野球だけでなく一人の人間として
立派な成長をして欲しい

 
私は小学生の頃から大学までの間
選手として15年間色々な人と関わってきました。
監督、コーチ、チームメイトたち
そして選手を引退し指導者となってからも
様々な選手やその保護者の方々たちと
向き合ってきました。
 
その中にはプロ野球選手となり
夢を叶えた選手もいれば
プロを目指していながらも
残念ながら夢叶わなかった選手もたくさんいました。
 
またそうしたプロを目指した
選手たちだけではなく
指導者を目指していた者
社会人野球選手へとなっていった人たち
など様々でした。
 
しかしそうした
野球を中心として生きていこう
とする人たちは私が関わった中でもごくわずか
の限られた人たちだけでした。
 
そうした選手たちとそうなれなかった選手たちの
違いはなんだったのかと考えた時
それはまず一人の人間として
どのように野球と向き合い
成長をしていったか
ということがとても重要です。
 
色々な人と関わる中で
やはり同じ野球をやっていても
技術以前に一人の人間として
弱さが出てしまうという人が
思った以上にたくさんいることに気がつきました。
 
もちろん完璧な人間など
いませんし私も弱いところが
あります。
 
弱いところとは
例えば最低限の礼儀ができなかったり
ルールを守れなかったり
勉強との両立ができなかったり
といったところです。
 
そうした部分は
野球への向き合い方にも
影響を及ぼします。
 
もちろんそれが全てではなく
勉強ができなくても
野球選手として
立派に成長をし
尊敬することができる
選手もたくさんみてきました。
 
 
しかし、先程話した野球を中心として
生きていける人たちはごくわずかです。
 
大切なことは選手として人間として
野球だけで終わってはいけない
ということです。
 
そうした弱い部分にしっかりと向き合い
成長をすることができている選手は
野球を離れても仕事や人間関係など
あらゆる面で素晴らしい活躍をしています。
 
またそうした成長ができている選手が
不思議と野球でも活躍ができていました。
 
人間は流されやすい生き物です。
 
小学生の頃は
純粋にプロ野球選手を目指していても
歳を重ねチームが変わりチームメイトや指導者など
環境が変わり自分自身の考えが変わっていくと
どうしても考え方がぶれていってしまいます。
 
そうした時に
良い方向に変わっていくか
悪い方向に変わっていくかは
自分自身や保護者の方の力も
ありますが
 
やはり第3者の関わりがとても重要です。
 
そうした時に
私たちが野球を通して
一人の人間として選手たちが
良い方向へと変わっていく道しるべと
なれればと思います。
 
もちろん
野球の指導に関しても
それは同じです。
 
指導者次第では
持っている可能性を
良い方向にも悪い方向にも
変えてしまいます。
 
私は大学までの15年の野球人生の中で
常に後悔の連続でした。
 
「あの時こうしていれば」
「もっとこうしていれば」
 
ということが上のレベルに行き
野球の知識や技術が高まって行けばいくほど
増えて行きました。
 
そのような経験をこれから
野球を始める選手や
今まさに練習に取り組み
プロ野球選手を目指している
選手にはして欲しくはありません。
 
進路のこと
勉強のこと
選手として目指す方向
チームのこと
指導者との関わり方
 
色々な悩みがあると思います。
 
そうした悩みや後悔をさせないためにも
その経験の全てを関わった選手に
伝えていきたいと思います。
 
そうして野球を通して
立派な人間へと育っていく
力に少しでもなれればと思います。