野球・トーナメントとリーグ戦それぞれのメリット 

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

高校野球は各地の代表校が
決まりいよいよ今月より
各地区を勝ち抜いた甲子園での
戦いが始まります。

そうした中
最近では過密日程の中の
トーナメント制により
投手への負担が心配されるように
なってきました。

一昔前であれば
一人の投手がマウンドにたち続けて
戦い抜くことが美談とされてきましたが
それにより多くの選手が体を
壊してしまい様々な議論が持たれるように
なりました。

しかしながら現状のトーナメント方式の
負けたら終わりの戦いでは
勝ちだけを優先させれば
エースに頼り切ってしまうことも
責めきれないようにも思います。

そうした背景もあり
リーグ戦にしてみては?
という声も聞かれるようになってきました。
リーグ戦の場合であれば
負けたら終わりとはならないので
投手起用にもある程度の自由が
きくようになると思います。
またそれに備えて5月から大会を
開催したとしても負けたチームも
今と同じく7月ごろまで野球を続けられるので
引退が早くなりすぎるということも
ないでしょう。

また何より選手育成のためには
試合での経験、特に公式戦での一試合
というのはとても大きな意味を持ちます。
リーグ戦にすることで多くの公式戦の
経験を積むことができるため将来的な
選手育成においても良いことでしょう。
それに伴いベンチ入りメンバーの枠も
現状の20人から25人へ増やすことも
検討した方が良いでしょう。

地区によっては秋大会や春大会の
予選でリーグ戦を採用しているそうなので
十分の実現は可能だと思います。

実際に高校野球の夏の大会で
採用するとなると
総当たり戦では途轍もない時間が
かかってしまいますがブロックごとに
分かれてリーグ戦を行い勝ち上がった
チームで再度リーグ戦またはトーナメントを
行うことができれば一人の投手だけに
負担がかかってしまうことは
防げるのではないでしょうか?

そうした意見がある一方で
トーナメントにはトーナメントの
良さがあるのも事実です。

やはり一発勝負だからこそ
味わうことができる負けられない
という緊張感の中での試合は
指導者でも予想できないような
選手のプレーを引き出します。

そうしたプレッシャーや
予想外のプレーが
あるからこそ優勝候補を
格下が倒してしまうような
高校野球の醍醐味とも言える
試合が生まれるのです。

また負けたら終わりだからこそ
観客や高校野球ファンの共感と
感動を生むのかもしれません。

いずれにしても
現状のままで高校野球が
進んでいくことはもしかしたら
システム的にも難しいのかも
しれません。

野球人口が減っていく中
今すぐに納得ができなくても
数年が経ち振り返った時に
成功と思えるような改革が
行われることを期待しています。

新ルール「一塁への盗塁」とは?part2

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回
今後導入されるかもしれない
一塁への盗塁についてお伝えしていき
導入された場合の影響について
考えていきました。

まず考えられることとして
投手と捕手の負担が
増えるということを前回伝えました。

今回はその続きとして
その他に考えられる
ことをお伝えしていきます。

その他に考えられることとしては
バッターによって一塁への
盗塁をするかどうかをあらかじめ
決めておく必要があるということです。

例えば
足が速く出塁率の高さや
得点を多くしたい選手にとっては
一塁への盗塁は有効でしょう。
しかし長打やホームランを狙える
打者がワイルドピッチがあったからといって
全て一塁への盗塁を試みることは
得策とは思えません。

そうなってしまうと守備側にとっては
状況によってはむしろ一塁への進塁で
済んでラッキーと捉えるかもしれません。
また足の遅いバッターであれば成功の確率が
低いためスタートの判断は難しくなることでしょう。

さらには誰でもワイルドピッチで
スタートを切ってくれるのであれば
守備側としては勝負を避けて
あえてワイルドピッチを投げて
一塁への盗塁を阻止するような
トリックプレーをしてくるかもしれません。

こうした相手側の動きに
惑わされないためにも
あらかじめこのバッターは
一塁への盗塁を行う
このバッターは行わないということを
決めておく必要があるでしょう。

ただし
相手の投手のレベルによっては
ヒットを打つことが難しいとなれば
それも変える必要があるでしょう。
さらには
・球場の条件
(狭い球場でもやるのか?)
・相手捕手の肩
・カウント
(0ストライク2ボールでも仕掛けるのか?)
・アウトカウント
・塁状況
(一点がどうしても欲しい終盤
2死ランナー3塁にいてワイルドピッチが
あったら自分がアウトになるリスクが
あっても盗塁をするのか?)

これらも一塁への盗塁を
するかどうかの判断材料と
なってきます。

おそらくこれらを
瞬時に判断することは
不可能でしょう。
そのため試合前からあらかじめ
この場合はこうするというミーティングを
する必要があると思います。
実際にルールが採用され
試合が多く行われていけば
そうしたこともセオリーとして
マニュアル化されていく可能性もありますね。

いずれにしても
このルールが適用されるとなると
野球は大きく変わっていくことでしょう。
個人的にはなくても良いルールだと
思いますがあなたはどのような意見でしょうか?

ランナー有り・無しの打率差part2

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はランナーの有無による
打率の違いの中で
ランナーがいない時に
打率が低い選手について
その原因を考えてみました。

具体的には
ワインドアップやゆったりとした
セットからのフォームにタイミングを
合わせるのが苦手であり
改善策としてはタイミングを遅らせたり
足をあげる時間を長くしたり
するなどを提案していきました。

今回は反対に
ランナーがいる時に
打率が低い選手について
考えていきます。

ランナーがいる時
打率が低いという選手は
クイックモーションが
苦手という可能性があります。

ランナーがいない時とは違い
ランナーがいることで投手は
盗塁を警戒しクイックモーションで
投球をしてきます。

それにより
投球モーションに入ってから
早い時間でボールがやってくるため
タイミングを合わせられていないのです。

そのタイミングが合わされれない
原因はフォームに無駄が多く
クイックに間に合っていない
ということが考えられます。

改善方法としては
テイクバックまでスムーズに入れるように
構えを変えてみたりテイクバックに
入るスピードを早くして
みたりすることが考えられます。

プロ野球選手の場合も
様々なピッチャーと対戦をする機会が
あるため
その特徴に合わせてタイミングの
取り方を変えているという
選手がいるそうです。

足を高くあげてみたり
すり足にしてみたり
時にはバットを短く持って
対応してみたりと

ピッチャーの特徴
ランナーの有無
塁状況
試合展開
さらには相手の守備シフト
これらに応じて
自分の打撃を変えることが
できると打率は高くなっていくかも
しれません。

もちろん投手ごとの特徴に
合わせてフォームを変えることができれば
良いかもしれませんが
実際はそうはいきません。

なぜならば
そんなに頻繁に
フォームを変えて結果を出せるほど
人間は器用ではないからです。
おそらくそんなことをしている間に
全てのフォームが崩れて中途半端になり
自分の打撃を見失ってしまうことでしょう。

つまりランナーの有無によって
打撃を変える時に気をつけなければ
いけないことは
打撃を変えるといっても
大きく変えるということではなく
根本の自分のフォームを
変えずに状況に応じて
マイナーチェンジさせるということです。

無理にフォームを変えようとしすぎると
自分のフォームを見失い
今まで打てていた状況でも
打てなくなってしまうかもしれません。

基本を変えずに
・足の上げ方だけを変える
・タイミングを変える
・立ち位置を変える
・バットを短く持つ
これくらいが丁度いい
マイナーチェンジだと思います。

こうして状況ごとに細かく
打率を出してみると
その結果から様々なことを推測し
フォームの改善に活かすことができます。

あなたも記録が残っているのであれば
色々な数字を出してみると
思わぬ発見があるかもしれませんよ。

夏休み限定
短期パーソナルレッスンを
開催いたします。
期間7月15日~9月10日↓

最も警戒すべきは後ろのランナー

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

劣勢の中でやっとつかんだ
千載一遇のチャンスの場面
一打出れば同点もしくは
逆転という場面
守備側であれば相当な
プレッシャーがかかり
攻撃側とすれば此処一番の
集中力が試される場面です。

しかしここには思わぬ大きな
落とし穴があるのです。

それは
後ろにいるランナーの
警戒心の薄さです。

チャンスの場面では
複数のランナーが塁にいます。

  • 満塁
  • 1,3塁
  • 2,3塁
  • 1,2塁

このようなケースにおいて
先の塁にいるランナーは
次の塁へ進むことも
さることながら牽制などで
刺されないように
相当な警戒心を
持ってリードをとっています。

しかしこうした時に
意外と気を抜いてしまい
がちなのは後ろにいるランナーです。

特に塁が詰まっている時の
後ろのランナーは典型的に
警戒心が薄くなっています。

満塁の場面であれば
1塁ランナーと2塁ランナー
1,2塁あれば1塁ランナーです。

こうしたケースの場合
アウトカウントや試合状況にも
よりますが、基本的には
1塁手はファーストベース
につかないため
1塁ランナーはフリーの
状態になります。

この時先の塁に
ランナーがいるから
自分のところには
牽制がこないだろうと
錯覚してしまうのです。

なぜこのような錯覚が
生まれてしまうかというと
牽制がくることが
非常に少ないからです。

通常牽制は
相手の出方を伺ったり
リードを縮めたり
盗塁を狙ったランナーに対して
ピッチャーがランナーをさすために
行ったりします。

しかし塁が埋まった状況では
リードを縮めるべきは先の塁にいる
ランナーであり、さらに盗塁を
仕掛けてくるのも主導権は
先にいるランナーです。

そのため後ろにいるランナーに
牽制をしてもあまり意味がないように
感じるからです。

また守備側からすれば
ピンチの場面で後ろのランナーに
牽制をしミスをしてしまえば
先にいるランナーに隙を与え
進塁を許してしまうという可能性も
考えられることでしょう。

こうした理由が重なり合ってか
塁が埋まった状況特に1,2塁での
1塁ランナーと満塁時の2塁ランナーの
警戒心はとても薄くなっています。

こうした心理をわかっていると
察しの良い選手は
もうわかっていると思いますが
守備側は1塁もしくは
2塁への牽制を狙うべきでしょう。

ただしこのプレーを
完璧に決めるには
タイミングがあります。
なぜならばこのプレーはよほど
レベルの低いチームでない限り
一試合に二回引っかかることが
ないからです。

そのため一発で決めきることと
ここぞの場面だけにとっておく
ことが必要になるのです。

まず一発で決めるためには
通常の牽制とは違い
完全に相手を刺しにく牽制である
必要があります。

相手を刺しに行く牽制はまず
相手に大きくリードを取らせること
これは塁を開けることで可能です。
次に牽制を投げるタイミングと
一塁手もしくは
二遊間が塁へ入るタイミングを
完璧に合わせる必要があります。
早く塁に入りすぎてしまえば
ランナーコーチャーやランナー本人に
バレてしまい成功しませんし
遅く入りしぎてしまえば
誰も塁にいないため
ボークもしくは暴投に
なってしまいます。

一番無難なのはサインプレーにより
ピッチャーはずっと
キャッチャーを見ておき
キャッチャーは
一塁もしくは二遊間が塁に入りそうな
タイミングでピッチャーに合図を送り
ピッチャーは合図を受け取った瞬間に
牽制をするという方法です。

そしてそのサインプレーを使う
タイミングは試合に
おいてここぞの場面
だけになります。

ピンチの場面になりランナーが
警戒心がなさそうでも
試合の序盤や
大量リードしている場面では
サインを使う必要はありません。

仮に成功したとしても
対してメリットがないからです。

使うべきタイミングは中盤以降で
僅差のゲーム展開。
これ以上一点もやれない場面で
使うことが効果的となるでしょう。
うまくこのプレーが決まれば
相手に相当のダメージを
与えることができ
流れを引き寄せることができるでしょう。

このプレーは
トーナメントの試合の場合
1大会で1回使うか
使わないかというプレーです。
もし連戦で多用してしまえば
研究された相手に
バレてしまうからです。

上に勝ち上がるほど
重要な試合になり相手も
手強くなってくるので
できれば大会の
終盤までとっておきたい
というのが本音です。

そしてこうした状況から最も
言っておきたいことは
自分がランナーの時に絶対に
引っかかってはいけないということです。

ランナーコーチがいるといえど
野手がベースに入ってくるのは一瞬の
出来事で声だけでは反応することは
難しいでしょう。
できる対策としては常にランナーが
そうしたケースを頭に入れて
警戒をしておくことしかありません。

試合展開を左右しうるプレーだけに
チームの足を引っ張らないためにも
ランナーに出る以上は常に警戒心を
強めておくようにしましょう。

 

PS,店舗オープンにともない
入会キャンペーンを実施中です
無料体験も行なっているので
是非ご利用ください!!↓

投手が「間」を置くべき理由

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

これまでバッティングにおいて
タイミングを取るために「間」を
取るべきだということを
何度か繰り返し
お伝えしてきました。

今回は同じように
ピッチングにおいても
間を取ることが大事
ということをお伝えしていきます。

ただしピッチングにおける間とは
タメを作るという意味の間ではなく
セットポジションに入ってから
投球モーションに入るまでの間を
今回はさすこととします。

セットに入ってから
モーションに入るまでの時間
というのは投手によって様々です。
しかし、何も意識していない選手は
投げるタイミングが常に一定でそれが
癖になってしまっていることがあります。

こうした同じタイミングで
投げる投手の場合
攻撃側とすればとても
攻めやすく助かります。

まずランナーがいる場合
牽制のタイミングも一定のため
帰塁がしやすくさらに
投げるタイミングが
ある程度分かっているので
盗塁のスタートも切りやすくなってきます。

実際に同じテンポで
投げるピッチャーの場合
チームによってはその
タイミングでギャンブルスタートを
きり盗塁を仕掛けてくることがあります。

こうしたことにならないように
ピッチャーはセットに入ってから
間を置く必要があります。
間を長くしてセットに入ることで
ランナーはスタートがきりづらくなったり
盗塁のサインが出ている場合は重心が
2塁側に傾き始めてきたりすることで
牽制で刺しやすくすることができます。

間を長く取るメリットはもう1つあります。
それはバッターの集中やタイミングを
狂わせる効果です。

セットに入ってから
1.2.3のタイミングで
モーションに入るピッチャーは
バッターからすれば非常に
タイミングが取りやすく
打ちやすいものです。

例えば
バッティングセンターなどの場合
ボールはほとんど一定の
リズムで同じ球速で
繰り出されてきます。
その為最初こそタイミングが
合わないかもしれませんが
後半慣れてくれば簡単に
打ち返すことができてしまうでしょう。

同じリズム、
テンポで投げることによる
リスクを下げるためには
長く間を取ることです。
バッターからすれば
いつ投げてくるか分からない
という気持ちになり集中も切れやすく
打ちづらくなってきます。

プロ野球でも長く間を
置かれることを嫌い
一旦タイムをかけて
打席を外すバッターも
よく見かけますね。

またピッチャーによっては
いきなりクイックモーションを
行うなどして相手の
タイミングを外そうと
したりします。

こうした間をうまく使うことが
できれば面白いように
相手を翻弄することが
できます。

ピッチングはなにも
投げるだけではありません。
良いピッチャーであるためには
こうした総合力で勝負することが
必要です。

打者に対しても走者に対しても
有効なこの間の使い方を
あなたも是非研究しピッチングに
取り入れてみてはいかがでしょうか?

筋トレで「野球」は下手になる?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

最近では筋力トレーニングが
パフォーマンスアップには
欠かせない当たり前のものとして
どこのチームでも独自のメニューの元
筋力強化を行なっています。

しかし、
筋トレは必要ないという
議論があることも事実です。

はじめに断っておくと
私は筋トレはあったほうが
良いと思います。
しかしやり方や考え方を
誤って行なってしまうと
パフォーマンスを下げる結果に
繋がるとも考えています。

そもそも筋トレは
プレーにおいて使う
筋肉を鍛えることで
パフォーマンスアップを
行なったり怪我の予防を行なったりする
という役割があります。

その筋トレの方法は
あなたもご存知の通り
筋肉に負荷をかけることで
鍛えていくため
筋トレの正しい姿勢や形は
体にとっては「きつい」体勢になります。

例えば
仰向けの状態から
起き上がっていく
一般的な腹筋を行うにしても
正しく行うには
反動をつけずに行うことが
必要になってきます。

しかしこの動作のみを切り取ってみると
反動をつけようがつけまいが
体を起き上がらせるという現象に
何も変わりはありません。

つまり効率よく楽に起き上がろうと
思えば反動をつけたほうが
はるかに楽であり効率がよくなるのです。
(もちろん筋トレの効率は落ちます)

ではこれを野球のプレーに
置き換えてみるとどうでしょうか?

野球のプレーは
速い球を投げるにしても
打球を遠くに飛ばすにしても
いかに効率よく体を使い
効率の良いフォームで
ボールに力を伝えるかが
重要となります。

そこに負荷をかける
という概念は存在しません。
何故ならばそれはプレーにおいては
無意味なものだからです。

そのため
プレーを行うにあたっては
助走をつけたり
テイクバックでためを作ったり
体重移動を使って反動を使ったり
して効率よくスムーズに
プレーを行おうとします。

だからこそ
野球に最も必要なことは
いかに少ない力で効率よく
大きな力を出すのか?
ということになります。
こうして考えると
筋トレの正しい方法とは
真逆にあることが分かると思います。

ただ最初にも話したように
筋トレは必要なトレーニンングの
一つです。
それはいくら小さい力を大きく
しようとしても限度があるからです。

やはりある程度の筋力は
備えておくに越したことはありません。
その上で効率よく力を伝える
動きをすることができれば
その相乗効果はとても高いものと
なるでしょう。

そのため
気をつけていただきたいことは
筋トレをすることによって
感覚が鈍くなり
本来もっと効率よく力を伝える方法が
あるにも関わらず
筋トレを行うことで身についてしまった
筋肉に負荷をかける体の使い方が
染み付いてしまうことです。

この感覚は筋肉がつけばつくほど
筋肉でカバーをしてしまうため
鈍くなっていってしまうでしょう。

あなたもこうしたリスクがあることを
頭に入れて練習に取り組むようにしましょう。

あたなのフォームは効率良い
スイングができていますか?↓

苦手なボールを打つには?〜最低限のことを行なっていますか?〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングには
人それぞれ苦手なコースや
得意なコースというものが存在します。

例えば
インコースが得意な選手は
アウトコースが苦手だったり
低めが得意で高めが得意だったり
といったケースがあります。

この苦手なコースを
減らしていき得意なコースを
増やしていくことができれば
打率が上がっていくことは
想像がつくと思います。

バッティングの指導を
しているとこうした質問を
よく聞きます。

「インコースが苦手なのですが
どうやったら打てるようになりますか?」

自分の苦手なところを
知っているということは
まず大事なポイントではあると
思います。

それを知らなければ
まず質問をすることもできません。
しかしこうした質問をするのも
良いのですが
そうした質問をする前に
まず確認をすることがあります。

大前提として
その苦手なコースを打つ練習を
徹底して行なっているか?
ということです。

もちろん質問をされれば
アドバイスを送ることは
いくらでもできます。

なぜならばそこには間違いなく
フォームにおいて修正すべき点が
あるはずだからです。

しかし
インコースが苦手ですという割に
どんな練習をやっているのかを
聞くと意外と何もやっていない
という選手が多いのです。

練習の仕方がわからない
という選手もいるかもしれませんが
何も特別なことをする必要は
ありません。

ただひたすら
素振りでインコースをスイングする練習や
インコースに投げたトスを打つ練習
もしくはピッチャーにインコースを
投げてもらいそれを打ち返す練習を
すればいいのです。

多くの選手が
こうした基本的なことをせずに
どうやったら打てるかということを
質問してしまいます。

変化球でも同じことが
言えます。
変化球が苦手だという選手は
しっかりと変化球を
打つ練習をしていますか?

それをしていないにも関わらず
質問をしてしまうと
指導者の方から
・目線をぶらさない
・突っ込まない
・タイミングを合わせる
といった技術的な指導を
いくら受けても打てるようには
なりません。

なぜならば
打つためには頭だけではなく
体を動かさなければ
いけないからです。
スイングもせずに
話を聞くだけで苦手なコースが
打てるようになるのであれば
誰も苦労はしませんし
話をするだけで選手を
上達させることができるコーチもいません。

何回も何回も繰り返し
スイングを行なって
体を動かしていって初めて
スイングは改善していきます。

そうした反復練習を
行なってもいっこうに上達せず
打てない時に
初めてアドバイスを求めるように
してみましょう。

おそらく
何にもせずにアドバイスを
もらった時よりも
アドバイスの意味がわかりやすく
また、遠回りなようで確実に
そのほうが成長が早いはずです。

あなたもまずは
インコースが苦手であれば
インコースの
高め低め真ん中と
それぞれ徹底的に
素振りを行なったり
ティーを行なったりしてみるように
しましょう。

「できない」を楽しむ?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球を始めたばかりの頃は誰しも
・バッティング
・守備
・走塁
・ピッチング
それぞれにおいて
できないことばかりであるため
少しずつ練習をしていくだけでも
下手になることはなく
どんどん上達をしていきます。

その上達が楽しくて
野球を続けていくという人も
多いでしょう。

しかし、ある程度初心者から
レベルが上がっていくと
少し練習したくらいでは
上達をしなくなってしまいます。

または上達をしているのに
上達のスピードが遅くなるため
本人がそれを感じられない
といった状態になることがあります。

さらにレベルが高くなった
高校生や大学生などは
練習をしているのに逆に下手になったり
今まで出来ていたことが
気づいたらできなくなっていたりする
といったことも起こってしまいます。

このような状態になってしまうと
野球が嫌になり練習をすること自体が
辛く感じてしまうでしょう。

やはり誰しも辛い練習をすることで
上手くなるから野球が楽しく感じられ
だからこそ野球を続けていけるのです。

ですが
このような「伸び悩み」は
どのようなスポーツをやっていても
訪れるものです。

この伸び悩みの状態を
脱却しさらなるレベルへ
いくにはどうしたら良いのでしょうか?

もちろん正解はありませんが
私が考える伸び悩み期の
過ごし方は
「できないことを楽しむ」
という考え方です。

誰しもできないことはあります。
そしてできないことがあると
できるようになりたいと
心から思うはずです。
それがあなたが一生懸命取り組んでいる
ことであればなおさらです。

ではできるようになるには
どうすれば良いのでしょうか?
バッティングであれば
下半身強化
タイミングの修正
バット起動
フォームの改良

ピッチングであれば
リリースポイント
柔軟性
フォーム
下半身強化

このようにチェックすべきポイントは
いくらでもあります。
これら全てを見直し
できるようになる為の
プランを考えてみませんか?

プロ野球選手を参考にしてみたり
信頼できるコーチに指導を仰いだり
練習の方法を変えてみるなど
自らプランを考えていきましょう。

そうしたプランを実行する中での
試行錯誤は案外楽しいものです。

そうしてプラン通りに
自分の思い描いたプレーが
できるようになった時
あなたはさらに野球に
のめり込んでいくことでしょう。

大事なことは
「できない」にチャレンジすることに
楽しさを見出すことで
それ自体も野球の一部だと
楽しむことです。

もちろん
一つのことができるようになれば
また新たな「できないこと」に
出会うはずです。
野球を続ける以上
ここからは逃れることはできません。

しかし、常に探求心を持ち続け
挑戦を楽しむことができるのであれば
限りなく高いレベルまで
到達することができるでしょう。

もし今伸び悩んでいると
感じているあなた
この瞬間を成長するチャンスだと
捉えて「できる」ようになる
為の過程を楽しんでみてはいかがですか?