「一流選手」になるために欠かせないこと


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

何をするにしても
全てにおいて共通することですが
何かをするにあたって

 

上達・成長というのは
一朝一夕にはいきません。

 

どんなスポーツであれ
それは同じで
もちろん野球も例外ではありません。

特に野球というスポーツは
打つ・走る・投げる・捕る
といった
全く違う要素があり
その総合力を高めていく必要があります。

 

そのため
・走るのは得意だけど打てない
・打つのは得意だけど守れない
といったことでは選手として
試合での活躍は難しくなってしまうのです。

 

これら全てを練習し
総合力を高めていき
その上で
さらに自分にしか
持っていない特徴を
伸ばしていくことで
初めて「良い選手だ」と
言われるようになるのです。

 

レベルが高くなればなるほど
この特徴・長所といったところを
伸ばしていく必要があります。

 

ですがその特徴が活かせるのも
その他の能力が
平均以上に
備わっていてこその話

 

選手として上達したいのであれば
得意なところばかりではなく
自分の苦手な分野も
伸ばしていかなければ
なりません。

 

ですが「好きこそものの上手なれ」
という言葉がある通り

 

どうしても得意なところ
好きなことばかりを
練習してしまいがちです。

これは小学生くらいの
選手に
多く見られます。
また
周りに下手なところを
見せたくないと思うあまり
あえて苦手な部分を
避けているようにも見えます。

 

例えばバッティングが
得意な選手が
バッティングの時は
一生懸命バットを
振っているのに
守備になると途端に
やる気のないような
プレーに変わり
ミスを連発してしまいます。

 

これは下手なところを
周りに
見せたくないという気持ちから
本気でやって
ミスをするのを
恐れてしまっているのです。

 

だからあえてやる気のないような
プレーをしてミスをしても
本気じゃないと周りに思わせたいのです。

 

これではいつまでたっても
成長することができませんよね?

 

選手として上達するためには
まずは自分の実力を
素直に認める
ことから始める必要があります。

 

得意なことがあっても
初めから
全てが上手い選手はいません。
自分が下手ということを
周りに知られても
それで困るのは
周りのみんなではありません。
自分自身が困るだけです。

 

下手なプレーをするのは
恥ずかしいことではなく
下手なままでいることが
一番恥ずかしいことだと思いませんか?

 

だからこそ
まずは
ミスをしてもいいので
一生懸命苦手だと思うところに
取り組んでいきましょう!

一生懸命取り組むからこそ
そこに疑問が生まれ
発見があり
成長に繋がっていくのです。

 

苦手を克服し
総合力を高め
そして自分の長所を伸ばし
誰からもどこからも
「使いたい!」
と
思われる選手を目指しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です