バッティング練習part1〜低めティーバッティング〜

〜練習方法説明〜

スタンスを広めに開き
足をあげずにノーステップで
スイングを行います。

 

トスは前足に体重移動をして
ギリギリ届くくらいの所に投げてもらいます。

 

ポイント①
軸足にある体重を
一気に前足に体重移動をし
その勢いをバットに伝えること。

ポイント②
バットの軌道は最短ではなく最速で

 

バットの軌道は
綺麗な曲線を描くと
最もスイングスピードが上がり
またボールの下を捉えやすくなることで
打球を上げることができます。

 

逆にバットの軌道を最短の直線に
してしまうとスイング効率が悪く
スイングスピードが落ちるだけでなく
打球もゴロになりやすく
凡打を打つ練習になってしまいます。

また軌道が下から出過ぎてしまっている選手は
スイング時にバットが地面に当たってしまうので
遠回りしないようにバットを体に引きつけましょう。

ポイント③
綺麗なバックスピンをかける

ボールに対して
バットが綺麗な角度で当たらなければ
綺麗なバックスピンがかかりません。

ボールに対して
ヘッドを立てて綺麗なバックスピンを
かけることが打球をあげることと
飛距離を伸ばすことに繋がっていくので
意識しましょう。

 

この練習を行うことで
体重移動とそのタイミング

 

また綺麗なバットの
軌道を覚えることができます

10×3セットが目安です。

 

→part2低め連続ティーへ

←part0バッティングの基本へ

バッティング練習TOPへ