成長する選手の共通点は〇〇!


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

 

選手としての現役を引退し
その後、指導者として野球と
関わっているという方も多いかと思います。

 

私も5年以上前に
現役を引退し
今は指導者の一人として
活動をしています。

 

こうして指導者として
選手をサポートする側に
回ってみると今まで選手として
野球をしていた頃は
見えなかった部分が色々と
見えることがあります。

 

その一つが
サポートする選手
それぞれの成長の速さです。

 

ここでいう成長とは
選手の体格的な成長とは
関係なく
あくまで技術的な成長を指します。

 

もちろんある程度体格的にも身体的にも
成長をしなければ身につかない
技術もあるのですが

 

大まかに同じくらいの
体格、身体能力を持っている
選手にも関わらず
どんどん上手くなっていく選手と
そうではない選手がいます。

成長のスピードはその選手
それぞれだと言ってしまえば
それまでですが
やはり野球を練習をしている以上
どの選手もうまくなりたいと
思っているはずです。

 

ではこの差はどこに
生まれているのでしょうか?

 

指導者の立場から見ると
やはり成長が速い選手には
ある共通点があります。

 

それは
アドバイスをちゃんと聴いている
ということです。

 

「それだけ?」
疑問に思うかもしれませんが
本当にそれだけで差がついていって
しまうのです。

 

ただしここでいう
「アドバイスを聴く」ということには
段階があります。

 

全く話を聴いていないのは
問題外の0段階として

 

まずは話を聞いている
というのが第1段階です。

 

これはそのままの意味で
監督やコーチに言われたことを
とりあえず聞いている
というレベルです。

 

ここまではできている
という選手がほとんどだと
思います。

 

この次の第2段階にいくと
その選手はアドバイスを聴き
その意味を理解しようとする
というレベルになってきます。

 

ただ話を聞いているだけでは
正直にいうと全く
意味がありません。

 

話を聴いてその意味を
自分で理解しようとして初めて
アドバイスの意味があるのです。

 

ここまでできてくると
その選手は成長が周りよりも
速くなっていくでしょう。

 

しかしさらに成長が
速い選手がいます。

 

そうした選手は
まずアドバイスを聴き
その意味を理解し
それをすぐに実行に移し
そして同じことを
2度指導者に言わせない

 

ここまでをセットで
やってきます。

できるようになるまで
根気強く
選手に同じことをいってあげることが
コーチとしては大切かもしれませんが

 

指導者からすれば
おそらく
言われたことをしっかりと
意識している選手と
意識していない選手の差は
歴然なのではないでしょうか?

 

まさにその意識の差が
そのまま成長速度の
差となってあらわれてくるのです。

 

高校生にもなると
そうした意識の高い選手が
多くなって来ると思いますが
小学生くらいの選手では
意識には差が出てしまうでしょう。

 

これは仕方のないことと
思うかもしれませんが

 

最後に困るのは
監督、コーチではなく
その選手自身です。

 

小さいうちから
そうした成長するための
アドバイスの聴き方を
選手に伝えてあげることができれば

 

たとえ今はまだ体格的に
恵まれていなくても
中学校、高校と成長する中で
体も成長していき
技術と体が整い
才能が開花して行くことも考えられます。

 

その時のためにも
こうした聴く能力を
選手に身につけさせてあげることも
指導者として大切な役割だと
思います。

 

PS
「話をしっかり聴け」
というだけでは選手には
伝わらないと思うので
それを選手にうまく伝えることが
何よりも難しいのですが、、、

 

どうすれば選手にそれが伝わるのか?
ぜひ一度指導者の方は
考えてみるのも良いかもしれませんね!

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です