バッター球種の待ち方(上級編)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はバッターの球種の待ち方
その基本的な考え方をお伝えしていきました。
(前回のブログはこちらから)

 

今回はその上級編として
変化球にタイミングを合わせて
ストレートにも対応するという
選手の話をしていきます。

 

はじめに断っておくと
これは全員ができる技術ではありません。

 

それはセンスがある
センスがないという話ではなく
選手によって合う合わないというのが
あるからです。

 

むしろこのように変化球に常にタイミングを
合わせている選手の方が
プロ野球の世界でも圧倒的に少なく
特殊だからです。

 

またオーソドックスな真っ直ぐ待ちで
変化球を打つ選手でも高い打率を残す
選手はいくらでもいます。

 

つまり上級編と書きましたが
どちらが良い悪いという話ではなく
どちらに合うか合わないか
という話なのです。

 

それを踏まえた上で
ぜひ読み進めていってください

 

ではまず
どのような選手が
変化球を待って真っ直ぐにも
対応をしているのでしょうか?

それは
日本を代表する左バッターの
2人です。
・イチロー選手
・青木選手

この2選手に共通するのは
左バッターであること
アベレージの残せる選手であること
そして変化球待ちをしていること

 

イチロー選手の場合は
変化球待ちというより
相手投手の一番遅い球に
タイミングを合わせている
という表現をされていました。

 

一般的に考えると
遅い球にボールを合わせて
150Km以上のストレートを
打つことができるのか?
と疑問に思うかもしれませんが

 

それができてしまうのが
この2人の選手たちのすごいところです。

 

ではどのような考え方から
変化球待ちをしているのでしょうか?

 

まず第一にストレートに
タイミングを合わせていると
遅い球に対して体が開き
タイミングも泳がされてしまうということです。

 

確かに遅い球を待っていれば
遅い球に泳がされてたり
体が早く開いてしまうことは
ありえません。

 

ではストレートにはどのように
反応をするのでしょうか?

 

これは個人的な見解ですが
「カット」です。

ホームランバッターでは
そうはいかないかもしれませんが

 

遅い球を待っていても
この2人の選手は常に
いつでもバットを出せる
フォームをしています。

 

だからこそ
遅い球を待っていて
150kmを超えるストレートが
来ても反応をしバットに当てることが
できるのです。

 

そうしているうちに
ピッチャーは投げられる球種が
減っていきます。

 

何故ならば
速いストレートは
カットされてしまう

かといって変化球を投げれば
そもそもバッターは遅い球に
タイミングを合わせているので
簡単に反応をしてしまう。

 

こうしているうちに
バッターも様々な球種を見ることができ
それぞれの球種に対する
タイミングを掴んでいきます。

 

そうしている間に
ピッチャーは投げるボールがなくなり
変化球が甘く入れば打たれてしまい

 

ストレートも打席で何球も見れば
タイミングが合ってきてしまうので
少しでも甘く入れば
待っていなくても
打ち返すことができてしまうのです。


またそうして球数を投げさせているうちに
フォアボールになってしまうということも
考えられます。

 

こうして聞いて見ると
このように変化球待ちで
ストレートは反応で打った方が
相手ピッチャーも苦しく
いいことしかないように
思うかもしれません。

 

しかし当たり前ですが
そう簡単にできる技術ではありません。

 

まずピッチャーが投げる球種を
瞬時に見極められる目
それを一瞬で判断し
ヒットを狙いに行くのか
カットで逃げるのかを
選択する能力

 

さらにそれを実践できるだけの
バットコントロール
求められるのです。

少し話は逸れますが
何故イチロー選手は
今打率をなかなか残すことが
できていないのでしょうか?

イチロー選手が
最後に3割の成績を残したのは2010年

それ以前とそれ以降では
何が変わってしまったのでしょうか?

 

セイバーメトリクスによると
140Km以下のボールに対する
打率はそれほど下がってはいないのですが
140Kmを超える速球系のボール
(ストレート、カットボールなど)
の打率が急激に落ちてしまったようです。

 

その結果
全体的な打率が落ちてしまったのです。
つまりオリックス時代から17年以上も
打率3割以上を残してきた
イチロー選手であっても
ボールに対する反応が
薄くなってしまうと
簡単にできる技術ではないということです。

 

このタイプは左バッターに
多いようですが
それは左バッターの方が
アベレージタイプのバッターが
多いからかもしれません。

 

話を聞いたことは
ありませんが
ソフトバンクの中村晃選手も
同じようなボールの待ち方を
しているように見えます。

 

もしあなたが今
バットコントロールに自信があり
選球眼や反応に自信があるのであれば
この待ち方を試してみるのも
いいかもしれません!

 

PS.
あなたのバッティングフォーム、
ピッチングをフォームを動作解析してみませんか?
あなたのチームに出張で伺います!↓
チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です