先の塁を狙う姿勢

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

走塁のうまさ≠足の速さ

強いチームに共通することとして
走塁のうまさがあります。
この走塁のうまさは必ずしも
足の速さではありません。

足の速い遅い関係なく
常に先の塁を狙う姿勢を見せているか
どうかが走塁のうまさに直結します。

野球は点を取り合うゲームであり
いかに塁に出塁し先の塁へランナーを進めて
得点に結びつけるかが勝負のカギとなります。
時にはバントのように一つのアウトと引き換えに
ランナーを次の塁へと進めるさせることがあるほど
次の塁へ進むということは重要です。

しかし進塁の方法はそれだけではありません。
例えばシングルヒットの打球でも相手の守備に
少しでもミスがあれば2塁をおとしいれたり
相手のパスボールの間に進塁をすることができます。
ですがそうした少しのミスやチャンスで進塁の
スタートをきれるかどうかは選手の判断力と準備に
かかっています。

そしてこの判断力と準備こそが
走塁のうまさのカギとなるのです。

判断力と準備

まず判断力は
スタートを切ってアウトになるか
セーフになるかを瞬時に判断できる能力です。
・自分の走力
・相手の肩
・打球方向の正確な判断
・ボールと野手との距離感
これらを計算に入れることで
スタートが切りやすくなってきますが
この判断力を磨くにはある程度の
経験が必要となるでしょう。

どのタイミングであれば
アウトになるのか?
どの場面であれば
セーフになるのか?
これらは走ってみて経験しなければ
分からないところもあります。

その為
試合に出ており
出塁する確率の高い選手が
走塁が上手いことが多く
逆に試合経験が浅い選手ほど
こうした判断能力が低くなっています。

試合経験が少ないという選手は
自分が出ていない時も
自分であればこうする
というイメージを持って試合を
見ることができると
いざ自分が試合に出て塁に
出た時に役にたつことでしょう。

そして次に大切なのが
準備です。
この準備は予測とも関係があります。

例えば
シングルヒットを打った後
外野手がファンブルする可能性がある
と予測ができていると
進塁の準備としてスピードを落とさずに
オーバーランを大きくとり
実際にファンブルをした瞬間に
スタートを切ることができます。

この他にも
投手が投げる一球一球に対して
パスボールやワイルドピッチがあるかもしれない
という予測を建てて第2リードを取ることが
できているとスタートを切る準備は完璧となり
進塁の可能性が高くなるでしょう。

逆にこの予測と準備ができていない場合
相手のミスをみてから慌ててスタートを切るため
オーバーランや第二リードも小さく
さらには咄嗟の出来事でスタートも遅れてしまう為
進塁を試みてもアウトになってしまったり
そもそもスタートをきれなかったり
してしまうのです。

予測と準備が生んだ好走塁

先日甲子園をみていると
このようなプレーが起きました。
0アウトランナー1塁の場面で
サインはバント。

ここでバッターがキャッチャーのバックネット裏に
ファールフライをあげてしまいます。
これをキャッチャーがダイビングキャッチで
捕球しファインプレーとなりました。
このままでは攻撃側はバントミスとなり
進塁ができません。

しかし、1ランナーは
キャッチャーがファールフライを捕った瞬間に
2塁へとタッチアップを行ったのです。
キャッチャーも起き上がりすぐに
2塁へ送球を行いましたが結果は
セーフでランナー2塁となり
バントが成功したのと同じ状況となりました。

こうした好走塁をすることができたのも
予測と準備と判断力が働いています。
まずキャッチャーフライが上がった瞬間に
タッチアップできるかもしれないと
予測しベースに戻ってタッチアップの
準備を行います。

そしてキャッチャーがバックネット方向に
ダイビングキャッチをしたことで
体勢が悪くなったと判断し思い切って
スタートを切りました。

結果的にこのランナーは
ホームまで帰ってきて貴重な追加点となり
勝負を決めてしまいました。

このようにどんな状況にあっても
予測を建てて準備を行いスタートの判断を
することが走塁技術の向上へと繋がります。

チームの中でも
一人や二人走塁が上手いという選手が
いると思いますがチームとして勝つには
控え選手も含めて全選手がそれを徹底する
必要があります。

夏場は暑くて走塁練習はしづらい
かもしれませんが
冬場や秋口に一度徹底的に
あらゆる場面を想定した
走塁練習を実施するのも良いかもしれません。

マンツーマンレッスン行っています↓

1死ランナー1・3塁1塁ランナーにエンドランのサインpart2

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回1死ランナー1・3塁で
1塁ランナーにエンドランの
サインがでた場合の
ランナーの判断について
お伝えしていきました。

ライナー性の打球がセカンド方向に
飛んだ場合の1塁ランナーの選択としては
捕球をされ1塁へ戻ったとしても
タイミング的にアウトになってしまうので
抜けることを信じてそのまま走る
というのが正しい判断ということを
お伝えしました。

今回は3塁ランナーが
この時どうすべきかを考ええて
いきましょう。

3塁ランナーは
この場合エンドランではないので
スタートをきる必要がなく
バッターの打球をみてから
行動を起こすことになります。

ここでの選択肢は一見
3つのように感じるかもしれません。
1,ライナーバック
2,ハーフウェイ
3,タッチアップ

まずは基本通りライナーバック
これは自分がアウトにならないためには
当たり前かもしれません。
そして次にハーフウェイ
これは選択としては考えづらい
かもしれません。
最後にタッチアップ
これはそのまま外野に抜けていく
可能性もあるので
タッチアップに備えて
戻るという選択です。

こうして考えると
まずは3塁ベースに
戻るということがセオリーとなりそうです。

あなたもこの3つの
うちのどれかを選択したのでは
ないでしょうか?

もちろんこれも
間違った選択とは
言い切れませんが
実はもう一つの選択肢があるので
それは、、、

セカンド方向へライナー性の打球
が飛んだ瞬間に3塁へ戻らず
ホームへ突っ込むという
選択肢です。

一見暴走のように感じるかもしれません。
しかしこれにはしっかりとした
理由があり
成功すれば3アウトになっても
一点を取ることができる可能性が
あるのです。

野球のルールをよく理解
している人であれば気がついた
かもしれません。

この状況の場合
セカンドがライナーを捕球
した時点で2アウト
そして目の前で飛び出している
1塁ランナーを刺すために
1番近い1塁へボールを投げれば
3アウトを取ることができます。

しかしこの時3塁ランナーが
打球を見てスタートを切っており
1塁ランナーがアウトになる前に
ホームインをしていた場合
どうなるでしょうか?

実は3アウトをとられても
3塁ランナーが1塁ランナーよりも
先にホームインしていれば
この1点は得点として
認められてしまうのです。

野球のルールを知っている人であれば
なぜタッチアップもしていないのに
得点になってしまうのか?
と疑問に感じるかもしれません。

しかしながらよく考えてみてください。

タッチアップをせずにホームに
還ったランナーをアウトに
するためには何が
必要でしょうか?

それは
アピールプレーです。
通常のタッチアップでも
離塁が早ければ
3塁ベースを踏み
タッチアップが早いことを
アピールして初めてアウトが
成立します。
この時アピールをしなければ
ランナーはセーフになってしまいます。

これと同様に
この場面もセカンドが
1塁へ送球し3アウトをとったと
油断をして3塁ランナーのタッチアップを
アピールしなければ得点が
認められてしまうのです。

ルールブックの盲点と呼ばれる
このプレーは実際に甲子園でも
実現したプレーです。

つまりこのケースの場合
3塁ランナーは
1塁ランナーがエンドランで
飛び出しているため
とられてしまえば3アウトは確実です。
そうであれば3塁へ戻っても
意味がありません。
であれば
一か八かでタッチアップせずに
そのままホームへ
突っ込んでしまった方が
良いということになります。

もちろん
これがサードへのライナーの場合
飛び出してしまえば
自分がアウトになってしまうので
戻る必要があるでしょう。

またショートライナーは微妙なところですが
ショートがタイミング的に
1塁へ投げた方が確実だと判断し
1塁へ投げるモーションをした場合は
スタートを切っても問題ないでしょう。

では逆に
こうしたプレーを
守備側が防ぐためには
どうすれば良いのでしょうか?

もしも3塁ランナーの生還に
気づかずに1塁で3アウトを
とってしまいベンチに野手が戻ってしまうと
その時点で得点は認められてしまいます。

しかし、3アウトをとってしまった
後でもフィールドに野手が残っており
3塁ベースでアピールプレーを行えば
3アウト目を3塁ランナーに置き換えることが
できるのです。

その場合はボールを持って
3塁ベースを踏み審判へ
「3つ目のアウトを3塁でお願いします」
とアピールします。
これで第3アウトの置き換えが
成立し得点を防ぐことが
できるのです。

このプレーは最近では
有名になってきているため
やってくるチームもあるでしょう。
まずは自分たちが攻撃側として
実践していき
さらには守備側として防ぐ方法も
知っておきましょう。

セミナー動画です
公式LINE友達追加で
フルバージョンプレゼント中↓

1死ランナー1・3塁1塁ランナーにエンドランのサインpart1

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

強いチームほど走力があるものですが
走力がなくても走塁技術を磨くことは
どのチームでもできることでしょう。

そうした走塁技術の中には
優れた状況判断能力が
含まれていますが
複雑な状況においては
瞬時の判断だけでは情報処理が
追いつかない為
事前にある程度状況を整理して
選択肢を絞っておくことが必要となるでしょう。

今回はそうした複雑な状況に
おいてどのような選択をすべきなのかを
例を出して考えていきましょう。

ケースはこちらです。
1死ランナー1・3塁1塁ランナーに
エンドランのサインが出たとき
バッターがセカンド方向にライナー性の
打球を打ちました。

この時あなたがランナーであれば
どのような動きをしますか?

まず1塁ランナーの
場合を考えてみましょう。

ここでの選択肢は
1,バックする
2,打球を確認してから判断
3,そのまま構わずスタートをきる
この3つがあると思います。

あなたの考えはまとまったでしょうか?

ここでの正解は、、、

3番のそのままスタートになります。
それでは理由を考えていきましょう。

まず1のバックするという選択について
基本的には2死以外の場合は
ライナーバックがランナーの鉄則ですが
この場合はエンドランのサインが出ています。
その為、1塁ランナーはスタートをすでに
切ってしまっています。
つまりライナー性の打球において
仮にセカンドに打球を捕られてしまい
1塁に戻ったとしてもタイミング的に
どうやっても間に合うことはないのです。

2番の場合も同様に
スタートを切ってしまっているので
打球を確認して抜けたらスタート
捕られたらバックとしたところで
1塁へ戻ることはタイミング的に
難しいでしょう。

そう考えると
やはり3番のエンドランのそのまま
スタートをきるというのが
正解となります。
ライナーを捕られてしまえば
戻ったところでどうせアウトに
なってしまうので
抜けることを信じてそのままスタートをきり
3塁を目指して走るのがベストとなるでしょう。

注意をしなければならないのは
ライナー性の打球であっても
外野に飛んだ打球であれば戻れる可能性が
あるので打球角度には気をつけましょう。

同様にフライの場合も
エンドランでスタートを切っていても
戻ることは十分に可能ですので
インパクトを確認し戻れる判断できれば
瞬時に1塁へ戻れるようにしておきましょう。

次回は同様の場面で
3塁ランナーがどのような
選択をすべきなのかを
考えていきましょう。

運動会の徒競走でタイムを伸ばす方法?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

週末は暑い日が続き熱中症によって
倒れてしまう人が全国で続出したようですが
あなたは大丈夫だったでしょうか?

また
この土日に運動会が行われたという
人も多かったのではないでしょうか?

そんな運動会と関連して知っておいて
いただきたいのが、靴の消耗度と
パフォーマンスの関係性です。

運動会で行われる50m走や
100m走などの徒競走は
単純な足の速さが勝敗を左右します。
しかしながら足の速さだけではなく
靴の性能にも多少左右されるということは
ご存知でしょうか?

よくよく考えてみれば
当たり前のことなのですが
ずっと使ってきたボロボロの
靴であれば靴の底が激しく消耗しており
グリップ力が弱まるため一歩で
進める距離に差が出てしまいます。

正確なタイムを出したことはありませんが
おそらく新品の靴と使い古した靴では
徒競走のタイムに大きな影響を与えるのではないかと思います。

まだ運動会が終わっていないという
あなたは是非一度当日履く予定の靴を
確認してみましょう。

さて、これと全く同じことが
野球のスパイクにも言えます。
この件は以前にもお伝えしたことが
ありますが
まさにこれから夏に向けて
スパイクの消耗度を確認しておく
必要があるでしょう。

0コンマ何秒を争う場面は
野球では多々あります。
「あと少し速く走れていれば
セーフだったかもしれない」
「もう少し足が早ければ、、、」
という少しをスパイクによって稼ぐ
ことができるのであれば
それほど簡単なことはないでしょう。
どう考えても後数ヶ月で足を速くする
よりも簡単だと思います。

もし夏に向けてスパイクが
消耗し過ぎているという選手は
今の段階からスパイクを新調し
慣らしておくことが必要です。
新調していきなり試合で
使ってしまうと靴擦れなどを
起こしてしまい逆にパフォーマンスが
下がってしまうので注意しましょう。

ある程度馴染んできたら
今までのスパイクを
練習や試合で使うようにし
少しでも消耗を抑えるようにしましょう。

また今のスパイクがベストの状態に
ある場合はそのまま1ヶ月使い続けると
夏の大会を消耗した状態で
使うことになってしまうので、
ベストのスパイクを保存しておき
すでに消耗しきった古いスパイクを
使うようにししておきましょう。

こうした時に備えて
初めから公式試合用と
練習用でスパイクを
分けておくと良いかもしれませんので
まだ1年生や2年生の
選手は参考にしてみてください。

「ボールから目を離すな」は間違い?part2

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回
「ボールから目を離すな」
という言葉に対して
安全や確認のためには
この注意は間違いないが

良い選手ほど
目を離している時間が
長いということを
お伝えしていきました。

その例として
サッカー選手は一流選手ほど
ボールをもらう前に「首振り」をすることで
情報探索をし、パスをもらった瞬間に
最善の選択ができるというお話をしていきました。

では今回は
そのサッカーにおける首振りが
野球においてボールから目を離した方が良い
ということにつながってくるのか?
をお伝えしていきます。

まず前提として
プレーをする中では
ボールをみている時間の方が
圧倒的に長いです。

ですがボールだけしかみていない選手は
良いプレーをすることができません。
その理由はサッカー同様
野球においても情報探索が
必要になってくるからなのです。

具体的な例をあげて考えてみましょう。

まず代表的な例が
ランナーに出た時です。
この時気をつけなければいけないことは
ベースから離れているときに
ピッチャーやキャッチャーから牽制を
もらってもアウトになってはいけない
ということです。

しかしだからと言って
ずっとボールの行方ばかりを
追っていてはいけません。

ここで行うべき行動は
ボールを追うことではなく
ベースを踏んだ状態で
周りを見渡し
外野の守備位置や内野の守備位置を
確認することです。

この情報探索行動により
打球が自分の背面にフライで飛んでいっても
ある程度守備位置をイメージできているため
いちいち打球を確認することなく
スタートもしくはバックの選択をすることができるのです。

もしこの時
守備位置を確認していなかったら
どうなるでしょうか?
その場合は
毎回打球を目で追い
外野が捕れないもしくは捕れる
ということを確認してから
スタートを切らなければいけなくなってしまうため
スタートが遅れてしまうのです。

一点を争う状況の場合
このミスは大きく響いてしまうでしょう。

そのほか
守備の時にも
この情報探索の時間は
役に立ちます。

外野手や捕手の場合は
基本的にはボールのあるところを
みていればある程度全体を見渡すことが
できますが
ピッチャーや内野手は
背面の外野の守備位置などは見ることができません。

なのでランナーにいる時と
同じく毎回守備位置などを
後ろを振り返って確認する必要が
あります。

また中継プレーの時などは
さらに情報探索が重要になってきます。
中継プレーの内野手において大切な
情報はランナーの動きです。

外野に抜けた打球などの
中継に入るために
打球を追いかけつつ
カットの位置に入っていく
必要がありますが
その時ボールだけをみるのではなく
後ろを振り返りランナーの動きを
確認していきましょう。

中継してバックホームをして
間に合うタイミングなのだろうか?
ランナーはスタートをきっているのだろうか?
ということを少しでも見ることができていれば
外野手からボールを受け取った時
瞬時に投げるべき場所を選択することが
できます。

間に合うと思えば
3塁や本塁に迷わず送球し
間に合わないと思えば
バッターランナーを刺すために
2塁に送球をしたり
偽投をいれてから2塁へ送球をしたり

さらにはクロスプレーでアウトには
できなさそうだけど
次の塁にも進まなそうな時は
オーバーランを狙ってあえてテンポを
遅らせて送球をするなど

色々な選択をすることができます。

もし仮に
中継に入る時に
ランナーの動きをみていなかったら
どうなるでしょうか?

その場合は
全ての判断を捕手などの指示任せや
ボールを受けて振り返ってから
一瞬で判断をしなければ
いけないのです。

これでは正しい判断をすることは
不可能に等しいでしょう。

また自分を守るための
テクニックとして
オススメしたいのが
余裕でとることができる
高いフライの時のテクニックです。

余裕でとることができる
フライの場合
複数のポジションの選手が
捕球をするチャンスがあります。

こうした時に怖いのが
野手同士の接触です。
これはフライから「目を離さない」ことによって
視野が狭くなり起こってしまう
危険なプレーです。

接触の仕方が悪ければ
大怪我につながりかねない
プレーですが
これを防ぐためにも
私は落下点に入れると確信をしたら
自分がとることを声でアピールしつつも
一度ボールから目を離し
誰もボールを取りに来ていないかを
確認していました。

私は内野手でしたので
この時誰も来ていなければ
自分で捕りに行き
周りを見て外野などが捕球体勢に
入れていれば声を出していても
切り替えて後ろにいる外野がとるように
促していました。

内野の間のフライにおいても
打球が上がった瞬間に
アイコンタクトをとることができると
誰が取りに行くのか明確になるので
ミスも生まれずらかったりします。

こうした理由から
私は情報探索をするためにも
ボールに集中しつつも
状況に応じてボールから目を離して
多くの情報を頭に入れて
瞬時の判断をすることをオススメしています。

あなたもぜひ試してみてください。

ps
前回もお伝えしましたが
バッティング練習の時などは
危険が付きまとうので
バッターが打つ時はボールから目を離さないように
注意をしましょう。

走塁意識〜3塁ランナー編〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

今回は3塁ランナーにおける
走塁意識についてお伝えしてきます。

3塁ランナーがいる時
考えられることは
・スクイズ
・セーフティースクイズ
・タッチアップ
・暴投orパスボール
・ゴロの判断
・ライナーバック
などがあります。

スクイズやセーフティースクイズは
チームによって決まりがあると思いますが
基本的にはバッテリーに気がつかれないように
なるべく遅いスタートが求められます。
早くスタートを切りすぎて
バッテリーに気づかれてしまうと
スクイズできない場所に外されてしまい
挟まれてしまうので気をつけましょう。

3塁ランナーは無理に大きなリードを
取る必要はありませんが
それでも最低限の第二リードを取ることが
必要です。

その少しのリードの差で
ゴロの場合や暴投・パスボールの時の
クロスプレーが決まってしまう
可能性があるので
自分がどこまで第二リードを取れるのかを
練習の中で確かめておきましょう。

そして何よりも大事なのが
打球判断です。
打球判断をする上で
まず確かめておきたいところは
相手の守備体系です。
特に内野手が前進守備なのか
深く守っているのかを見ておきます。

前進守備をしている場合は
ゴロが飛んだ瞬間にバックをし
打球が抜けた場合のを確認したら
スタートを切りましょう。

二遊間がダブルプレー態勢
一,三塁が前進守備の場合は
二遊間に打球が飛んだ時のみ
スタートを切りましょう。

注意をしなければいけないことは
センターラインに打球が飛んだ時です。
ピッチャーの打球は
バックをしなければいけませんが
ピッチャーが捕球できなければ
セカンドゴロやショートゴロになります。

その為センターラインに打球が
飛んだ時は反射的に
飛び出してしまわずに
ピッチャーが捕れるのか
捕れないのかを確認してから
スタートを切るのか
バックをするのかを判断しましょう。

その他ライナーの時は
必ずバックをすることは
特に意識をしましょう。
3塁にいる時はホームに
行きたいという気持ちが強くなり
飛び出してしまいがちなので
注意が必要です。

またフライの時は
まずは一歩目はバックすることを
心がけましょう。
その上でタッチアップをするのか
打球が浅ければハーフウェイに
切り替えるのかを判断しましょう。

3塁にランナーがいる時には
守備側には様々なプレッシャーがかかります。
だからこそ無理な走塁をして
アウトになることは一番相手を
助けることに繋がってしまうので
リスクを最小限に押さえた上での
走塁を意識していきましょう。

走塁意識〜2塁ランナー編〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は1塁ランナーでの
走塁意識の基本をお伝えしていきました。
今回は1塁ランナーとかぶる部分も
ありますが2塁ランナーの場合について
お伝えしていきます。

まず2塁ランナーの場合に
考えられる作戦は
・バント
・エンドラン
・盗塁
・グリーンライト
・ノーサイン
がありますが

バント以外はほとんど
ノーサインというケースが
多いと思います。

バントの場合はまず
気をつけなければ行けないことは
やはり飛び出すことによる
キャッチャーからの牽制アウトです。

どうしても
3塁でアウトになりたいくない
という心理から足に自身がない
ランナーほどスタートを良くしようと
した結果バントの空振りなどで
飛び出してしまうことがあります。
しかしこれは最もやっては行けない
ミスですのでまず第一に
頭にいれておきましょう。

ある程度しっかりとした
第二リードをとって
しっかりとしたバントを決めてくれれば
セーフになるので
リードをとってアウトになってしまうのならば
バントが悪かったということです。

もちろんピッチャー前に
強いバントが行ってしまった場合は
塁が埋まっていなければ
ランナーとしては戻るという勇気も必要でしょう。

バントの理想は3塁手にボールを
捕らせることです。
そうすれば確実に2塁ランナーは
3塁に進むことができるでしょう。

先ほどもお伝えしましたた
1塁ランナーの時と同様に
第二リードはしっかりと
取るようにしましょう。

理想はノーサインの時でも
大きくリードをとり
打たなかったりバントをしなかったり
する時はすぐに帰塁を心がける
余裕がある選手は
わざとキャッチャーに2塁牽制を
投げさせるぐらいのリードが取れると
良いでしょう。

そして打球判断です。
これも1塁の時と同様に
守備位置を確認します。
特に外野に飛んだフライや
ライナー性の打球は外野の守備位置を
確認しておかなければ
良いスタートを切ることはできません。

2塁ランナーとしては3塁に進むことよりも
ワンヒットでホームまで生還をしてもらいたいので
必ず守備位置の確認を行いましょう。

そしてもう一つ2塁ランナーにとって
難しいのはゴロの判断です。
ランナーが埋まっている時や
(1,2塁の場合など)
自分から見て左側に飛んだ打球は
無条件でゴロはスタートを切る必要が
ありますが
2塁ランナーのみの場合
自分から見て右側に打球が飛んだ場合は
3塁でアウトになってしまう可能性が
あります。

例えばショートがボールを捕球し
そのまま3塁に投げればタッチアウトに
なってしまいますし
3塁に打球が飛んでいるのに
自分が3塁に向かってしまえば
自分からアウトになりに行くようなものです。

しかし打球によっては
三遊間を抜けていくヒットだったり
3塁前のボテボテのあたりの時は
3塁ベースがガラ空きになるので
スタートをきればセーフになる場合も
あるので頭にいれておきましょう。

・ゴロのスタート判断
・バッターのセーフティーバント
・ライナーバック
・フライの場合のハーフウェイ
・タッチアップ
・牽制
・キャッチャー牽制
・外野手の守備位置
・外野手の肩の強さ
・アウトカウント
・点差

これを毎回確認して
からリードをとりましょう。

次回は3塁ランナー編を
お伝えします。

走塁意識〜1塁ランナー編〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

一発勝負の試合に勝つためには
投手力や打力が欠かせないものですが
レベルの高い勝負になればなるほど
勝敗の行くへはもっと細かなところで
決まってきた入りします。

その一つが走塁です。

走塁は普段はスポットが当たらない
ことが多いですが強いチームほど
徹底されておりミスが少なく
大事な時に一点を奪うことができます。

その結果一点勝負の試合を
制することができていくのです。

今回はそうした走塁の中で
意識をしておきたいところを
状況ごとにお伝えしていきたいと
思います。

まずはランナー1塁の場合
まず全ての場面で考えなければ
いけないことは自分のチームの作戦と
相手が何を考えているかです。

この場合自分のチームの作戦として
考えられることは
・バント
・盗塁
・エンドラン
・グリーンライト
・ノーサイン

これらが考えられます。

バントの場合は
多少悪いバントでも
2塁でセーフになるために
第2リードが大切になります。

ただ気をつけなければいけないのが
バッターがバントを空振りした時などに
飛び出してしまわないことです。

そのために
第2リードをとった最後の一歩を
インパクトあたりに合わせて
着地と同時にスタートを切るのか
バックするのかを判断するように
しましょう。

盗塁の場合
頭に入れておいて欲しいことは
ピッチャーのクイックタイムと
キャッチャーの2塁送球のタイム
そして、自分の2塁到達タイムです。

これらが分かっていれば
しっかりとしたスタートを切れた場合
自分がアウトになるのかセーフになるのかが
ある程度分かってきます。

例えばピッチャーのクイックタイムが
1.2秒でキャッチャーの2塁送球タイムが
2.0秒の場合タッチの時間を含めると
およそピッチャーがモーションに
入ってから3.3秒ほどで2塁に
ボールが届くことになります。

ということは自分がリードしてから
2塁に到達するまでのタイムが
3.3秒以上かかる場合
よほどスタートが良いか
キャッチャーの送球がそれたり
捕球ミスがない限りは
アウトになってしまう確率が高いので
エンドランを仕掛けたりするなど
別の作戦を選択することになるでしょう。

またグリーンライトのサインの場合
「盗塁行けたら自分の判断で行け」
という意味のサインですが
このサインを出す以上
ベンチとしてはできれば2塁に
進んで欲しいということなので

なんとかして2塁に進む
工夫が必要です。
例えばピッチャーの癖を読んだり
配球の癖を見破り変化球の時に
スタートを切ったり
牽制の回数などのデータを頼りにして
スタートを切ったりするという方法があります。

次にノーサインの場合
ノーサインの場合やはり
1番大事なことは
打球判断です。

まず確認すべきことは
相手の守備位置。
内野の守備体系を観察し
相手が何を警戒しているのかを
見極めましょう。
次に外野の守備位置
どこに飛んだら打球が
捕られそうなのかを
だいたい最初に把握しておくと
打球が飛んだ瞬間のスタートが
切りやすくなっていきます。

それによって
3塁へ進むことができるのか
2塁で止まった方が良いのか
1塁へ帰塁すべきなのかを
判断することができるでしょう。

前の塁にランナーがいる場合は
前のランナーがどのような動きを
しているのかもしっかりと把握する
ことを忘れては行けません。

自分が3塁へ進塁できそうな
あたりでも2塁ランナーが3塁で
止まってしまう可能性も考えられます。
あらかじめ2塁ランナーの足が遅いのか
速いのかを頭にいれておくことも
大切になってくるでしょう。

ノーサインの場合の打球判断は
このように準備がとても大切です。
全てのケースをあらかじめ想定して
おくようにしましょう。

・ライナーバック
・フライの場合のハーフウェイ
・ゴロの場合のスタート
・牽制
・キャッチャー牽制
・外野手の守備位置
・外野手の肩の強さ
・アウトカウント
・点差
これくらいは最低限
頭にいれてからリードを取るように
していきましょう。

次回は2塁ランナーの場合を
お伝えしていきます。

「走塁」と「守備」走り方の違い

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

走るという動作は
ほとんどのスポーツに
おいて欠かせないものですが
競技によっては走り方にも
様々な特徴があります。

野球においてもその
特徴があるのですが
野球の場合は
攻撃側の走者としての
走り方と守備側の野手としての
走り方にそれぞれ違いがあります。

まず攻撃側の走者としての
走り方から説明していきます。

走者の場合
基本的には前に早く進むことが
求められるため
陸上の短距離に近い走り方に
なっていきます。

もちろんダイアモンドを回るため
直線には走ることができず
コーナリングも重要な要素には
なってきますが
基本的な走り方は陸上競技と
それほど変わりはありません。

大切なことは
まず体をまっすぐに保つこと

野球選手は
低い姿勢で走ることを
指導されることが多いため
無理に上半身を低くし
背中を丸めてしまうことが
ありますが
このようにしてしまうと
地面から力を引き出すことが
うまくできず速く走ることが
できないので注意をしましょう。

↓真っ直ぐではない姿勢

次に大切なことは
地面に接地する時の足のつき方です。

速く走るためには
踵を地面につけずに
つま先側で走ることが
大切です。

陸上競技
特に短距離の選手は
スタートからゴールまで
決して地面に踵をつけることはありません。
それにより筋肉の反射を
上手く使うことができ
効率よく走っていくことができます。

しかし低い姿勢を意識しすぎると
つま先から接地することができず
踵から接地をしてしまいます。

実際に走ってみると
わかると思いますが
走ってから急に止まろうとする時
人間は踵から接地をしブレーキを
かけます。

それと同じように
踵から地面につくことで
多少なりとも
ブレーキがかかったり
足に負担がかかってしまいます。

速く走るためにも
足の負担を和らげるためにも
つま先側から地面につくようにしましょう。

さて続いては守備
特に内野手の走り方です。

内野手は
守備範囲が大切です。
そのため速く走る必要が
あるのですが
ただ速ければいい
という訳ではありません。

なぜならば
守備はボールを捕球する
必要があるからです。
特にゴロをさばく時には
いわゆる腰を下ろした
低い姿勢が求められます。

仮に短距離走のように
体をまっすぐに保ち
つま先側から着地をし
全速力で打球に向かっていったとして
捕球の瞬間にいきなり低い体勢を
取る事ができるでしょうか?

おそらくそれは不可能でしょう。
そのため
守備の際は走塁とは違い
やや低い体勢で
ボールを追っていく必要があります。

また、捕球の前は減速をする
必要もありますのでつま先側からではなく
踵側から地面につくようにし
減速をかけることで
捕球姿勢に入りやすくしていきましょう。

走塁と守備の走り方の違いが
理解できたでしょうか?
多くの選手は走塁の時も
踵から地面に着地してしまっているので
つま先側から接地することを意識をして
走塁を行ってみてはいかがでしょうか?