ストレッチ&怪我予防

下半身上半身のストレッチは
可動範囲が広がることで
怪我の予防ができるだけでなく
パフォーマンスアップにも繋がります。

柔軟性は毎日行えば
誰でも必ず向上するので
練習の日だけではなく
日々行うようにしましょう。

肩周りの筋肉を補強する効果と
肩を温める効果があります。

キャッチボール前や
平日も続けて行うことで
怪我の予防に
繋がるので必ず行いましょう。

また肩周りの補強と可動範囲を
広げることで遠投や球速UPの
効果もあるので可動範囲を広げる
ように体を大きく使って行いましょう。

①伸脚

伸脚はバッティングやピッチングの
体重移動の動きにも繋がるので
大切にしましょう。

ポイント
・つま先を掴む
・伸ばしている脚は
つま先を上に向ける
・曲げている脚は踵を地面につける

開脚をするためには
足の裏の筋肉を柔らかくする必要が
あるので足の裏が伸びるように
必ずつま先を上に向けましょう。

回数・20往復

②開脚1

ポイント
・座っているときは両肘を
地面につける
・つま先を立てる
・膝を伸ばす
・骨盤を立てる
(背筋を伸ばす)

地面にお尻をつけて
行うと背中が丸まりやすくなり
骨盤が後傾してしまうので
2人1組で補助を行う人が
自分の膝に乗せてあげましょう
(1人で行う場合も
背筋を伸ばすことを意識)

回数・10回

③開脚2

ポイント
・つま先を立てる
・膝を伸ばす
・骨盤を立てる
(背筋を伸ばす)

つま先をタッチするのと
肘を地面につけるのを
交互に行いましょう。

回数・左右10回ずつタッチ

③開脚3

ポイント
・180度回転させる
・なるべく膝を伸ばす

理想の開脚姿勢

背中は丸めずに背筋を伸ばす

静的なストレッチ
(スタティックストレッチ)を
行う時は20秒ほどすると
腱にある器官が筋肉を伸ばすように
働くので反動をつけずに
じっくりと伸ばしていきましょう。

股関節の動きを良くし
体の連動性をあげるメニューです。
肘が足につかない人は
つくようになるまでは
足首辺りをタッチするようにしましょう。