バッティング練習part11〜山なりティーバッティング〜

〜練習方法説明〜

山なりのボールを投げてもらい
それを打っていきます。

ポイント①〜体を浮かさない〜
カーブなど高いところから
落ちてくる変化球に対して身体が
伸び上がってしまうと
スイングをすることができません。

 

この練習も同様に
山なりのボールに対して
決して伸び上がってしまわずに
自分の打てるポイントにくるまで
ボールを引きつけて打つようにしましょう。

 

ポイント②〜トップを早めに作る〜
山なりのボールに対しては
早めに前足を着地させて
トップを作るようにしましょう。

そこで間を作り
ボールが自分のポイントまで
落ちてくるのを待ちスイングをしていきます。

 

この練習を行うことによって
変化球への対応と
間を作ることができるようになります。

←part10八の字ティーへ

バッティング練習TOPへ