一瞬の判断のための〇〇


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球というスポーツは
時に
一瞬の判断を
迫られることがあります。

 

例えば
バッターが
ピッチャーの球を
瞬時に見極めて
打たなければいけないことなどです。

ですが
どちらかというと
それは
判断よりも
反応といった方が
近いかもしれません。

 

今回はそうしたバッター目線ではなく
守備面での
瞬時の判断
スポットを当てていきます。

 

内野手の守備は
常に一瞬の判断の連続です。
ランナーがいなければ
そこまで
迷うことはないのですが
大切になってくるのは
ランナーがいる時です。

・ランナーの位置
・アウトカウント
・点差

・試合展開


これらの要素を頭に入れた上で
どこに来るかわからない打球に対して
瞬時にどういった動きをしなければならないのか
判断をしプレーをしなければなりません。

 

これは慣れていなければ
もちろんのこと
練習を積み重ねなければ
必ずミスが生じてしまうでしょう。

 

そのミスが大事な大会の
大事な場面で起きてしまうかもしれません。

そうならないために
練習では常にランナーを想定して
プレーをすることが必要です。

 

そうしなければ
ノックはただのノック
練習のための練習
終わってしまうのです。

もちろん
頭の中でイメージすることも
いいのですが
時にはランナーをしっかりと
つけて
練習を行うのもいいでしょう。

 

実際にランナーをつけることで
少しでも判断に迷いが出れば
ミスに繋がってしまうことが
分かるはずです。

 

そのようにしてまずは
練習でケースごとに
どこにボールを
投げなければならないのか
どこにカバーに入らなければならないのか
ということを頭と体に覚え込ませるように
しましょう。

 

そうすることで
試合でも
大事な場面で
瞬時に判断をすることが
できるはずです。

 

ですが
ここで注意をしなければならないのが

「確認」です。

練習をすることで
当たり前のように
状況判断を
しプレーを
できるようになっていくでしょう。

それでもプレーの前には
必ず
チームメート同士で
確認を行うように
していきましょう。

 

例えば
内野には「捕ったらセカンド」
外野には「バックホームもしくはタッチアップ」
などなど

 

どんなに当たり前だと
頭の中で思っていても

どんなに簡単な場面のプレーでも

この確認を怠ってはいけません。

 

いくら100回に1回しか
判断ミスが起きなくても
必ず100回の確認を行いましょう。

 

そうすることが
1回のミスを防ぐことに
繋がっていきます。

 

大事な試合の大事な場面で
その1回がこないように
今から確認をチームで習慣づけておきましょう。

 

過去の人気ブログ記事↓
なぜ右方向に打てと言われるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です