体重移動を行うための軸足の使い方


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を行う上では
スムーズな動きが必要です。

 

そのスムーズな動きには
体の重心が関係しています。

 

そしてその重心を上手く
コントロールすることが
パフォーマンスアップに
繋がっていくのです。

 

ではそうした重心のコントロールには
一体何が必要になるのでしょうか?

 

その答えは
体重移動にあります。

スポーツをやる上では
左足から右足
右足から左足への
スムーズな体重移動が
重心をコントロールし
体全体のバランスを整え
複雑なプレーを実現させたり
パフォーマンスを高めたりしていきます。

 

しかし普段何気なく
行なっているこの体重移動が
野球のプレーとなると途端に
ぎこちなくなってしまう選手が多くいます。

 

そこにはいくつかの原因があります。

 

その一つに挙げられるのは
上半身に意識がいき過ぎてしまうことです。

 

例えば
ボールを投げる時
右投げであれば
軸足である右足にまず体重をのせ
その体重を左足に体重移動をしていき
その勢いを上半身に伝えていくことで
強いボールを投げていきます。

 

しかしながら、
最後にボールを投げるのは上半身です。
ここで投げ手である右腕にばかり
意識が行ってしまうと
下半身の体重移動をおろそかにしてしまい
上半身だけでボールを投げてしまうため
バランスが悪くなり腕が思いっきり振れなかったり
体重移動の勢いを使わないことでボールが
弱くなってしまうということがよくあります。
こうしたことをよく「手投げ」と表現されます。

 

バッティングでも同様です。
最後にバットを振るのはバットを持っている
上半身の両手です。

 

その両手に意識が行ってしまうことで
下半身の体重移動が不十分になり
上半身だけで打つ
いわゆる「手打ち」の状態になってしまうのです。

 

こうした「手投げ」「手打ち」の状態が
続いてしまうとそれが癖になってしまい
下半身の連動や体重移動を使わないのが
当たり前となってしまい
結果としていくら練習しても
上手くならないということになってしまいます。

 

そうした状態をすぐにでも解消し
パフォーマンスをアップさせるためにも
体重移動を早い段階で身につけていきましょう。

 

体重移動をする上で
気をつけていただきたいことを
ここでご紹介いたします。

 

それは軸足側の足の使い方です。

 

ピッチングやバッティングでも
体重移動を行う前に
ある程度軸足の膝を曲げる動作があると思います。

 

この時、膝を曲げ過ぎてしまうことに
注意をしましょう。

 

具体的には
なるべく上から見た時に
自分のつま先よりも
膝が前に出ないように心がけましょう。

 

なぜかというと
膝を曲げ過ぎてしまうと
重心は低くなりますが
体重移動がしづらくなってしまうからです。

軸足の膝を曲げすぎると
太ももの前あたりで体重を支える形になり
軸足一本でバランスを取ろうとしてしまいます。
この状態では前足に体重移動をすることが
難しくなってしまうのです。

 

例えば
あなたも普段歩いたり、走ったりする時
自然と体重移動をしていると思いますが
体重移動をする時
軸足の膝はどれくらい曲がっているでしょうか?

 

おそらくほとんど曲がっていない
どころか最終的には足の裏の
筋肉を伸ばすような形で
まっすぐと伸びているのではないでしょうか?

 

つまりスムーズな体重移動を行う上で
軸足は足の裏側の筋肉を伸ばすような
動きをしていくことが必要なのです。

この使い方をマスターすることができれば
ピッチングにおいても
バッティングにおいても
パフォーマンスは格段に上がっていきます。

 

もし今パフォーマンスが上がらないと
悩んでいるのであれば
一度体重移動の際の軸足の使い方について
見直してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です