ピッチャー回転数と回転軸


こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。
最近では投手の投げるボールを数字で
表す方法は球速だけではなく
「回転数」という言葉がよく聞かれるように
なってきました。
この回転数とは
投手が投げたボールが
1分間あたりどれくらい回転するか
ということを表しています。
単純に言えばこの回転数が
多ければ多いほど
ボールに揚力が働くため
落ちづらく伸びのあるボール
ということになります。
プロ野球の選手ですと
平均で2200回転ほどと言われています。
さらにキレが良いと言われたり
ストレートで空振りをたくさん取れるような
選手は2400~2700回転くらいかそれ以上の
ボールを投げているそうです。
面白いことはこの回転数は
球速とは相関性があまりないということです。
例えば日本人最速の165kmを投げた
大谷選手のストレートの回転数は
2200回転と言われておりNPBの
平均と大差がないのです。
対して先日引退をした
上原選手は2400回転
さらに阪神の藤川選手も全盛期は
2700回転と球速は大谷選手には
劣るものの回転数では大きく上回っている
という選手は数多くいるのです。
大谷選手は空振りを取ることが
少ないと言われていますが
上原選手も藤川選手も
真っ直ぐで空振りを取っている
イメージが強いと思います。
つまりストレートの場合
球速よりも回転数が
多い方が空振りを取りやすい
と考えることができそうです。
またさらに深い話をすると
回転数だけではなく
「回転軸」という考え方も
良いストレートを投げる上では
重要になってきます。
回転軸とは
ボールの回転の軸どのような角度で
回転しているかということで
水平面に対しての角度で表されます。

水平面に対して垂直に
バックスピンをしていると
重力に対してまっすぐ揚力が
働くため落ちづらいストレートとなりますが
逆に回転軸が垂直から傾いてしまうと
シュート回転もしくは反対方向に傾けば
スライダー回転になってしまうので
ピッチャーにとってはあまり良いと
されてはいません。

そのためせっかく球速も早く
回転数も良いのに
回転軸がシュート気味だと
思ったより球が伸びずに
バットに当てられてしまう可能が
出てくるのです。
ですがほとんどの場合
右ピッチャーの場合は右に
左ピッチャーの場合は左に
回転軸は傾いているものです。
その傾きを極力少なくすることが
できれば落ちづらい伸びのある
ストレートを投げることに繋がっていきます。
そのポイントとして考えたいことは
リリース時の手首の角度です。

画像左のように手首の向きが傾いて
しまうと回転軸の傾きもずれてしまう可能が
高いですが右のように手首の向きが
水平面に対して垂直になっていると
回転軸もずれが出づらくなっていきます。
もちろん
それぞれのピッチャーに
特徴があるので一概に
回転軸や回転数がよければ
いいということはありません。
上の画像もどちらがいいというわけでは
ありません。
また無理に回転軸を腕や手首だけで
コントロールしようとしてしまったり
無理やり垂直に腕を出そうとしてしまうと
フォーム全体のバランスが崩れてしまったり
下半身との連動がうまくいかなくなってしまったり
する可能性があるので危険です。
大切なことはあくまでも数字として
自分のボールを知っておき
改善のためのヒントとすることだと
思います。
ストレートで空振りが取れない
という選手は
回転数が足りないのかもしれない
→回転数を上げるためには?
回転軸がずれて
シュート回転しているかもしれない
→シュート回転を直すには?
回転数が少ないから
ゴロを打たせるピッチングを
してみよう
というように考えて練習してみると
良いかもしれません。
ラプソードを使って
あなたのボールの回転数や回転軸を
調べてみませんか↓