【ラプソード】トラッキングシステム ピッチング解析-球速&回転数 チーム出張測定 

トラッキングシステムの
ラプソードを利用して
あなたチームを訪問し
投手陣の投球のあらゆるデータを
科学的に分析します!!

今だけお得なチーム契約キャンペーンは
料金表の下に掲載されています。

トラッキングシステムとは

野球において、
投球の「回転数や回転軸が計測できる」
という話を耳にしたことがある人も
いるのではないでしょうか。
球速のデータは野球中継でも
よく見られますが、
近年さらに詳細な投球データが
取得できるようになってきています。

その代表例が
回転数や回転軸です。
最近ではプロ野球界でも
トラッキングシステムが
浸透しプロ野球中継でも
投手の球速データ以外にも
ボールの回転数や回転軸などが
表示されるようになりました。

トラッキングシステムラプソード↓

ボールの「キレ」と「ノビ」の正体

ではなぜこのような球速以外の
ボールの回転数や回転軸のデータが
必要なのかというと
この回転数と回転軸により
今まで感覚的であった
ボールの「キレ」や「ノビ」を
数値化して見ることができるからです。

上の表は
主なプロ野球選手の
ストレートの回転数を表しています。

回転数を見ると
空振りを取れるストレートを投げる
選手はとても高い回転数のストレートを
投げていることが分かります。

回転数が全てではない

しかし、回転数だけが全てではありません。
以下の表はボールの変化量を表しています。

この表の縦の変化量を見ると
吉田輝星投手のストレートは53cm
高校生の平均は32cmとなっています。
つまりこれは
高校生の平均に対して
吉田投手の方が21cmも
高いところをボールが通過している
(ボールが落ちない)
ように見えるということです。

これがボールがホップして
見える原因であり
ボールのキレやノビの正体です。

だだしここで注目してほしいことは
吉田投手とダルビッシュ投手の
回転数とボールの変化量の関係です。

吉田投手の回転数と縦の変化量は
2125rpm・53cm
これに対しダルビッシュ投手は
2700rpm・44cm
となっています。

このようにしてみると
ダルビッシュ投手の方が
回転数が多いのに
なぜ吉田投手の方が
縦の変化量が多いのかと
疑問に感じるかもしれません。

ここには
ボールの回転軸が関わっています。
地面に対して回転軸が垂直に
なっているほどシュートがしづらく
縦の変化量が大きくなります。

逆にこの回転軸が傾くほど
縦の変化よりもシュート気味の
横の変化量が大きくなります。

もちろん他にも様々な要素がありますが
こうした回転数や回転軸などの
微妙な個人差により
ボールの変化量は変わってくるのです。

コンディションや成長を把握できる

また個人によってもコンディションによって
ストレートの球質に大きな影響が現れます。
田中将大投手の2016年と2017年の
ボールの変化量を見ると
2016年のストレートの方が2017年に比べて
縦への変化量も横への変化量も高いことが
分かります。

特に縦の変化量に関しては
10cmもの差が出ているため
バッターからすれば打ちやすく感じることでしょう。

実際に成績を見てみると
2016年 防御率3.07 14勝4敗
2017年 防御率4.74 13勝12敗

このように明らかな差が出てしまうのです。

ラプソードを利用するメリット

ラプソードを利用することで
こうした
・球速
・回転数
・回転軸
・ボールの変化量(ホップ成分など)
など全ての
データを知ることができ
自分のコンディションを確かめたり
球質改善を試みたりまたは成長に向けて
フォームの改良を行うことができます。

近年ではプロ野球全球団で
このトラッキングシステムが採用され
投手の育成に役立てられています。

また最近では強豪と呼ばれる高校や
毎年プロ野球選手を輩出している
東京六大学でもトラッキングシステムの
ラプソードが採用されており
投手育成の大きな武器となっています。

活用例1球速アップに

ラプソードを使い球速を
定期的に測ることで目標が
建てやすくなります。

ある強豪大学では
Aチームに入るための最低限の球速として
140kmを設定するとその目標に対して
投手陣でラプソードを利用して
切磋琢磨した結果予想外に多くの
選手が目標をクリアしてしまったため
145kmに設定をし直しました。

さらにその145kmの設定を超える投手も
増えていき最終的には150kmを投げる
ピッチャーが3人以上いるという
大学球界でも屈指の投手陣を築くことに
成功しました。

活用例2球質を知る

ラプソードの最大の特徴は
球速以外にも回転数や回転軸などの
詳細なデータを取ることができるということです。

これにより球速は速いのに
空振りが取れない原因や
球速は遅いが空振りが取れるという
理由を知ることができ自らの
ピッチングスタイルを
追求することができます。

例えば、、、
球速が速いのに空振りが取れないという選手は、
ボールの回転軸や回転数に問題が
あるかもしれません。
こうした場合は三振よりもゴロアウトを狙う
ピッチングスタイルが合っているかもしれません。

実際に150kmを超えるストレートを持っているのに
なぜか活躍ができなかった投手が
ラプソードの測定により自分のボールの
回転数と縦の変化量が少ないことを知り
無理に空振りを奪うスタイルから
低めやインコースに投げ込み詰まらせて
ゴロアウトを奪うスタイルに変更したところ
見事にそれがハマり大活躍を遂げました。

また逆に球速は遅いが空振りを取れるという選手は
通常のストレートよりもホップ成分が高い
ストレートを持っているので三振やフライアウトが
欲しい場面での登板で輝きを放つ
可能性があります。

またメジャーリーグでも
全く活躍できていなかった投手が
トラッキングシステムによりスライダーの
回転数や変化量がMLBの平均を
大きく上回っていることを知り
スライダーを多投するスタイルに
変更したところ一気に活躍をする
ということが起きています。

活用例3ワンランク上の活用法

~感覚と数値の融合~
ただ数字を測定するだけでも
自分を知ることには繋がりますが
さらなるレベルアップをするためには
感覚と数値を掛け合わせることが重要です。

「どのような感覚」
で投げたら
「どのようなボール」が行くのか?

例えば「力んで投げた時」と
「力を抜いて投げた時」のボールには
どのような違いがあるのかを
ラプソードを利用することで
数値として知ることができます。

このように一球ごとに感覚と数値を
すり合わせることで球質が磨かれていき
最高のボールを追求することができます。
実際にプロ野球選手もこのようにして
ストレートの質を高めているのです。

定期的な測定が投手の成長に繋がる

自身のボールの特徴を知ることが
パフォーマンスアップに大きく繋がるため
トラックマンを利用し定期的な測定を
行うことでより質の高い練習を行うことができ
また指導力の向上にも役立ちます。

さらに
目に見える数字があることで
投手は目標が建てやすく
モチベーションも高めやすく
練習効率も上がっていくことでしょう。

ラプソードでできること

【測定可能なボール】
硬式球と軟式球
※軟式球の場合は縫い目を
色で塗る必要があります。

【ピッチング解析プラン】

あたなのチームのグラウンドに訪問し
ラプソードを利用して
投手の投球データの測定を行い
データに関しての解説を行います。

注意点
測定には最低14〜15mの長さが必要です。
また屋外利用の場合雨天時は機械の
故障の恐れがありますので
中止とさせていただきます。

対象年齢
小学生以上〜社会人

料金

1回15,000円(税込)
(5人まで計測可能です。
6人目以降は1人2,000円)

交通費別途

 

※初回のみお試し利用可能です。
お試し利用は1回10,000円にて
対応させていただきます。
(交通費別途)

2チームのみ先着契約キャンペーン
(東京近郊チーム限定)

東京近郊にあるチームで
ラプソードの定期計測契約を
希望される場合
先着2チームのみ下記特典にて
契約をさせていただきます。

特典1
初回無料
特典2
翌月以降1回10,000円(税込)
(交通費別途請求)
特典3
チーム登録料無料

条件
契約期間は最低1年間
とさせていただきます。

お支払い方法
現金もしくはお振込にて
お願いいたします。

お申込み方法
下記お問い合わせフォーム
もしくはお電話にて
トラッキングシステムの利用
もしくはピッチング解析プランの利用と
お伝えください。

電話番号090-9967-5536

※メールアドレスはお間違いのないように
お願いいたします。
携帯のアドレスの場合設定により
こちらからの返信をお客様が受信できない場合が
ございますのでパソコンのアドレスがおすすめです。

こちらからの返信がない場合は
再度メールアドレスをご確認いただくか
お電話にてお問い合わせください。