バッター球種の待ち方(基本編)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは打席に立つ時
どのようなことを考えて
打席に入っていますか?

・相手のストレートを待っている
・変化球待ち
・来た球を打つ

色々な考え方が
あると思います。

 

また球種を絞るだけでなく
インコースかアウトコースで
絞ってスイングをしていくという選手も
いるのではないでしょうか?

 

今回はバッター目線での
基本的な球種の待ち方について
お話をしていきます。

 

まず第一に考えて欲しいのが
相手ピッチャーが
投げる球種の割合です。

 

おそらくプロ野球のように
よほど高いレベルでもなければ
ピッチャーはストレートを球数の
半数以上は投げてきます。

 

それが一番ストライクが取りやすく
ピッチングの基本でもあるからです。

 

まずストレートで勝負ができない
ピッチャーは生き残っていくことは
できませんし
試合でも投げる機会が少ないでしょう。

 

だからこそバッターとしては
まずそのストレートを待つことが
基本となってきます。

 

つまりストレートにタイミングを合わせ
変化球にも反応で対応をしていく
ということです。

 

これにはもう一つ理由があります。
相手の投げる一番早い球種
つまりストレートにタイミングを合わせ
ておけばそこから遅い為には反応がしやすいですが

 

一番遅い球にタイミングを合わせていては
早い球に対応することは難しいからです。

 

以上の理由からまず基本的には
ストレートにタイミングを合わせていく
ことを実践していきましょう。

 

また0−0などカウントによっては
ストレート一本に完全にヤマを張って
スイングをしていくのもいいかもしれません。

 

では追い込まれてからは
どうしていけばいいでしょうか?

 

追い込まれた以上は
ストライクを見逃すことはできません。

ストレートでも変化球でも
対応をしていかなければいけません。

 

これもカウントによるところもあるのですが
基本的にはタイミングが一番速いストレートを
一番警戒しておきます。

 

その上で変化球を意識する割合を
上げておきましょう。

 

それは追い込んだことで
ピッチャーがボール球の
変化球の割合を増やしてくるからです。

 

ピッチャーとしては
追い込んでいるので
スイングされても
ヒットにされる確率が低い
ボール球を選択するのは当然のことです。

 

ではストレート待ちで
変化球を打つにはどうしたら良いのでしょうか?

 

これは前回タイミングを合わせることについて
お伝えした『間』を長く取ることが必要です。

(タイミングを合わせるのブログはこちら

足を上げてからの間を長く取り
ボールを見る時間を作ります。

 

準備を早くすることで
ストライクかボールか
変化球かストレートかを
見極める時間を作りましょう。

 

そうして変化球だと判断ができたら
早めに足をおろします。
この時に注意をしなければいけないのは
体重を軸足側に8割ぐらいは残しておくことです。

それは
前足に体重が傾いてしまうと
体重移動の勢いを使った
スイングができない為
手だけで打つことになるだけでなく
タイミングも前に突っ込んでいってしまうからです。

 

そうして軸足に体重を残しつつ
前足を下ろすことができれば
十分にボールを待つ体勢ができているので
変化球であっても完璧にタイミングを
合わせることができるはずです。

 

ぜひあなたも
このように打席でどのようなボールを
狙うのか?
またどのように狙っていないボールに
反応をしていくのか?
ということを頭に入れて練習をしてみてください!

 

最後にあなたにお伝えしなければ
ならないことがあります。

 

今回お伝えした内容はあくまで基本ということです。
実はプロ野球選手の中には
常に変化球を待ってストレートにも
対応をする選手がいるのです。

 

次回はなぜ変化球を待つのかについて
お話をしていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です