「体幹が抜ける」とは?~part2~


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は「体幹が抜ける」
ということについて
まずはなぜ体幹が重要で
体幹が抜けないとどんなメリットがあるのかを
お伝えしていきました。

 

今回は具体的に
体幹が抜けている状態と
体幹が抜けていない状態について
お伝えしていきます。

 

まず一番わかりやすい
例からみていきましょう。

 

あなたも一度イスに座ってみましょう。
そして座った状態から
自然に立ち上がろうとしてみましょう。

 

その時あなたは必ず体幹を使っているはずです。
体幹を使うことで
下半身と上半身を繋げ
地面を踏ん張って
立ち上がることができます。

 

これが体幹が抜けていない状態です。

 

逆に体幹が抜けた状態は
イスから立ち上がることは
とても難しいはずです。

 

この両者の違いを
比べてみると
骨盤の動きの違いが
分かるかと思います。

 

体幹が抜けていないときは
骨盤が前傾し
体幹が抜けるときは
骨盤が後傾をしたままになっています。

 

つまり
骨盤を前傾させることが
体幹が抜けないプレーをする上では
とても重要になってくるのです。

 

そうした目線でそれぞれの
プレーを見ていくとどうでしょうか?

バッティング

ピッチング

守備

バッティングにおいても
ピッチングにおいても
守備においても
骨盤が前傾している方が
見栄えも良く
スムーズな動きができそうだと
思いませんか?

 

このように
骨盤を前傾させることで
体幹が抜けづらくなり
両手両足の力を十分に発揮することができ
軸足から前足への体重移動や力の受け渡し
また下半身から上半身への力の受け渡しもスムーズに
行うことができパフォーマンスが上がっていくのです。

 

このように
体幹が抜けないプレーを
することができると
プレーはスムーズになり
色々な複雑なプレーでも
こなすことができたりしていきます。

 

ではどうすれば
この体幹が抜けないプレーを
身につけることができるのでしょうか?

 

それにはまず大前提として
自分のプレーがどうなっているかを
確認することが大切です。

 

自分のプレーは自分がプレーしている時には
みることができません。
その為ほとんどの選手は
自分のプレーがどうなっているのかを
みることができていません。

 

だからこそ
まずは自分のプレーを
誰かに撮影してもらい
じっくりと自分のプレーを
見るところから始めましょう。

そして自分のプレーを見る中で
何かぎこちないところが無いかを
細かく見ていきましょう。

 

そのぎこちないプレーの中で
骨盤が後傾してしまっているところがあれば
そこにぎこちなさの原因があるはずです。

 

あとはその見つけたポイントを徹底的に
練習していき癖を無くしていきましょう。

 

地道な作業かもしれませんが
がむしゃらにただ練習をするよりも
確実にレベルは上がっていきます。

 

ぜひあなたも体幹が抜けないプレーを
意識していきましょう。

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です