続ける勇気と辞める勇気


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

練習を継続すことで
野球は上達をしていきます。

 

昨日もやったから
今日もやったから
といっていきなり
上手くなるわけではなく

 

ある程度長い期間かけて
継続をしていくことで
少しずつ上手くなっていきます。

 

しかし、
この継続というのは
とても難しいことで
多くの人が
「今日はいいや」
妥協をし挫折をしてしまいます。

 

だからこそ
続けられる人と
続けられない人の間には
大きな差が生まれてしまうのです。

 

ではどうすれば
努力を継続していくことが
できるのでしょうか?

 

それにはやはり
努力を積み重ねていくという
経験を一つ一つ作っていくことが大切です。

 

本気で努力を継続したいと考えているのであれば
練習をすると決めた日は何が何でも
やりきる必要があります。

 

例えば
今日練習をして
明日も練習をする
そして明後日練習をしなかったら
その3日間は全く意味がないものと
なってしまうというぐらいの気持ちで
臨まなければいけません。

 

そうして
計画的に休養も交えながら
努力を1ヶ月継続できたとします。
そこである程度成果が出てくればいいのですが
なかなか努力の成果はすぐに結果には
結びついてはくれません。

 

そこで意味がなかったと
諦めてしまうと
途端にモチベーションが下がり
パッタリと努力をやめてしまうという人も
いることでしょう。

 

しかし、そうしてしまうと
本当にその1ヶ月が
無駄なものになってしまいます。

 

1ヶ月という短い期間かもしれませんが
毎日毎日時間を作って
練習をすることは
辛いこともあったと思います。

 

それなのに
結果が出ないからといって
努力をやめてしまうと
その1ヶ月の時間や辛い思いは
本当に無駄になってしまいます。

 

その1ヶ月の努力を
無駄にしないための方法は
一つしかありません。

 

それは努力を継続し続けることです。

 

このように辛くても
結果が出なくても
努力を継続し続けることは
とても勇気がいることだと思います。

 

しかし、こうした努力を
1ヶ月、2ヶ月、半年、1年
と続けていけばどうでしょうか?

 

1年後であっても
大きな結果は出ないということも
あります。
しかしここで努力をやめてしまうと
その1年間の努力が全て無駄になってしまうと
考えてみてください。

 

ここで辞めるという選択肢を選ぶことは
逆に勇気がいることではないでしょうか?

 

三日坊主という言葉がありますが
三日坊主の場合
たった三日なので
後ろを振り返った時
継続した経験が浅いため
辞めるという選択肢をすぐに
選ぶことができてしまうのです。

 

しかし、継続してきた期間が
長ければ長いほど
後ろを振り返った時
積み上げてきたものが
多すぎるあまり
やめようという選択肢は
とれなくなってしまうのです。

 

おそらく
長い間野球を続けているという人なら
分かるようにいくら練習がきつくても
いきなり野球をやめようという気にはならないはずです。

 

逆にこれが野球を始めたばかりの
頃であればすぐにやめているかもしれません。

 

このように
続ける勇気が
辞める勇気を上回った時
努力を続けることは
簡単になっているでしょう。

 

努力を努力と思わない状態まで
持ってくることができれば
自ずと結果も付いてくるはずです。

 

ぜひあなたも
高いレベルを目指すのであれば
そうしたことを頭に
入れて練習をしてみてはいががでしょうか?

守備の基本練習6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です