ピッチャーとしての責任


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

 

野球はピッチャーの出来次第で
試合の結果が大きく変わる
スポーツです。

 

ピッチャーがストライクを取れなければ
試合にはならず
ピッチャーが点数を取られなければ
試合に負けることはありません。

 

例えば
どんなに無名の高校であっても
ピッチャーに
ダルビッシュ選手や大谷選手がいれば
間違いなく甲子園でも勝つことが
できてしまうでしょう。

 

逆にどんなに良いバッターが
揃っていても
ピッチャーが打ち込まれてしまえば
試合には負けてしまいます。

 

それだけ
ピッチャーは
責任が重くプレッシャーもかかり
その分注目もされる特殊なポジションです。

 

良いピッチャーになるために
必要な要素は大きく3つ

1球速
2コントロール
3変化球

 

球速が速く、コントロールも良く
変化球もよければ
手のつけようがないでしょう。

 

ではこの3つを手に入れるためには
何が必要なのでしょうか?

 

筋力、柔軟性、フォーム、技術
簡単にあげてみるだけでも
以上のようなことが頭に浮かぶと思います。

 

ここまでは目に見える
ピッチャーとして必要なことを
書いてきましたが
何よりもまずピッチャーとして
必要なことが一つあります。

 

それは「メンタル」です。

 

これは決して精神論
という話ではなく
絶対的に必要な力だと
私は考えています。

 

このメンタルは
ピッチャーにとって2つの場面で
必要になってきます。

 

真っ先に思い浮かぶことは
マウンド上でのメンタル

 

どんなに良いボールを投げられても
どんなにコントロールが良くても
試合で良い投球ができない選手は
山のようにいます。

 

そこにはもちろん
技術的な問題もあるのですが
やはり相手に向かっていく
メンタルを持っているか?
ということが重要になってきます。

 

試合のマウンドに上がった時に
「ストライクが入らなかったらどうしよう」
「自分のせいで負けたらどうしよう」
と考えたことはありませんか?

 

そう考えてしまった時点で
おそらくピッチャーとして
良いパフォーマンスをすることはできないでしょう。

 

試合でもいつも通りに
投げられているという選手も
大切な夏の最後の大会に
自分が先発としてマウンドに上がる姿を
一度想像をしてみてください。

 

そこで普段通りに
投げる自信がありますか?

 

そうしたプレッシャーに
打ち勝ってこそ
普段通りの良いパフォーマンスを
行うことができるのです。

 

さてピッチャーにとって
もう一つメンタルが
重要な場面があります。

 

それは試合のマウンドではなく
普段の練習でのメンタルです。

 

先ほどお伝えしたように
ピッチャーは一番大切な試合で
普段通りに投げることができる
メンタルが必要です。

 

ですが大会は一発勝負のため
それを経験する
機会は少なくなかなか
練習をすることができません。

 

だからこそ
必要になってくるのが
練習でのメンタルなのです。

 

一番大切な大会で
自分自身が自信を持って
最高のピッチングができると
確信できるだけの練習を
普段の練習から行なっていきましょう。

 

良いピッチングをするための
基礎練習やつらい体幹メニューは
いくらでもあります。

しかしそれを乗り越えていかなければ
自信を持ってチームの勝敗を左右する
ピッチャーというポジションには
つくことはできないはずです。

 

それを日々やり切っていくことが
結果的に自分の自信に繋がっていき
「これだけやってきたから良いピッチングが
できるはず」という試合でのメンタルを作っていきます。

 

最後にいい結果を残すためにも
そうしたプレッシャーを常に
感じながら普段の練習に取り組んでみては
いかがでしょうか?

 

そうした強いプレッシャーと
向き合うことができるのも
ピッチャーだけのものだと思います。

 

ぜひそのプレッシャーを
楽しめるような選手へと
成長していってください!

セミナー動画一部を公開↓

フルバージョンは友達追加で
ご覧いただけます。
下記より友達追加を
お願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です