モチベーションが下がる時


BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

モチベーションが上がる
モチベーションが下がるという
言葉があるように
モチベーションには波があります。

 

その波をなるべく抑えて
高いところで保つことが
成長をする上では求められるのですが

 

どうしてもモチベーションが上がらずに
練習に身が入らない時があります。

 

ではモチベーションが下がる時とは
いったいどういう時でしょうか?

・監督、コーチに怒られた時
・ミスをしてしまった時
・練習の成果がでなかった時
・自分が評価されていないと感じた時

このような時にモチベーションが
下がるのではないでしょうか?

 

監督やコーチにただ怒られただけで
やる気が上がる人は
なかなかいないでしょう。

 

また同じように
試合でミスをしてしまった時や
せっかく練習をしてきたのに
それが試合でできなかったり
明らかに自分より
頑張っていないと思っていた選手に
ポジションを奪われてしまったり、、、

そんな時はどうしても
やる気が落ちてしまうものです。

このように一度モチベーションが
低下した状態に陥ってしまうと
練習に身が入らなくなったり
練習をしなくなったりしてしまい
練習をしないことで結果が悪くなり
さらにモチベーションが低下していく
という悪循環が生まれてしまいます。

 

そうならないためにも
モチベーションを早く元に戻す
必要があります。

 

その方法は2つあります。

一つは周りからの声です。

選手は常に周りから
自分がどう思われているかを
気にしています。

 

ミスをしてしまえば
監督に怒られるかもしれない
次は試合に出られないかもしれない
といったことを考えてしまうでしょう。

 

しかしそうした時に
そのままにしてしまうと
誰にも何も言われていないのにも
関わらずマイナス思考に陥りやすくなります。

 

「このミスで自分はもうダメだ」
「次の試合には出られない」
「次もヒットを打てないかもしれない」

というように色々なことを
勝手に考えてしまいます。

 

そうした時はそっとしておくよりも
何かプラス思考になれるような
言葉をかけてあげられると
選手はスッキリとし
切り替えをすることできるでしょう。

 

例えば
バントを失敗してしまったら
何も言わなかったり
ただ怒ったりするのではなく
指導者であれば
なぜ失敗してしまったのか?
といった技術的なことや

「次も同じ状況があれば
サインを出すから練習しておけよ」
といった声をかけてあげると

 

選手としては
「ミスをしてしまった、どうしよう?」
という気持ちよりも
「次はバントを成功させたい」
という気持ちに切り替わっていくでしょう。

 

保護者の方であれば
技術的な話よりも
選手が前向きになれるような言葉を
かけてあげましょう。

 

例えば
選手がミスで怒られてしまったのならば
「期待されていなかったら
監督もあんなに怒らないよ」といった言葉や
「次は見返すような活躍をしよう」など
選手が切り替えて次に進めるようにしてあげましょう。

 

逆に一番やってはいけないことは
保護者からの技術的なアドバイスです。

 

子供のために
気になったことを言いたくなってしまう
気持ちも理解できるのですが

 

特に小学校高学年くらいからは
今まで自分が野球をやってきたという
プライドも出てくるため
監督、コーチ以外から技術指導をされると
「そんなことはわかっている!」
といったように過剰に反応をしてしまい
逆にやる気を失ってしまいます。

 

反抗期に勉強しろと言われると
勉強をする気が無くなってしまうのと
同じようなものでしょう。

 

ただ保護者の方が指導者であったり
子供が素直に話を聴く耳を持っているのであれば
少しは気になった点をアドバイスしてあげることも
良いと思います。

 

客観的な視点は
選手にとって
大きなヒントになる場合も
あるので選手の様子をみながら
的確な言葉をかけてあげましょう。

 

もう一つの方法は
選手自身が自分でプラス思考
持っていくことです。

 

これは難しいですが
トレーニングを重ねることで
上手くなっていきます。

 

ミスをしてしまったら
ミスの理由を自分で分析し
「次はこうすれば大丈夫」
と考えたり

怒られてしまったら
「練習をして周りを
驚かせてやろう」といったように

自分自身で納得するように
気持ちを切り替えていくのです。

 

これはトップレベルのアスリートが
行なっているような
メンタルトレーニングですが
決してできないことではあります。

 

よく考え過ぎてしまうという選手は
これが苦手で考えることすべてが
マイナスな方向へ向いてしまいます。

 

逆に何にも考えていないように
見える選手は気持ちの切り替えがうまく
好不調の波が少なかったりします。

 

ぜひ考え過ぎてしまうという選手は
マイナスなことをプラスに言い換える
トレーニングをしてみましょう!

 

 

 

守備の基本練習方法↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です