タイミングを合わせるために必要な〇〇とは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングにおいて
一番といって良いほど
重要なことは何でしょう?

 

おそらく多くの人が
タイミングと答えるのではないでしょうか?

 

極端な話
タイミングさえ合うのであれば
小学生でもプロ野球選手のボールを
打つことができるかもしれません。

 

なぜならば
タイミングがあえば
バットにボールは当たやすく
当たってしまえばボールの勢いを使って
打球を飛ばすことができるからです。

 

しかしながら
タイミングを合わせるというのは
そう簡単ではありません。

 

それは
ピッチャーがそもそも
タイミングを外させることで
バッターを打ち取ろうとしているからです。

 

変化球を織り交ぜた
緩急自在のピッチングが
まさにそのいい例ですが

 

そのほかにも
速いストレートを投げることも
タイミングをずらすことに繋がります。

 

ではこうしたピッチャーの投げる球に
たいしてバッターはどのようにして
対応していけばいいのでしょうか?

 

その解決策の一つが
「間」
長くとることです。

 

間という言葉はよく使われますが
簡単に言うと
足を上げてから
打ちに行くまでの時間のことです。

 

この時間を長くとることが
タイミングを合わせる秘訣です。

反対に
足を上げている時間が短い
ということは足を上げてから
おろすまでの時間が
常に一定になってしまうということです。

 

これでは足を上げるタイミングが
悪ければすべてタイミングを
外してしまうことになります。

 

ですが早い段階で足を上げ
足を上げている状態を
長くしてあげることが出来れば
あとはピッチャーの投げる球に
合わせて足を下ろしていくだけでいいのです。

ここで重要なのは
間をとっているときにボールを
よく見ることです。

 

当たり前だと思うかもしれませんが
これができていない選手が実は多いのです。

 

ボールを見るといっても
ただボールを見るわけではありません。

 

ボールを見極めるという意味で
ボールを見てあげてください

 

ストライクなのか?
ボールなのか?
真っすぐなのか?
変化球なのか?
インコースなのか?
アウトコースなのか?

 

これを足を上げている状態で
見極めてそのタイミングにあわせて
足をおろしてスイングしていくのです。

 

ストレートなら早くおろし
変化球なら遅くおろす
インコースなら早くおろし
アウトコースなら遅くおろす

 

間がないバッターというのは
この見極めをする時間が少ないため
足を上げてすぐにおろして
打ちに行ってしまいます。

 

そのため
ボール球にも手を出し
変化球にもタイミングが合わず
インコースにもつまってしまうのです。

 

ぜひあなたも一度
足を上げてからの間を意識して
練習に取り組んでみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です