走力アップ

足を速くするには
・正しい姿勢、フォームの理解
・瞬発系トレーニング
以上が必要です。

正しい姿勢

まず速く走る上で
真っ直ぐな姿勢を
作ることが大切です。

まっすぐな姿勢を保つことで
体は地面からの力を強く
受け取ることができます。

逆に曲がった姿勢を
作ってしまうと
地面からの力を逃してしまうため
前に進む力が弱くなってしまうので
注意をしましょう。

真っ直ぐな姿勢を作る方法は
身長を測る時のように
壁に頭をつけることです。

その姿勢をキープしたまま歩き出し
10mほどしたらその体勢のまま
軽く走ってみましょう。

走り出した時に
正面から見て
体幹部分の面積が狭いと
姿勢が崩れてしまっているので
胸を張るように体幹部分の面積を
広く保つことを意識しましょう。

正しいフォーム

速く走るには
フォームも大切です。
ポイントは3つ
①体の真下に足をつく
②踵は地面につけない
③腕を大きく連動させる

野球選手は
過度に前傾して走る傾向が
ありますが守備以外では
あまり前傾をして走ってはいけません。

その理由は
前傾をすることで
正しい姿勢が崩れ
足が遅くなり、
さらに怪我をしやすくなるからです。

上の写真
左のボルト選手を見ると
真っ直ぐな体の軸の真下に
足を着いておりさらに踵が地面に
着いていないことが分かります。

一方右の野球選手を見ると
前傾姿勢により背中が丸まり
体の軸よりもかなり前に足をつき
さらに踵から地面に接地している
ことが分かります。

これにより地面からの反発力が
失われ筋肉の力だけで前に
進まなければいけなくなります。
こうすると肉離れなどのリスクも
高まるので注意しましょう。

踵をつけずに真下に着地する理由は
縄跳びや空き缶を潰す時を
イメージすると分かりやすいです。

縄跳びで高く連続で
飛ぶためには
つま先側から地面に
接地した方がやりやすく
踵から体の真下以外で地面に
接地するとやりづらいです。

また空き缶を足で潰そうとするときも
強く踏み込めるのは
体の前ではなく体の真下です。

走るという動作も
地面を速く強く踏む
必要があるので
必ず踵を上げてつま先側から
体の真下に踏み込むようにしましょう。

怪我に繋がりやすい走り方↓

瞬発系トレーニング

トレーニング1〜両足ジャンプ〜

こちらの練習は
まっすぐな姿勢を保ち
できる限り地面についている時間を
短くして取り組んでみてください。

かかとが地面についてしまうと
素早く飛ぶことができないので
注意です。

この練習を行うことで
素早く高く地面から飛ぶ
意識を作ることができます。

素早く高くジャンプができるほど
足は速くなっていきます。

この練習では速く走るために
重要なふくらはぎ(腓腹筋)あたりを
強化することができます。
またアキレス腱にも
負荷がかかりますので
トレーニングを行う前には
怪我をしないように
十分にアップとストレッチを
行うようにしてみてください。

また負荷のかけすぎは怪我の
原因にもなりますので
特に体重のある選手は
やりすぎには注意しましょう。

注意点

①体を反らない
②足の裏を後ろに向けない
③空中でも真っ直ぐを保つ
④踵をつけない

トレーニング2〜踏み込みトレーニング〜

こちらのトレーニングは
先ほどのジャンプトレーニングよりも
走るフォームに近づいた形での
練習です。

先ほどと同じように
まっすぐな姿勢を意識し
踵を地面に
接地させないように意識をします。

さらに踏み込む位置を
体の真下にすることを強く
意識してください。

速く走るためには
強く地面を踏む必要があります。
そのためには体の前や後ろに
足を下ろすのではなく
真下に下ろすことが重要です。

この練習を固い地面で行い
強く地面を踏めば踏むほど
大きな音がなります。
その音が強くなるほど
地面を強く踏み込むことが
できていますので
前に進む力に繋がっていきます。

トレーニング3〜サイドジャンプ〜

瞬発力を高めるトレーニンングです。
真っ直ぐな姿勢を意識して
連続でジャンプしましょう。

地面に着地してから
踵をつけずに
すぐに次のジャンプを行いましょう。

回数は連続で20回を1セットとし
2~3セット行いましょう。