「本当のシートノック」できていますか?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたはシートノックを受ける時
どのようなことを意識していますか?

 

ただ自分のところに来た打球を
捕って投げるだけで
終わってしまってはいませんか?

それだけではシートノックを
行う意味は
半減してしまいます。

 

野球を始めたばかりの頃は
どうしても
そうした意識がしっかりとできずに
自分のプレーに
精一杯になってしまいがちです。

 

そしてそのまま何も意識せずに
毎回シートノックを受けていってしまうと
いくら捕る、投げるという動作が上手くなっても
本当のシートノックにはなりません

 

早い段階でしっかりとシートノックを
やる
意味を理解して
練習に取り組んでいきましょう。

 

まず意識しなければならないことは
シートノックは
チームプレーの確認ということです。

シートノックは通常のノックとは違い
各ポジションに分かれてノックを行います。
その中で
「全員が一球に対して」
動いていきます。

 

よく勘違いされがちなのが
自分の時にだけしか
動かなくていい
思われていることです。

普通はボールを捕って投げるだけですが
それ以外の選手もその一球に対して
どう動くのか
それぞれ確認する必要があります。
ぞれがシートノックを行う意味です。

 

またそれ以外にも
他のポジションが
どのような動きを
しているのかを
知っておくチャンスでもあります。

 

ケースごとにどのポジションが
どのような動きをしているのか
自分のポジションだけでなく
他のポジションのことを
知っておかなければ
チームプレーは成り立ちません

 

まずは自分の役割を果たすことが大切ですが
その先を見据えて
他のポジションのことも
シートノック中に
覚えておきましょう。

 

次にシートノックで
確認しておかなければならないことは
「カバーの意識です。」

 

野球とはミスをするスポーツです。
ミスのない試合はほとんどありません!

 

そのためにも味方がミスをする
ことを
想定して自分は動かなければ
なりません。

 

どんなに守備の上手い
名手と言われる選手でも
ミスは起こります。

 

昨年のWBCでも守備の名手として
大活躍した菊池選手も
アメリカ戦で
ミスをしてしまいました。

 

あれをもし
菊池選手だから
カバーはいらないだろうと
外野手がカバーに入っていなかったとすると
もしボールが抜けて行った時
ボールは
どこまでも転がっていき
ランナーは
ホームに返ってきてしまいます。

 

ですが
「もしかしたらミスするかもしれない
カバーに入っておこう」となれば
ランナーは一塁で止めることが
できるかもしれません。

 

菊池選手が昨年した
エラーは
693回の守備機会に対して5つです!

 

1年間でたった5回と思うかもしれません。
ですがその4回のためにカバーに
入るのが
チームプレーです!

 

もしかしたらのために
シートノックから誰がどこに
どんな時に
カバーに入るのかを
確認しておき
試合では体が勝手に動くように
しておきましょう!

 

何度も繰り返しますが
野球はチームスポーツです。

 

一人ではアウトを取ることができません。
全員でカバーをしあうことで
ミスを最小限に抑えることができ
味方を助けることができます。

 

まずは自分のできることをやることが
大切ですが
味方を助けるためにも
周りをみてシートノックを
行うようにしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です