本当のチームワークと馴れ合い


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あっという間に
ゴールデンウィークも終わり
5月も中旬へと入ってきました。

 

5月病という言葉がありますが
野球をやっている選手にとっては
ゴールデンウイークはほとんど
試合や練習だったのであまり
関係はないかもしれませんね。

 

4月から
1年生として進学をして
新たなチームに入ったという選手
そろそろチームにも慣れてきて
チームメイトともコミュニケーションが
取れてくる時期ではないでしょうか?

 

チームに馴染んでいくことは
チームスポーツにとっては
一見良いことですが
実は一歩間違えば悪影響
あるのです。

 

それは馴れ合いです。

 

4月にチームに入部した時は
誰もが高い志を持ち
練習に全力で打ち込んでいきます。

 

しかし
徐々にチームの練習や
勝手がわかってくると
そうした高い意識は薄れていく
選手が増えてきます。

 

そうした時に
意識の低くなってきた選手同士が
一緒に行動をするようになると
危険かもしれません。

 

それは一緒に楽な方を
選んでしまうからです。

 

そうして気づけばそうした
低い意識がチームへと
広がっていってしまいます。

 

気がづけば
3年間そのままということも
あるでしょう。

 

このような馴れ合いは
どこのチームにでも
よくあることですが
それでは強いチームにはなれません。

 

強いチームになるためには
こうした馴れ合いではなく
本当の意味でのチームワーク
必要です。

良いチームワークを作る

 

まず一つ目は
常にチームメイトに対する
競争意識を持っていることです。

「〇〇には負けられない」

そうした気持ちを常に全員が
持ち続けていたらどうでしょうか?

 

間違いなくチーム力は上がっていくでしょう。

 

その相手は同級生であっても
同じポジションを争う
先輩であっても構いません。

 

とにかく
ダッシュでも長距離走でも
ノックでもバッティング練習でも
自主練習の量でも
相手には負けないという気持ち
持ち続けましょう。

 

次に大切なことは
一人で行動する強さです。

 

チームスポーツである以上
チームで練習を行うのですが
それでも練習メニューによっては
一人で練習を行うことがあるはずです。

 

長距離走やストレッチ
ダウン走や課題練習など

 

こうした時に
常に誰かと一緒に行動を
してしまってはいませんか?

 

長距離を走る時も
速い相手に必死についていくことは
いいことですが
ただダラダラと誰かと一緒に
走っていても
何も得るものはありません。

 

ダウン走やストレッチなども
同じです。

 

二人一組で行うことも
ありますが
フリーで行うことができる時は
誰とも話さずに
一人黙々とメニューをこなしましょう。

 

ダウン走では自分の体の
状態を確認しながら走ったり
ストレッチでは体に違和感がないか?
どうやったらもっと可動範囲が広がるのか?

 

そうしたことを考えながら
意識高く行なっていきましょう。

 

弱いチームを観ると
こうしたフリーの時間に
必ずといっていいほど
集団でかたまって
話しながらストレッチなどを
行なっています。

 

これはチームワークでもなければ
団結力でもありません。
ただの馴れ合いにすぎません。

 

誰かについていくのではなく
一人で行動する強さを一人一人が持ちましょう。

 

そして最後に大切なのは
声かけです。

 

全体練習などで行う
辛いトレーニングが毎日のように
続くというチームもあるのではないでしょうか?

 

そうした時に練習への慣れが出てくると
自分に負けてしまい
手を抜いてしまいます。

 

こんな時こそ
周りで声を掛け合い
一緒になって辛い練習に
立ち向かっていきましょう!

 

手を抜きそうな選手がいれば
さりげなく声をかけてあげましょう。

 

そうした声をかけることで
自分自身もそう簡単には
手を抜けなくなるはずです。

 

自分が頑張り切るためにも
声かけを行なっていきましょう。

 

これからの夏に向けた3ヶ月が
チームの雰囲気を作っていきます。

 

雰囲気次第では
チームは強くも弱くも
なってしまいます。

 

ぜひあなたが先頭を切って
チームを引っ張っていき
本当の意味でもいいチームワークを
築いていってもらいたいと思います!

チーム出張解析
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です