自らで〇〇〇力が上達への近道!!


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは野球の練習を
どのように行なっていますか?

 

おそらくほとんどの選手が
チームで練習をしているため
チームの監督やコーチの指示に従って
与えられた練習をしていると思います。

 

ランニングやキャッチボール
ノック、バッティング、サインプレーなど
あらゆるメニューがありますが
その一つ一つのメニューにおいても
細かく指示が出ているということもあるでしょう。

 

そうして
メニューを日々続けていく間に
体に技術が身についてきたり
監督やコーチから指摘を受けることで
知識も身についてきます。

 

しかしそれだけではいけません。
何故ならばそのままでは
言われたことしかできないような選手に
なってしまうからです。

 

何をするにしても
監督やコーチの指示を待ち
プレーの一つ一つが自分の意志ではなく
首脳陣の意志になってしまいます。

 

また監督やコーチからしても
チームの人数が多ければ
多いほど選手全員に指示を伝えることが
できないので指示を与えられていない選手は
その間成長をすることができなくなってしまいます。

 

ここで大切なことは
選手自らが考える力を身につけることです。

 

仮に練習メニューの一つ一つが
監督やコーチで決められたものであっても
プレーの一つ一つの中には工夫できる点は
山ほどあります。

 

そうした工夫は
確実にあなたを成長させます。

 

例えば
キャッチボールをするにしても
・今日は悪い体勢からの送球をしてみよう
・ワンバウンド送球をしてみよう
・ボールの持ち替えを速くしてみよう
などなど
工夫できる点は
たくさんあります。

 

これら全てを監督やコーチも指示はしきれません。
また監督やコーチも
選手が自主的にそうした工夫をするようになるために
日々指導をする中で選手たちに知識を与えているのです。

 

そうした今までに教わった知識が
あればメニューの中にいくらでも
工夫ができる場所が見つけられるはずです。

 

このような工夫を考えることは
プレーにおいての考える力を
伸ばすことにもつながります。

 

例えば
アウトコースを反対方向に打つように
練習で指示が出た選手がいたとします。

 

この時考える力があるかないかで
選手の成長には大きな差が生まれてしまいます。

 

考える力がまだ育っていない選手の場合
指示通りにアウトコースを反対方向に
打つ練習を行います。

 

しかしそこには「なぜ」がありません。
これではただ言われたことをやっているだけです。

 

しかし考える力がある選手は
同じ指示を受けたとしても
色々なことを考えます。

 

・なぜアウトコースを反対方向に打つのか?
・コーチの狙いはなんなのか?
・練習の目的は?
・どうすれば反対方向に綺麗に打てるのか?
・もっとこうしてみよう
など

 

こうした考えを持つことができれば
その考えがあっていようが間違っていようが
問題はありません。

 

それは考え続ける中で
必ず自分なりの答えがみつかるからです。
そうした答えは
一つ一つがあなたの引き出しになっていきます。

 

その引き出しの多さが
そのまま選手としての差になっていきます。

 

そう考えると自主練習は
とても良い練習だと言えます。

 

なぜならば
メニューもやり方も
自分自身で全て考えることができるからです。

 

自分に足りていないものを考え
メニューを考える
そのメニューの細部も自分で考えながら行う
そして納得できるまで繰り返し行うことができる。

 

こうすれば確実に
考える力は伸びていくでしょう。

 

逆に自主練習もやらされている
という選手は注意をしたほうがいいかもしれません。

 

選手とは常に指導者の
想像を超えていくことが理想です。

 

周りを驚かすような成長やプレーをするためにも
ぜひ考える力を身につけていきましょう。

守備の基本練習3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です