W杯から学べること〜格上に勝つには?〜


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

現在日本のみならず
世界各国でサッカーW杯が
大きな盛り上がりをみせています。

 

日本も今回は厳しい戦いになる
と言われていましたが
格上のコロンビア相手に
初戦勝利を手にしました。

 

他の国々でも
強豪国が敗れるなど
番狂わせが起こっています。

こうしてみると
やはり
「試合はやってみなければ分からない」
と痛感させられます。

 

高校野球もこれから夏の予選が始まりますが
何が起こるか分からないのが野球なので
そうした気持ちで大会に挑んでいってもらいたいと思います。

 

ですが
こうした番狂わせは
いつでも起こるというわけではありません。

 

番狂わせを起こすためには
自分たちの力がある程度の
レベルに達していることが
必要になるからです。

 

例えば
プロ野球で考えると
最下位のチームと首位のチームが
20ゲーム以上離れていたとします。

 

普通に考えれば
首位のチームが勝ちそうですが
プロ野球のレベルで考えると
正直どっちが勝つかは終わるまで分かりません。

 

反対に
いくら何がおこるか分からないといっても
さすがに高校生が小学生に負けることが
無いように明らかな差の前では番狂わせは起きません。

 

番狂わせを起こすためには
いくつかの条件が重なる必要があります。

 

その一つが調子の波です。

 

チーム力は常に一定ではありません。
メンタル面や体調面
チームの雰囲気などによって
大きく変わっていきます。

 

この調子の波が
もし格上の相手が低い時で
自分たちのチームが高い時であれば
番狂わせを起こす可能性があるでしょう。

 

しかし、こうした調子の波がうまく
重なった時でも
まだ相手にチーム力が及ばなければ
やはり格上の相手を倒すことは難しいでしょう。

 

つまり何が言いたいかというと
いくら何が起こるか分からないといっても
適当にやって勝てるほど
野球は甘くは無いということです。

 

もちろん最初から
どこにも負けないチーム力を
身につけることが一番なのですが
それはそう簡単なことではありません。

 

だからこそ
どんな相手と戦っても
勝つ可能性があるというレベルまで
チーム力を高めていくことが必要です。

 

それが例え10回に1回であっても
100回に1回というレベルであっても
構いません。

 

可能性が0では無い限り
トーナメントの一発勝負では
何が起こるか分かりません。

 

もしこれから
夏の甲子園に向けて
大会に挑んでいくというあなた

 

これまでの練習で
やれることをやりきった

 

格上の優勝候補をやっても
勝機が少しでもある

 

というレベルまで
練習をしてきた自信があるのであれば
その自信をしっかりと持って
試合に臨んでいきましょう。

守備の基本練習5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です