硬式と軟式どちらを選べばいい?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

つい最近軟式ボールに
規格変更がありました。

 

以前まで年代ごとに
A,B,C球が使われていましたが
新たにJ球とM球が軟式野球で
使われることになりました。

 

規格が変更したことにより
今までの軟式球よりも
バウンドが弾みにくく
硬くなったことでボールも
飛びやすくなったようです。

 

これは軟式球を硬式球に
近づけることで高校野球で
硬式球を扱う時のハードルを
下げる目的があるようです。

 

このように
日本では主に
硬式ボールと軟式ボールが
使われており
軟式野球は日本独特の文化です。

 

リトルリーグを除いた
ほとんどの少年野球は
柔らかく比較的安全な
軟式ボールで野球を行なっており
多くの少年が軟式ボールから
野球を始めます。

 

しかし中学生になると
シニアリーグやボーイズリーグ、ポニーなど
硬式のクラブチームが増え
高校野球に向けて硬式野球を始めるという
という人も増えてきます。

 

これに対し
中学校の部活動では
軟式ボールが使用されており
また軟式ボールのクラブチームも
多く存在します。

 

このようにチームの選択肢が多いことで
保護者や選手には悩みが生まれます。

それは
「中学校では硬式ボールと軟式ボール
どちらを選べばいいの?」
という悩みです。

 

中学生は成長期でもあるので
体が成長するまでは負担の軽い
軟式ボールを使うべきなのでは?
といった意見や

 

高校野球で活躍するためにも
中学生のうちからみっちりと
硬式ボールに慣れておきたい
という意見もあります。

 

では実際どちらが良いのでしょうか?

 

結論からお話しすると
「どちらでも問題がない」
というのが私の考えです。

 

ではその理由を
説明していきます。

 

まずそれぞれの
メリット、デメリットを
考えていきましょう。

 

まず軟式ボールの
メリットは
硬式ボールに比べて
柔らかく当たったとしても
大きな怪我の心配が少ないこと
ボールも軽いため肩肘への負担が
少ないことなどがあげられます。

 

デメリットとしては
高校に上がって
硬式ボールを扱う時に
多少の恐怖心があり
硬式出身の選手に比べると
ボールの扱いに慣れていない
という点です。

 

では硬式ボールの
メリットはなんでしょうか?
それは高校野球でもプロ野球でも
使っている硬式球を早くから扱うことで
軟式出身の選手と比べると
バッティング、守備ともに
アドバンテージがある点

 

デメリットは
軟式に比べると
ボールが圧倒的に硬く
大きな怪我に繋がる危険性があったり
ボールが少し重いことで肩肘などへの
負担がかかるという点です。

 

他にも色々違いがあり
どちらにもメリット、デメリットがあります。

 

しかし
あくまでこれは私の意見ですが
結局のところ大切なのは
ボールの違いではなく
「どのチームを選ぶのか?」
ということにあると思います。

軟式で中学の3年間を
過ごしたからといって
硬式出身の選手に勝てない
ということはありえません。

 

中学校が軟式野球であっても
プロ野球選手になった選手は
たくさんいます。

 

確かに最初こそ
硬式出身者に比べて
ボールの扱いに苦労するかもしれませが
それはたいした差にはなりません。

 

むしろ差が生まれるとしたら
中学のチームでどんな練習をしてきたのか?
ということです。

 

硬式ボールであろうと
軟式ボールであろうと
練習しているのは同じ野球です。

 

硬式と軟式で全く違う
技術を練習するわけではありません。

 

つまりそのチームが
どのような雰囲気で
どのような方針で
どのような練習をしていたのかが
とても重要なのです。

 

これはチームの指導者の違いであったり
環境の違いであったりと
はっきりとした差が生まれてきます。

 

硬式のクラブチームだからといって
良い練習をしているとは限りません

 

軟式のクラブチームだからといって
悪い練習をしているとは限りません。

 

また硬式ボールを使うからといって
必ず肩肘の怪我をするとは限りません。
怪我をさせないような
体のケアや技術的な指導を丁寧に
行なっているチームであれば
怪我のリスクは減少するでしょう。

 

逆に軟式ボールだからといって
技術指導が甘くして
ボールを多く投げさせたり
負担の少ない投げ方の指導などを
行わなければ怪我に繋がってしまうでしょう。

 

そう考えると
結局はボールの問題ではなく
そのチームがどういうチームなのかが大切
ということが言えると思います。

 

もし小学生のお子様が
中学でも野球をやることを
考えているのであれば
少し早いかもしれませんが
今のうちから色々なチームを
調べておくのもいいかもしれません。

 

いずれにしても
楽しく野球がやれることが
一番だと思いますので
実際に練習を見学してみるのが
一番だと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です