バッティング練習part10〜八の字ティーバッティング〜

〜練習方法説明〜

スイングの前にバットを体の前で
八の字を書くようにクロスさせてから
テイクバックを取り
スイングをしていきます。

ポイント①〜体を大きく使って八の字を作る〜
八の字を書くときは手先だけで小さく
振るのではなく体全身を使って
ヘッドが走るように大きく振るようにしましょう。

小さく振ってしまうと
ヘッドの重みを利用する
感覚をつかむことができません。

ポイント②〜体の中心でバットをクロスさせる〜
バットを八の字でクロスさせるときは
体の中心でクロスさせるようにしましょう。

体の中心でクロスさせる理由は
最も力が伝わりやすい位置であるからです。

インパクトも意識としては
そのクロスさせたポイントで
捉えるようにすると力が入りやすい
ポイントを見つけることができます。

この練習を行うことによって
インパクトのポイントと
ヘッドの重さを利用したスイングの感覚
そしてヘッドの重さを利用した
スムーズなテイクバックへの入り方を
練習することができます。


→part11山なりティーへ
←part9前足を開いてティーへ
バッティング練習TOPへ