正しく「モノマネ」できていますか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたの憧れの選手は誰ですか?
プロ野球選手や
メジャーリーガーなど

 

日本にはたくさんの
スター選手がいます。
こういった選手たちのプレーというのは
非常に参考になるものなので
ぜひ参考にして自分のプレーに
取り入れていってほしいと思います。

ですがここで注意をしなければ
いけないことがあります。
それは
「モノマネで終わってはいけない」
ということです。

良い選手になるためには
良い選手のプレーを真似していくことが
大切です。
そうすることで飛躍的に
成長をしていくことができます。

 

ですが
ただ仕草や型を真似しても
それはただのモノマネで終わってしまいます。

 

例えば
足を高くあげるバッターが
いたとします。
これを真似してその選手のように
足を高く上げてみるとします。

 

これも一見
良い選手の真似をした
ということに
なりますが
真似の仕方を間違えると
全く意味のないことになってしまいます。

 

一番大切なのは
この選手がなんのために
足を高く上げているのかということです。

 

もしかしたらこの選手は
足を高くあげることによって
後ろ足に体重をしっかりかけられるように
しているのかもしれません。

 

もしかしたら
体が前に突っ込んでしまうのを
防ぐために足を上げているのかもしれません。

そうしたところを
理解せずにただ足を上げてしまうと
後ろ足に体重をかける意識や
体が前に突っ込まない意識を
持っていないため足を高く上げた
意味が
なくなってしまい
「モノマネ」で終わってしまうのです。

 

これでは上手くはなれませんよね?

よくテレビでなどで芸人が
プロ野球選手の
バッティングフォームの
モノマネをする
シーンを見かけます。

 

本当に本人に似ていて
どうやったらあそこまで似せることが
できるのだろうかと思いますが、
いくら似ていても
おそらくその人が
実際に
ボールを打ってみても
真似した
プロ野球選手のような
打球が飛ぶことはないでしょう。

 

それは先ほど話した
「なんのためにどこを動かすのか」
といったところができていないからです。

 

ですので
プロ野球選手の
真似をするときは
そうしたところに
ぜひ目を向けてみてください。

 

よく観ていると
良いバッターは
全く違うフォームに見えて
実は同じことをやっているという
ところが
分かってくるはずです!

 

今の時代ネットで検索すれば
様々な選手のフォームをみる機会があります。
ぜひ憧れの選手を調べてみて
良いところをうまく正しく真似してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です