外野手が守備範囲を広げる方法


こんにちは

BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ピッチャーが
ボールを投げる前に
内野手が
手を背中側に回しているのを
見たことがありませんか?

 

実はあれは外野手に向けて
ピッチャーの球種やコースが
分かるようにサインを
送っているのです!

 

知っているという
あなたも
なぜサインを送る
必要があるのかを
考えたことはありますか?

 

実はサインによって球種やコースが分かると
外野手には大きなメリットが
あります。

 

その一つが打球予測です。

 

「あと一歩でボールに追いつけた」
そんな経験がありませんか?

 

外野手は内野手に比べ
一人で守らなければならない
守備範囲がとても広いです。

 

その分ボール到達までの
時間は内野手に比べれば
多くありますが
少しでも反応が遅れれば
追い付ける打球も
追いつけなく
なって
しまうのです。

 

その一歩を生み出すために

打球予測が必要なのです。

 

この打球予測は
バッターのフォームや
特徴ももちろんですが
一球一球ごとに変えて行く必要が
あります。

それは一球一球
ピッチャーが
投げる
カウント、球種、コースが
違うからです。

 

球種やコースが違えば
当然バッターの反応も
一球一球変わっていきます。

 

だからこそ反応や守備位置を
微調整するために
内野手が外野手にサインを
送る必要があるのです!

 

また球種のサインだけでなく
牽制のサインが出た時も
外野手にサインを送る必要が
あります。

 

これはカバーのためです。
牽制というのは
・ランナーを刺す
・ランナーのリードを小さくする
などのために行いますが
牽制のためにはボールを
塁上に投げなければなりません

 

そうなれば
もちろん
送球ミスの可能性が
生まれます。

 

送球が逸れてしまい
ランナーが進んでしまえば
牽制をする意味が
全くなくなってしまいます。

 

ですがここで牽制のサインを
外野に送っていれば
外野手は牽制が来るとわかっているので
牽制モーションに入った瞬間に
カバーに向かうことができます。

 

そうすれば
仮に送球ミスが出たとしても
ランナーが先に進むことはできません。

 

こうした予測のためにも
サインは絶対に必要なのです。

 

バッテリーから
内野手へ
そして内野手から
外野手へ

 

こうしたサインの伝達が
うまくいき始めて
チームプレーが
完成するのです。

 

何気なく外野手がフライを
捕った
ワンプレーであっても
実際にはそうしたチームプレーの
上に成り立っています。

 

サインを送らなければ
アウトにできなかったフライも
必ずあります。

 

こうしたプレーはすぐにでも
実践できるので試してみましょう!

 

PS.サインに応じて早めに
守備位置を変えすぎてしまうと
バッターに球種やコースが
バレてしまう恐れもあるので
動き出しのタイミングは注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です