グラブの使い方の基本とは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を始めたばかり
もしくはこれから始めたいという選手へ
守備についてどれだけの
知識を持っていますか?

 

初心者としてはまずはキャッチボールが
基本になってくるとは思いますが
ボールをキャッチすることも最初は難しいでしょう。

・どうやって捕ったらいいの?
・正しい形は?
・どうやったら上手くなるの?

このように疑問だらけになっていませんか?

 

そんな初心者に対してだけでなく
もう一度基礎から見つめ直したい!

 

そんなあなたに向けて
キャッチングについてお話しして
いきたいと思います。

 

まず正しいグラブの使い方について

ボールは基本的にグラブで
捕球をしています。

このグラブの使い方を
勘違いしてしまってはいませんか?

 

初心者に多く見られるのですが
ボールを「掴みに」いってしまっています。

 

当然掴まなくては
ボールは捕れないのですが

あくまでそれはボールを
落とさないために必要なことです。

 

 

まずボールを捕る時に大切なのは
グラブにボールを当てることです。

1,しっかりと
グラブの芯にボールを当ててあげる

2,そしてそれが
落ちないように掴んであげる

想像してみてください。

 

上から落ちてくるものを
お箸などでそのままつかむことが
できますか?

まず何かで受け止めて上げてから
お箸で掴んだ方が確実につかむことが
できるはずです。

 

このように
順番を間違えないことが大切です。

 

順番を間違えてしまうと
捕球率は格段に落ちるばかりか
ボールの持ち替えもしづらくなって
しまうので注意しましょう。

 

次にボールを捕る時の腕の位置です。
大切なことは
腕が動かしやすい状態
しておくことです。

 

体からは近すぎず
そして遠すぎない位置に
グラブを構えます。

 

だいたい少し腕が曲がっている程度が
一番腕が動かしやすくなっていきます。

 

そうすることで
あらゆるボールに対して
反応をしていくことができます。

 

最後に
腕の角度です。

これも基本的にはどんな球にも
対応できるように
自然な位置に置く必要があります。

 

例えば
脇が空きすぎてしまうほど
肘をあげて角度を大きくしてしまうと
グラブは横向きになってしまい
低いボールが来た時に
すぐにグラブを下向きにすることが
出来ずに遅れてしまいます。

 

逆に
脇を閉めすぎてしまうのも
動かせる範囲を狭めてしまうので
やめましょう。

適切な位置はその間で
肘を45度位の位置にしましょう。
そうすることで
どんなボールにも反応がしやすくなっていきますし
捕ってからの送球への流れも
スムーズになっていきます。

 

ぜひ実践してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です