守備基本練習Part5 止まったボールに捕球姿勢を作る練習!

〜練習方法説明〜

ボールを地面に置いておき
ある程度距離をとったところから
そのボールに対して
ダッシュを行い捕球姿勢を作っていきます。

これはボールに対しての
距離感と捕球のタイミング
掴むことができる練習です。

またよく守備は「足」で
捕球をすると言われますが
ボールを待つのではなく
自分の足を使ってボールを
捕球しにいく練習にもなります。

この止まったボールに対して
良い形が取れなければ
動いているボールを正確に
捕球することはできないので
ノックのボールがうまく捕れない
という選手はここから始めましょう!

最初のうちは
20〜30回ぐらいを行い
正しい形を体に覚えこませていきましょう。

(この練習はこちらで詳しく解説しています。)

*プロ野球選手も基本動作の確認に
行なっている練習で
小学生から高校生までに
一番やってもらいたい練習です!

→part6横への動きサイドステップ

←part4ショートバウンド練習3へ

守備練習TOPへ