バッティング練習part2〜低め連続ティーバッティング〜

〜練習方法説明〜

バッティング練習part1の
低めティーバッティングと同じように
手の届くギリギリの所にトスをあげてもらい
それを打っていきます。

 

part2では
これをテンポよく連続で
行なっていきます。

 

ポイント①
連続ティーでも手先だけではなく
全身を使いフォロースルーが大きく
なるように最後まで振り切る

 

ポイント②
次のボールを打つために
バットを戻すときは
フォロースルーの勢いを利用し
ヘッドを上にあげたままトップの
位置までバットを戻す。


連続してこの低めティーを
行うためには
体重移動のタイミングと
腕のスイングのタイミングが
合わなければいけません。

 

またリズムよく次のスイングにいくためには
前のスイングの勢いを利用することが必要です。

 

腕の力だけでスイングをしてしまうと
手首をこねるだけになり
体全身が使えずにリズムも悪くなってしまいます。

 

全身を使ってフォロースルーを
大きくすることでリズムよく
連続でスイングができるようになるので
ぜひ意識してみてください。

 

この練習を行うことで
体重移動とそのタイミング
さらにフォロースルーも大きくなっていきます。

最初は3球連続を練習していき
慣れてきたら10球連続を目指していきましょう。

→part3膝つきティーへ

←part1低めティーへ

バッティング練習TOPへ