずは技術力を高めることで
パフォーマンスアップを図ってもらいたいのです。

 

その上で
体が成長をしてくれば
体幹トレーニングに取り組み
総合的なパフォーマンスアップを
することが理想的でしょう。

 

簡単にまとめると
技術力を高めるのは
小さい頃がベストで
体幹や筋力は
体が成長しきればいくらでもできるから
慌てて今する必要はないということです。

 

もちろんだからと言って
小・中学生は全く
体幹をしなくてもいいというわけでは
ありません。

 

あくまでも過度にやりすぎてはいけない
ということである程度の筋力は
必要になってきます。

 

このように成長をしていくためには
何事もバランスが重要になってきます。
そのバランスを無視して
後先考えずにトレーニングばかりをしていると
取り返しのつかないことに
なりかねませんので注意をしましょう。

↓体験レッスン実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です