本当のチーム力とは〇〇〇をなくすこと


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「チーム力」

この言葉を聞いて
どのようなことを
思い浮かべるでしょうか?

・レギュラー陣の実力
・選手層の厚さ
・試合での実績

このようなことを
イメージされましたでしょうか?

 

これも
もちろん
チーム力
といえるかと思いますが

 

これは
チームの
表面上の強さに過ぎません。

 

それでは
本当の強さとは
一体なんなのでしょうか?

色々な定義があるかとは
思いますが
私の考えでは
そうしたチーム力というのは
目に見えるものではありません

 

ですがそうしたチーム力は
必ずと言っていいほど
大事な大会の勝敗を大きく左右します。

 

では具体的にはそのチーム力とは
どんなことなのでしょう?

 

例えば
そうしたチーム力は
練習によく表れます。

 

バッティング練習をしている時
打っている選手だけが
練習では
ありません。

 

守っている選手や
バッティングピッチャーを
する選手にとっても
大切な練習の時間です。

その意識を持って
何人が
練習できているでしょうか?
「早く自分の番が回ってこないかな」

その気持ちも理解できます。

 

ですがそこはチームのために
その練習がより意味のある練習となるために
バッターに対して声を出したり
時にはアドバイスや激を飛ばしたりして
練習を活性化させましょう。

 

そうした雰囲気を
チーム内に
浸透させていくことが大切です。

 

ランニングメニューをやっていても
ただキツイ、早く終わらないかなと
思うのではなく
チーム全体でしっかりと追い込み
終わった時には
「ナイスラン!!」
と気持ちよく声を掛け合いましょう!

それだけでもランニングが
個人の辛いメニューから
チーム全体で乗り越えるべきもの
に
変わっていきます。

 

つまりチーム力とは
いかに
チーム内の
温度差をなくしていけるかなのです

 

レギュラーメンバーだけ
ベンチ入りメンバーだけが
勝ちたいと思って勝てるほど
野球は甘くありません。

 

ベンチには入れなかったメンバーも含め
同じ方向に全員が向かっていくことで
練習の効率や効果が高まり
それがチーム力となっていき
試合の勝敗を左右するのです。

 

もし今あなたがベンチに入れていない
レギュラーではないという状況でも
本気でチームとして勝ちたいと思うのであれば
なおさらこのことを意識して
チーム力を高めるために
あなた自身がに先陣を
切ってもらいたいと思います。

 

そうした選手が
この先何人増えていくのか?
後輩たちにもそれを伝えていくことができるのか?

 

そこまで考えることができ
実際に行動をあなたが起こすことが
できるのであれば
チームは
劇的に強くなることでしょう。

 

またあなた自身も
チームから
必要とされる選手となり
試合への出場機会も得ることができるはずです。

 

ぜひ一度
今のあなたのチーム状況を
振り返ってみて
どうしたらチーム力が
上がるのかということを
考えてみてはいかがでしょうか?

チーム出張解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です