人数が多いチーム、少ないチームのメリット・デメリット


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球はチームスポーツです。
その為、通常の練習は
チームにいる選手全員で
練習を行なっていきます。

 

試合も同様に
チームでしか行うことはできません。
1つのプレー中に出ることができる人数は
最大で9人です。

 

しかし、チームに所属できる
人数に制限はありません。

 

試合ができるギリギリの人数しかいない
チームもあれば
100人を超えるというチームも
あるでしょう。

 

では、そうした人数の
多いチームと少ないチームでは
どのような違いがあるのでしょうか?

 

まず人数が少ないチームのメリットは
少ない人数で効率的にたくさんの練習が
できるということです。

 

普段の練習時間は限られています。
その為、例えばノックをする時
同じ30分ノックをするとしても
人数が多いチームでは
一人当たり何十球も打球は飛んでこないでしょう。

 

しかし、少人数で練習を行なって入れば
同じ30分でもたくさんの打球を練習することが
できます。

 

これはバッティングでも同様です。

 

高校の強豪校というと
部員数が多いイメージがありますが
最近では「1学年15人まで」など
人数に制限を設けて
少人数で効率よく練習を行う
というチームも増えてきました。

 

しかし、人数が少ないチームにも
デメリットはあります。
それは
選手層が薄いということです。

 

全員が全員優れたプレーヤーであれば
何もいうことはありませんが
人数が少なければ通常は
その少ない人数で戦わなければいけないため
戦力にばらつきが出てしまうでしょう。

 

ケガ人が出てしまえば
一気に戦力がダウンしてしまったり
色々なポジションを守る必要もでてしまったりと
チームとしてのやりくりが難しくなってしまいます。

 

では人数が多いチームではどうでしょうか?
人数が多いチームのメリットはまず
色々なタイプの選手がいるため
戦力が厚くなるということです。

 

それぞれのポジションに
複数の選手が控えているため
チーム内競争が激しくなることによって
切磋琢磨しチームレベルが
上がっていきやすくなるでしょう。

 

また、けが人が出たりしても
すぐに他の選手が出場することができたり
調子の良い選手を出場させることも
できるでしょう。

 

反対にデメリットは
少人数のチームとは対照的に
一人に対する練習量が薄くなってしまう
ということです。

 

少人数チームと比べれば
同じ時間練習をしていても
一人に対するノックの数や
バッティングの本数は減ってしまうでしょう。

 

このようにチームの人数によって
メリットデメリットの違いはありますが
結局どちらが良いということはありません。

 

ただ気をつけなければいけないことはあります。

 

例えば
少人数のチームであれば
人数の多いチームと比べて
チーム内競争の意識が低くなりやすいので
その分一人一人が高い意識を持って
練習をしなければいけません。

 

それができなければせっかく少人数で
たくさん練習ができたとしても
強いチームにはならないでしょう。

 

人数が多いチームであれば
その反対で通常のチーム練習では
練習量が圧倒的に足りなくなってしまうため
チーム練習以外の自主練習などで
補っていかなければいけないでしょう。
それができなければ
激しいチーム内競争に敗れて
試合に出ることができなくなってしまうでしょう。

 

自分の所属しているチームが
どういう状況にあるのかを
自分自身でも理解して
自分がどうしなければいけないか
ということを頭に入れて
練習をするようにしていきましょう。

 

守備の基本練習6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です