自分に置き換えてみる(文句と注意)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。
 

野球に限らず
色々なスポーツや場面で
何か他人に問題があったり
不快に思うことがあると
注意をしたり注意を受けたりします。

 

注意を受けた側は
自分の考えがどうであれ
相手に不快な思いをさせたのであれば
感情のコントロールは難しいかもしれませんが
素直に受け止めて改善をしていくこと
次の成長に繋がっていきます。

 

逆に素直に受け止めることが
できないとその人の成長は
止まってしまうでしょう。

 

このように相手に
問題があった時
何かを注意してあげることは
相手の成長にも繋がるため
良いことと言えるでしょう。

 

しかし相手に注意をする側も
ただ注意をしているだけでは
「自分が気にくわないから
文句を言っているだけ」
になってしまいます。

 

例えば
チームメートが
ランニングメニューで
手を抜いていたとします。
これに対し同じチームメートとして
注意をしたとします。

 

その時相手はどう思うでしょうか?
「こいつに言われあたらしょうがない」
と思うかそれとも
「お前には言われたくない」と思うかです。

 

注意をすること自体は
悪いことではないと思いますが
もし注意をするあなたが
相手に注意できるほど
頑張っていなかったとしたらどうでしょうか?

 

それはただの文句に
なってしまわないでしょうか?

これは子供であっても
大人であっても
意識をしなければならないと思います。

 

私も何か注意や指摘をする時は
同じようなことを意識しています。

 

「相手の行動に問題がありそうだが
自分はどうだろうか?
しっかりとできているのだろうか?」

 

このように相手の行動を自分に
置き換えてみることで
自分を振り返ることができます。

 

そうして自分はしっかりとできているから
注意ができると思ったら
勇気を持って注意をしてあげましょう。

 

そして相手に注意をしたからには
必ず自分もそれを守らなければ
いけないという覚悟を決めましょう。


先ほどの話でいうと
「真剣にランニングメニューをやろう」
注意したいのであれば
今後、自分自身も真剣にメニューを
やり続けるという覚悟を決めましょう。

 

そうして相手に
「お前に言われたら仕方ないな」
思われるような人間を目指しましょう。

 

例えばプロ野球選手に
「もっと頑張れ」と言われるのと
何も努力をしていない人に
「もっと頑張れ」と言われるのでは
相手の受け止め方も変わってきますよね?

 

ここで注意をして欲しいことがあります。
よく見かけるのですが
その時だけ自分がやっているからといって
相手に注意をすることです。

 

例えば
いつも掃除をしていないのに
その時だけ自分が掃除を
しているからといって
掃除をしていない人を
ものすごい勢いで注意する

 

これではあまりにも
格好が悪いと思いませんか?

 

こういう時こそ
自分に置き換えて考えてみて
自分がいつも言えるほどやっているかを
振り返ってみましょう。

 

逆に相手に注意をすることで
自分はこれからしっかりとやっていこうと
覚悟を決めるきっかけにしてくれても
いいかもしれません。

 

いずれにしても
誰かに何かを注意するのであれば
それを発する自分自身にも
プレッシャーがかかることを
忘れないようにしておきましょう!

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です