バッティング練習part9〜前足を開いてティーバッティング〜

〜練習方法説明〜

前足を外側に開き
ピッチャーに正対するような形で
構えましょう。
そのままノーステップでテイクバックを取り
スイングをしていきます。

ポイント①〜体を反らない〜
この状態でバットを出そうとすると
バットを腕だけで振ろうとしてしまう
選手は体を反ってスイングをしてしまいます。

それでは体幹が抜けてしまうので
体幹が抜けないように骨盤の前傾を意識して
振り切るようにしましょう。

ポイント②〜最後まで体を使い切る〜
インパクトにだけ強い力をかけようとしすぎると
スイングがインパクトで終わってしまいます。

それでは体を最後まで使いきれないので
必ず最後まで振り切り
背中が前に引き出されるぐらいまで
上半身をねじりましょう。
インパクトはあくまでも通過点という感覚です。

この練習を行うことによって
インパクトで体幹が抜けなくなり
力強いスイングを行うことができるようになります。

→part10八の字ティーへ
←part8バックステップティーへ
バッティング練習TOPへ