守備練習ステップ1~練習動画つき~


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたのチームではどのような
守備練習をしていますか?

 

おそらくほとんどのチームが
ノックを行なっていると思います。

 

やはり守備を磨く上では
ノックは必要な練習の一つです。

 

しかし、
そのノックもやり方一つで
意味のない練習になってしまう
ことがあるのです。

 

ではどのような
練習をすることが
守備の上達に繋がるのでしょうか?

 

今回はそうした
守備上達のための具体的な
方法をお伝えしていきます。

 

まず最初にこの内容は
内野手目線での守備上達の
練習方法ですが
守備をやる以上は全ての
選手に必要な内容になっています。

 

ぜひ外野手、ピッチャーの選手で
あっても実践してみてください。

 

通常のノックというと
それぞれポジションについて
ひたすらノッカーが打った
打球を捕球して送球を
行うといった感じだと思います。

 

しかしその打球の強さは
どれくらいの強さでしょうか?

 

実はここが一番大切のです。

 

指導者目線からしても
選手目線からしても
「速い打球の方が捕球するのが難しい」
「左右に打球を振った方が捕りづらい」
と思うと思います。

 

だからといって
そうした難しい打球ばかりを
ノックで練習してしまってはいませんか?

 

実はこれでは
ほとんど守備練習になってはいないのです。

 

なぜならば
速い打球は自分でバウンドを
合わせて足を動かす練習が
できないからです。

 

足を動かす前に打球が
きてしまうので
バウンドを合わせることなく
ほとんどグラブさばきのみで
対応していくことになるからです。

 

もちろん守備が上達してくれば
そうした速い打球であっても
最小限の動きで
最適な場所に足を運んでいくことが
できるのですが

 

それができるようになるには
まず遅い打球に対して最適な場所に
足を運んでいくことができてからです。

 

飛んできた打球に対して
どうやって入っていき
捕球していくのが一番最適なのか?

 

その打球のバウンドは?
打球の速さは?
グラウンドの状態は?

 

全てを考えた上で
足を動かしていき
捕りやすいバウンドで捕球をし
なおかつスムーズに送球に
つなげていく

 

まずはこれを
しっかりと練習していきましょう。

 

その練習法を3ステップで
お伝えしていきます。

 

ステップ1
止まったボールに対して
足を動かして捕球姿勢をとる

 

まず最初は
動いているボールではなく
止まっているボールに
対して足を動かして捕球の型を
作っていきましょう。

 

当たり前ですが
止まっているボールに
スムーズに体が動いていかなければ
動いているボールに正確に
体を動かすことはできません。

 

簡単そうに感じるかもしれませんが
これが実は難しく
大体の選手が
バランスの悪い形で
捕球姿勢をとってしまいます。

 

参考動画です!↓

注意点は以下の通りです。

 

何回も反復して練習をして
体に覚えこませていきましょう!

次回はステップ2です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です