サッカーから野球を学ぶ?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたは
サッカーを
見たことがありますか?

 

あなたを含め多くの方が
サッカーを見たことが
あったり
実際にやったことが
あったりすると思います。

日本では野球ほどの歴史は
なくても
今や野球と並んで
1.2を争う人気スポーツの一つであり
世界的にはワールドカップなど
認知度がとても高い球技です。

 

日本の野球からしてみると
サッカー人気が高まれば
優秀な人材が流れてしまい
野球界にとってはマイナスと
考えられることもありますが
日本のスポーツの発展にとっては
非常に良いことだと思います。

 

この野球とサッカー
全く別の種目のように見えて
実は意外な共通点が
隠されているのです。

 

サッカーはキーパーを除いて
基本的には手を使わずに
足だけでボールを扱い
ドリブルを行い
ボールを
蹴ってパスや
シュートを行います。

 

ドリブルを行う時には
自分がただ思いっきり走るのではなく
ボールをコントロールしながら
走らなければなりません。

 

そこで問われるのは
足のステップです。
自分が蹴るボールに合わせて
足を合わせなければ
うまくドリブルすることが
できず
丁寧にいき過ぎても
遅いドリブルになってしまいます。

 

うまくボールをコントロールし
速くドリブルをするために
サッカー選手はただ速く走るのではなく
小刻みなステップを踏みながら
絶妙なタイミングで
ボールに触れています。

 

この時もボールに強く
触れてしまえば
ボールは強く前に
弾かれてしまうので
コントロールが効かず
相手にボールを奪われて
しまうかもしれません。

 

このようなボールへの足のステップや
ボールへの触れ方というのは
野球でも同じようなことが
言えるとは思いませんか?

例えば守備の時
ただボールに対して
思いっきり
突っ込んでいっては
バウンドが合いません。
小刻みなステップから
バウンドを合わせて
ボールに
入っていくことが必要です。

 

またボールを捕る時も
勢いよくいってしまっては
ボールを弾いてしまいます。

 

このように一見全く別のもののように
思えるスポーツでも
よく観察していると
同じような技術が使われていることに
気づくことがあると思います。

 

これはサッカーに限らず
全ての
スポーツに
共通して言えることです。

 

バスケットボールやテニス、
バレーボール
などなど

 

そのスポーツにはそれぞれ特徴があり
ルールも歴史も違いますが
体を動かすということにおいて
参考にできることは色々なところに
隠されているのです。

 

もしかしたら
他のスポーツのどこかに
野球のヒントとなるポイントが
眠っているかもしれません。

 

もし今あなたが
何かプレーで
悩んでいたり
不調が
続いているようであれば
気分転換の意味も込めて
一度他のスポーツを
観てみたり
実際にやって
みてはいかがでしょうか?

 

思わぬ効果が
生まれることも
あるかもしれません。

 

ただあくまでそれは
野球のためなので
慣れない競技にあまり白熱し過ぎて
怪我などが起きないように
十分に
注意をして行うようにしておきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です