ベンチに入れなかった選手へ、夏の先を見据えてますか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校生の選手は
夏の大会に向けて
メンバーも決まり
調整に入ってきたところも
あると思います。

 

特に3年生の選手は
これからの1ヶ月を悔いの残らないものに
するために今の時間を大切にしてほしいと思います。

 

惜しくもメンバーに入れなかった
という選手ももし少しでも
野球に未練が残っているのであれば
この先も野球を続けてほしいと思います。

 

それは選手であっても
指導者であっても
草野球であってもいいと思います。

 

周りからすれば
小さい頃から高校3年生まで野球を続けて
これたこと自体すごいことです。

 

その長い間続けてきた野球での経験を
ぜひ次のステージでも生かしてほしいと思います。

 

また今回メンバーに入ることが
できなかったという2年生や1年生

 

今回メンバーに選ばれなかったとしても
夏が終わればすぐに新チームが始動します。

 

その時に
レギュラーをつかめているか?
ベンチに入れているか?
またベンチ外になってしまうのか?
これは大きな問題だと思います。

 

もちろんまずはチームとして
夏を応援することサポートすることが
大切ですが

 

その先を見据えた取り組みを
今からしていくことが大切です。

 

もし今「夏が終わってからでいいや」
考えているのであれば
おそらく一年後の夏もあなたは
ベンチではなくスタンドで試合をみることに
なってしまうでしょう。

 

そうならないためにも
今から気を引き締め直して
本気でレギュラーを取りにいく
取り組みをしていきましょう。

 

まず考えなければいけないことは
現在のチーム状況です。

 

レギュラーに3年生以外のメンバーは
何人入っていますか?
またベンチにはどうでしょうか?

 

夏が終われば3年生はいなくなりますが
2年生以下の選手は残ります。

 

新チームも
まずはその選手たちが中心となって
動いて行くでしょう。

 

そして自分のポジションや
プレースタイルを考えた時
あなたは同じポジションの
ライバルに勝つことができていますか?

 

もし現状で同じポジションで
試合に出ているメンバーが
2年生だったとしたらあなたはその選手から
ポジションを奪う必要があります。

 

そのためにも
その選手とあなたと何が違うのかを
分析しましょう。

 

その結果浮かび上がってきた
あなたの弱点を克服するために
何が今からできるのか?

 

またここで注意をしなければいけないのは
レギュラーを奪うということは
そのライバルよりも圧倒的に
選手として優れていることが必要になるということです。

 

もし選手として同じ程度のレベルに
追いついたとしても
おそらく監督は経験が豊富な
現状のレギュラーを試合には使うでしょう。

 

つまりレギュラーを奪うには
並ぶだけではなく
差がはっきりとわかるように
しっかりと追い抜いてあげることが
必要になるのです。

 

そう考えると
目標に向けた取り組みも
変わってくるのではないでしょうか?

 

もちろんですが
あなたのポジションの
今現状試合に出ている
レギュラーが3年生で
夏以降はいないからといって
油断をしてはいけません。

 

新チームになれば
コンバートなど大きな
変化がチームとしても
あります。

 

他のポジションを守っていた選手が
いきなりライバルになることも
考えられます。

 

常にそうした状態を
頭に入れながら
普段の練習や自主練習に
取り組むことがこれから先の
あなたには求められます。

 

ぜひ新チームから
一気に戦力となれるように
これからの時間を大切にしていきましょう。

守備の基本練習4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です