初心者へキャッチボールの意識について(捕球編)


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はキャッチボールの
スローイングで気をつけて欲しいことを
お伝えしていきました。

前回ブログ

今回は捕球について
お伝えしていきます。

 

キャッチボールは
必ず2人以上で行われます。

 

つまりボールを投げる人がいれば
その投げたボールを捕る人が
いるということです。

 

よく勘違いしてしまうのが
キャッチボールをスローイングのための
練習だと考えてしまうことです。

 

もちろんスローイングをすることも
目的の一つなのですが
それと同じぐらいに大切なことが
捕球をすることなのです。

 

キャッチボールは
いくら集中して目標に向かって投げても
100%相手にボールがコントロールされる
ことはありません。

 

ましてや野球を始めたばかりの
初心者であればなおさら
コントロールは乱れることでしょう。

しかし、その乱れた
ボールも捕ることは可能です。

 

実際の試合でも
悪送球はよくあることですが
それを全て捕球することが
できれば
味方のミスをカバーすることが
できるのです。

 

そうした味方のカバーをするという意識を
キャッチボールから持つことが大切です。

 

では具体的にはどのようなことを
意識していけばいいのか

 

まず一つ目は
どんなボールでも
早く正面に入って胸の前で
捕球をすることです。

 

基本中の基本かもしれませんが
ほとんどの選手が
この基本ができていません。

 

もちろん送球をするレベルが
上がってくれば
そもそもボールを正面に投げてくれるので
動く必要もないのですが
それでも何球かに1球はボールが
逸れることもあるはずです。

 

その時に備えて常に足を動かし
相手のリリースに集中をし
素早く正面に入るようにしましょう。

 

そうすることが試合での
とっさのプレーにいきてきます。

 

次に意識して欲しいのは
持ち替えです。

 

守備では捕球をした後に
ほとんどの場合送球をしなければなりません。

 

そしてその捕球から送球までの流れは
速ければ速いほどランナーをアウトに
する確率を高めることができます。

 

プロ野球選手を見ても
ボールの持ち替えがとても
速いことが分かると思います。

 

そうした持ち替えは
練習なしに速くなることは
ありえません。

 

練習もせずに
試合で焦って速く持ち替えをしようとすると
必ずミスが出てしまいます。

 

ではあなたは
この持ち替えの練習を毎回していますか?

 

おそらく持ち替えだけの練習の
時間を取ってくれるチームは
少ないでしょう。

 

しかし、その持ち替えの練習は
キャッチボール中に
いくらでもすることができます。

 

毎回ボールを捕球する時に
どれだけ速く持ち替えができるかを
練習してみませんか?

 

やり続けていれば
確実に周りと差がついて来るはずです。

 

ぜひあなたも
こうした意識で
キャッチボールをしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です