内野と外野の連携プレーとは?


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球はチームスポーツです。
特に守備時には
そうした「チームプレー」
というものが試されます!

 

こうした守備のチームプレーというと
一般的にイメージされるのは
内野手の連携プレーや
サインプレー
といったところでしょうか?

 

しかしながら
見落としてはいけないのが
内野と外野の連携プレーです。

 

このプレーができないチームは
大量失点につながってしまう
可能性があるので注意しましょう。

 

では内野と外野の連携プレーとは
そもそもなんなのか?

 

1つ目は
中継プレーです。
外野にボールが飛ぶ
そしたら外野手は内野に
ボールを
返さなければなりません。
しかしどこにボールを返すのか?

 

これはランナーの有無や
アウトカウントによって
選択が変わってきます。

 

この確認を試合中に
ランナーの位置やアウトカウントが
変わるたびに内野手と外野手との間で
会話をしておきましょう。

 

「ゴロがいった場合は
どこにボールを返すのか」

「フライの時はどこに返すのか」

内野手は
「当然外野手も同じ考えだろう」
確認を怠ってしまうと
思わぬミスに繋がってしまうことも
あります。

 

だからこそ内野と外野との間で

常にコミュニケーションをとり
アウトカウントやランナーの位置
または
投げなければならない場所を
確認することが必要なのです。

 

2つ目は
練習から確認しておいて
欲しい
コミュニケーションです。
外野手は
それぞれ肩の強さが違います。

 

つまり中継に入るときに
どの位置まで
外野に近づいて
中継に入ってあげればいいのか

肩が弱い選手であれば
外野手の捕球体勢が
悪いと
判断すれば
少し外野手に近づき
中継までの距離を縮めてあげたり

 

肩が強い選手であれば
少し離れてボールを投げる
距離を
稼いであげたり

 

このような少しのプレーで
アウトになるかセーフになるのかが
決まることもあります。

 

先ほどもお伝えしましたが
この確認は特に練習で
行わなければなりません。

 

選手によっては
投げるボールに癖があり
ボールがシュート気味にきたり
スライスしながらくる選手も
いたりします。

 

もし
練習でキャッチボールをする
ペアを
固定しているのであれば
たまには中継プレーを行う
外野手と内野手で
普段の練習で
行うキャッチボールを
してみてはいかがですか?

 

こうした少しの積み重ねを
行うことが試合で勝つための
大きな要因になることも
あります!

 

派手なファインプレーで
観客を沸かせたり
チームを
救うことも良いですが

 

こうした連携で捕ったアウトで
観客を盛り上げ
チームを
盛り上げてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です