まずは守備の基本姿勢から!

守備を行う上でまず
必ず大切にして欲しいことは
ボールを捕球する時の姿勢です。

 

この捕球姿勢ができていなければ
エラーしてしまう可能性が高くなるだけでなく
送球にも繋がりにくくなってしまうのです。

 

今回はそうした守備に欠かせない
捕球姿勢の基本姿勢について
お伝えしていきます。

 

まずなぜ捕球姿勢が重要かというと
先ほどもお伝えした通り
正しい姿勢をとると
打球を捕りやすく、送球もしやすくなるからです。

 

野球はフライ以外の場合は
ボールを捕った後に
送球をしなければなりません。

 

つまりボールを捕って終わり
ではなく次の送球までを完璧にこなして
初めてアウトが一つ取れるのです。

 

そのため捕球姿勢は捕りやすい
だけでなく投げやすい姿勢である
必要があります。

 

その姿勢は基本的には
一つしかありません。
それが股割りの姿勢です。

 

プロ野球選手を見ても分かる通り
投げ方や打ち方にはそれぞれ
特徴があるものの
捕球の形はほとんどの選手が
同じ形、同じ姿勢で行なっています。
つまりその姿勢が一番
効率の良い姿勢だからです。

 

まずは肩幅よりやや足を広げ
腰を落としていきましょう。

 

この時に膝が内側に入って
しまわないように
注意をします。

 

膝が内側に入ってしまうと
うまく腰を落とすことができないため
腕を動かせる範囲が狭くなってしまいます。

これでは捕りづらい姿勢に
なってしまうので
しっかりと膝を外側に開くように
していきましょう。

また
前傾姿勢を作ることで
頭が下に向きすぎてしまうことにも
注意をしましょう。

 

頭を落としすぎることで
バランスが悪くなり
捕球が安定しなくなることと
送球のためにもう一度
顔を上げる必要があるので

 

モーションの中での
上下運動が大きくなり
ミスをする可能性が高くなってしまいます。

次に上半身が
地面と平行になるように
骨盤を前傾させ
体全体も前傾姿勢をとっていきましょう

 

この時にお尻を落としすぎずに
逆に少し上に上げるのが
正しい姿勢を作るコツです。

 

お尻を少し上げることで
自然と骨盤が前傾し
良い姿勢を作ることができます。

 

この姿勢を作ることで
グローブを動かす手の
動かせる範囲が広くなり
捕球の確率が高くなります。

またそれだけでなく
この姿勢は地面を強く
踏ん張ることができる姿勢のため
送球にスムーズに入っていきやすくなります。

 

そして一番大切なことは
この基本の姿勢で捕球をするために
ボールを追っている段階から
低い姿勢を作っていくことです。

 

上体が浮いた状態で
ボールを追いかけてから
捕球の時だけ体を低くすることは
できません。

 

スムーズな動きをするためにも
走り出しから注意をしましょう。

→part1基本姿勢と両手捕球

←守備練習ページTOP

←練習方法ページTOP

TOP