プレーにおける〇〇の重要性について


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは普段どのようなことに
気をつけて野球のプレーを行なっていますか?

・下半身
・重心
・腕

それぞれ気をつけているポイントや
意識しているところがあると思います。

 

今回はそんな意識するポイントの中でも
さらに意識をしてほしいポイントを
お伝えします。

 

プレーをする上で
気をつけてほしいポイントは足です。

 

野球以外でも同じですが
ほとんどのスポーツは
足が地面に着地した状態で
行われます。

 

足が地面についていなければ
地面を踏ん張ったりすることができないため
力が入らずパフォーマンスは上がりません。

 

下半身が大事とよく言われますが
その下半身や上半身その全てを支えているのは
あなたの両足です。

 

もっというと
地面と直接触れているのは
両足の裏です。

 

この地面に触れている足の裏が
地面に力を加えることで
反力が生まれその反力を利用して
様々なプレーを行います。

 

走るにしても
ジャンプするにしても
ピッチングにしても
全ての力はこの足の裏と
地面との間に生まれる反力によって生まれます。

 

しかし、この足がうまく使えていない
という選手が多くいます。

 

例えば片足でバランスを取るのが
苦手だったりする選手です。

 

こうした選手は
足の裏が硬いため
足の裏全体を使って
地面を踏ん張り体を支えることができないのです。

 

その結果安定感がなく
バランスを崩してしまうのです。

 

バランスが悪いということは
プレーにももちろん悪影響が出てしまいます。

・思ったように体を動かすことができない
・力が入らない
・周りはできているのに自分だけできない

このようなことが起きてしまうでしょう。

 

もし今あなたが
このような状態に陥り
立ち止まっているのであれば
一度プレーをするパワーの源で
ある足に注意を向けて見ましょう。

 

まずは一度あなたのも片足で立って見て
バランスが保てるか
足の裏全体が支えているかを
確認して見ましょう。

 

もしバランスがうまく取れないのであれば
トレーニングをして改善をしていきましょう。

 

 

足の裏をほぐしてみたり
片足でバランスをとってみたり
するなども足の柔軟性を高めるためには
いいことです。

 

また小学生や中学生はゲーム感覚で
手押し相撲などをしてみるのも
いいかもしれません。

 

足の裏が刺激され
足の神経や柔軟性も高まり
今まで以上のプレーをすることが
できるはずです。

 

また足の裏で
柔らかいボールを転がすのも
良いトレーニングになります。

 

柔らかいボールを転がすことで
足の裏の筋肉もほぐれてくるので
ぜひ試して見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です