親子で取り組めるメニューpart4 ~ボール交換1~

〜練習方法説明〜

2~3mほど相手と距離をあけて
下からのトスでキャッチボールを行います。
この時に2人ともボールを持っておき
同時にボールを投げ
相手の投げたボールをキャッチします。

ポイント1
〜相手とタイミングを合わせる〜

バラバラのタイミングでボールを
投げてしまわないように
相手の動きをよくみながら
タイミングを合わせて
ボールを投げていきましょう。

ポイント2
〜相手の捕りやすいところに〜

ボールを捕ることだけに
気を取られていると
自分が投げるボールが相手に
まっすぐ向かっていきません。

相手が投げてくるボールにも
注意を払いつつ
まずは相手が捕りやすいところに
ボールを投げてあげましょう。

 

この練習を行うことにより
ボールへの反応能力
力を調整し正確に相手にボールを投げ
さらに相手と同調をするための
定位能力や連結能力、リズム能力
を鍛えることができます。

練習の目安
10球×2セット

鍛えられる能力

定位能力
反応能力
連結能力
リズム能力

→part5ボール交換2へ

←part3ランダムボールキャッチへ

親子で取り組めるメニューTOPへ