守備を磨きたい選手へ


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

守備の基本としてよく言われるのが
「腰をおとせ」
「正面で捕れ」
「下から捕れ」
といったことです。

 

しかしそうした基本という常識に
対立するような意見も最近では
よく耳にするようになりました。

 

例えば
「片手で捕れ」
「逆シングルで捕れ」
「ランニングスローをしろ」
などなどです。

 

このように
基本や常識など
様々な知識があふれている中で

結局何が正解なの?

と迷ってしまうことも
ありませんか?

 

 

そんなあなたに
今回守備について
どう考えればいいのか
その基本をお伝えしていきます

 

まず守備は基本が大切です
これは疑いようがありません。

ですがこの基本ができていない
もしくは知らないという選手が
意外と多くいるのです。

 

それにもかかわらず
アウトにするためだと言って
ランニングスローや
逆シングル
グラブトスなど
派手なプレーを優先して
練習をしてしまいます。

 

もちろん
アウトにするためには
一見派手に見えるプレーも
重要です。

 

ですが
それは基本あってこその
プレーということを頭に入れて欲しい
と思います。

 

例えばですが
あなたが内野手を守っていて
打球が正面にきた時
バッターは右バッターで
しかも足がそこまで速くはありません。

 

このケース
あなたはランニングスローをしますか?
逆シングルで捕りますか?

この場合はやはりミスの少ない
プレーを選択するはずです。

 

ランニングスローをしなければ
ならないケースというのは
例えば
ボテボテのゴロが転がり
バッターの足が速い時でしょう。

 

この場合は普通にとって
普通にステップしていては
間に合いません。

 

だから基本ではなく
応用のプレーである
片手キャッチや
ランニングスローを行うのです。

 

ですが
そうしたケースは
一試合に何回あるでしょうか?

 

下手をすると一試合に
一回もないということが
ほとんどだと思います。

 

それに比べて
普通に正面に入って両手で捕って
普通にステップをして送球をする
ケースのほうが圧倒的に多くあります。

 

なぜならば
それが野球のポジション
というものだからです。

これは
打球が飛びやすいところに
そもそもポジションがあるという
ことです。

当たり前ですが
打球が飛ばないところを
守る理由がありませんよね。

 

だからこそまずは
基本のオーソドックスな
プレーの質を高めてもらいたいのです。

 

そして基本のプレーで
アウトにできる範囲をどんどん
広げていきましょう。

 

そうして守備範囲を広げていき
さらに範囲を広げたいと思った時に
必要になってくるのが
ランニングスローなどの
応用プレーなのです。

 

あなたも是非
基本を正確に行うことを
最初の目標として
その上で応用を身につけていきましょう。

 

勿論基本をおろそかにしないことが
応用のプレーを速く身につけることにも
繋がっていきますよ!

 

PS,決してランニングスローや
シングルキャッチをするな
というわけではありません。
あくまで基本という土台を
しっかりと気づきあげてから
応用を身につけて欲しいということです。

 

基本ができてきた選手はどんどん
応用のプレーにも挑戦していきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です