バッティング肩が下がるデメリットとは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

バッティングにおいて肩が下がってはいけないということをあなたも聞いたことがあると思います。しかし本当に下がることは悪いことなのでしょうか?今回はその肩の下がりについてお伝えをしていきます。

本文はこちらから>>>

最高の環境とは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたが考える最高の環境とはどのような環境でしょうか?広いグラウンドや室内練習場、最新の機器それらが思い浮かぶかもしれませんが本当にあなたの成長に影響がある環境は別にあると思います。今回はそうした最高の環境についてあなたにお伝えしていきます。

本文はこちらから>>>

自主練をする時間がない?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

小学生や中学生に自主練習を継続することの大切さを伝えていますがそうした中でよく言われることが多いのが「時間がない」という言葉です。では本当に時間がないのでしょうか?今回は自主練習を継続する上で知っておいていただきたいことを伝えていきます。

本文はこちら>>>

2019ドラフト指名選手のフォームの気になるポイント〜野手編①〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は今年のドラフトで指名された
注目の投手の気になるフォームについて
解説をしていきました。
今回は打者篇をお伝えしていきます。

まずは中日1位指名の
石川選手です。

石川選手は投手としても
今年の選抜で優勝投手となりましたが
プロでの評価は打者としての評価であり
中日は内野手として石川選手を育てる
つもりでしょう。

石川選手は
日本代表としてU18のワールドカップで
4番を務め木製バットへの対応も問題なく
大活躍をしました。

その要因としてあげられるのは
上半身の使い方のうまさです。
非常に使い方が柔らかく
またバットがしっかりと内側から
出るのでインコースもうまく
さばくことができており
高打率と長打を残すことができていました。

気になる点は下半身です。
骨盤の前傾はある程度できていますが
やや甘いところもあり
インコースにプロ野球選手の
キレの良い直球を投げ込まれると
初めのうちは苦戦しそうです。

また同様に低めに対しても
上半身主導で動き出してしまうため
バットの出が早く
鋭いボール球の変化球に対して
バットが止まらない可能性があります。

さらにタイミングの取り方が
やや悪く高校生のボールであれば
持ち前のスイングの力から
対応することができていますが
プロの球となると多彩な変化球に
タイミングが合わず苦戦しそうです。

ただし高校生としては現段階で
過去の選手と比べても
高いレベルにあるので
近い将来主軸を打つ選手となることでしょう。

昨年のドラフト1位根尾選手との
3、4番が実現すると思うととても
楽しみですね。

続いて阪神に指名された
井上選手。

井上選手は履正社の4番打者として
今年の夏全国制覇を成し遂げました。
甲子園の決勝では星稜高校の
奥川投手から見事な逆転ホームランを
放っており勝負強さも兼ね備えた
期待の長距離砲です。

井上選手については以前も少し触れましたが
フォームとしては下半身の使い方や
骨盤の使い方にチェックポイントがあります。

プロのトップ選手と比べて
骨盤の前傾が不十分であり
インコースに苦戦しそうです。
腕の長さはあるのでおそらく
投手からすればアウトコースは
注意が必要ですが
インコースを厳しく攻めて
ファールを打たせて
アウトコースに逃げていく変化球を
投げていればおそらく抑えられて
しまうでしょう。

しかし長身で体格も良く動きも
良いので時間をかけてフォームを
磨き上げていくことができれば
十分に期待が持てる選手だと思います。

続いて広島2位指名の宇草選手です。
宇草選手は法政大学の1番バッターとして活躍する
俊足と長打力を兼ね備えた左バッターです。
日本代表としても一番バッターとして
好成績を残しました。

俊足でアベレージが残せるだけではなく
ホームランを打つ力を持っているのが
とても魅力的なバッターです。
それを可能にしているのは
細身ながらも体の芯の力が強いことと
左手のリストの返しがとても強いことです。

こうした足の速さや体の強さやリストの強さは
なかなか教えることは難しく
天性のものでもあるので広島が
高い順位で指名したことにも頷けます。

フォーム的に見るとすり足気味の
ステップからボールをギリギリまで引きつけて
打つことができるのが特徴的です。
(それを可能にしているのがリストの強さです)
ただ気になるのはフォームを始動する時に
一旦前足を後ろ足の方に引いてきて
そこから一気に踏み出していく点です。

宇草選手は下級生のうちは
タイミングなどに苦しみ
今のフォームに変えたことで成功をした
そうですが、
通常であればこの打ち方をすると
体が突っ込みやすくなり
また軸足の股関節に体重が乗っている時間が
短くなるためタイミングを取ることが
難しくなってしまいます。

プロ野球のトップレベルの選手を見ると
やはり打てる選手ほど軸足の股関節に
体重が乗っている時間が長く
ここでストレートや変化球への
タイミングを図っています。

また骨盤の前傾がやや甘く
タイミングが合わないときは一塁側に
体が倒れてしまうことも気になります。
しかしとてもボディバランスに優れているようで
倒れた体勢からも逆方向に器用にヒットを
打てていますがプロの左投手のスライダー
などで攻められた時に上手く対応できるかが
ポイントになりそうです。

フォームに特徴はありますが
独特なフォームのため周囲に批判されつつも
大活躍をする選手もたくさんいるので
是非とも独自のスタイルを貫いて欲しいと
思います。

次回は同じく法政大学の
福田選手についてです。

あたなのフォームもチェックしてみませんか↓

水曜日 依田徹平先生の「野球ピッチングトレーニング+動作解析」

少年野球における敬遠

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

ここ数年MLBやNPBにおいても
申告敬遠が導入され少年野球でも
申告敬遠が採用されるようになりました。

これにより今までの敬遠とは違い
投球をする必要がなくなったので
敬遠がよりしやすくなりました。

敬遠を選択する意図は
主に二種類あると思います。

まず一つ目は
どうしても打たせてはいけない
強打者をピンチで迎えた時

もう一つは打者とはあまり
関係なく敬遠により
ランナーを増やすことによる
リスクをとってでも
塁を埋めてフォースプレーを
しやすくするためです。

ですが昔高校野球では
この二つに当てはまらない
敬遠がありました。
それは有名な松井秀喜さんの
甲子園での5打席連続敬遠です。

強打者なのでピンチであれば
勝負を避けるのは当然ですが
ランナーがいない状況でも勝負を
しなかったのはなかなかできない作戦です。
しかし、結果的に敬遠策をとったチームが
勝ったのでこの作戦は成功であり
勝負に徹する必要がある高校野球においては
なしではないと思います。

ですがまだまだ体格的にも技術的にも
発展途上の少年野球においては
どうでしょうか?

以前個人レッスンをしている選手の
チームの試合を観戦する機会がありました。
その選手は5年生ながら6年生の試合に出場し
主軸を打っています。
体格も大きい方でスイングも鋭いことから
その地区では以前から警戒されている
バッターでは合ったのですが
なんと観戦した試合では4打席全てで
敬遠をされてしまったのです。

しかも塁が埋まっていない場面は
もちろんのこと
ランナーがいない場面でも
さらには満塁の場面でも
敬遠をしてきたのです。

少年野球でも敬遠をすることは
将来の勝負の中でどのような場面で
敬遠をすべきかを知っておく上でも
悪くはないと思います。

しかしまだ育成の段階にある
小学生にこのようにあからさまな
敬遠策をとってしまうことは
疑問が残ります。

まず一つは敬遠をされたバッターの
打席機会を奪ってしまうことです。
チームとしては塁に出れれば良いことですが
やはり小学生としては楽しい野球を
するのに一回もスイングができなければ
つまらないでしょう。

特にたくさん練習をして試合に臨んでいる
選手にとってはなんのために練習をしているのか
わからなくなってしまうでしょう。
中学生や高校生であれば
ある程度考えもしっかりしてくるので
割り切れるかもしれませんが
小学生にそれを求めるのは難しいでしょう。

下手をすれば
打席経験を積むことで
将来もっと良い選手に
なれる可能性があるのにそれを
潰してしまうことになりかねません。

また対戦したピッチャーにとっても
良いことはありません。
おそらく敬遠の指示を出しているのは
監督やコーチです。
小学生が自ら敬遠を選ぶことはないでしょう。
もちろんピンチの場面であれば
別ですがランナーがいない場面や
満塁の場面で敬遠をさせることは
「お前じゃそのバッターを絶対に打ち取れない」
と言われているのと同じことです。

勝負を考えれば「あり」かもしれませんが
育成を考えれば明らかに「なし」でしょう。

本来であれば少年野球は楽しく
正々堂々と勝負をして打たれてしまえば
打たれないように工夫や努力をし
相手との勝負を楽しみながら
成長を促すことが目的であるはずです。

それを大人のエゴで潰してしまい
敬遠をしたピッチャーに何が残るのでしょうか?

何度も言いますが
小学生の敬遠がダメというわけ
ではありません。

あくまでも状況に応じた
作戦上の敬遠は私も良いと
思います。
しかしながらランナーなしや
満塁など勝負をしなければいけない
場面では打たれても良いので
勝負をしてほしいと思います。

それにより
バッターは打席機会を与えられて
練習の成果を試すことができ
ピッチャーも良い打者と対戦する
経験を積むことができるのです。
もちろん打たれたとしても
その悔しさが練習への原動力と
なることでしょう。

ピッチャーの心理からしても
一度でいいからプロ野球選手と
真剣勝負をしてみたいと
考えたことはないでしょうか?

それと同じように小学生であっても
良いバッターとの勝負は
楽しみなものだと思います。

もちろん
監督やコーチの勝たせてあげたい
という気持ちも理解できますが
あくまで選手の将来のためという
大きな心を持って采配をしてもらいたいと
思います。

ps.それぞれのチームで
方針や考え方も違うので一概に
良い悪いを決めるのは難しいですが
何か作戦を決める上でそれは自分が
勝つためにやりたいことなのか?
選手の将来のためにやることなのか?
ということを考えることが重要だと思います。

軟式から硬式へ対応するために必要なこと〜守備〜

こんにちは
BASEBALL FUTUREです。

あなたは現在軟式球で野球を
しているでしょうか?
それとも硬式球で野球を
しているでしょうか?

高校野球はプロ野球と同じく
主に硬式球を使っていますが
小学生や中学生の選手は
軟式球でプレーをしている
というケースも多いと思います。

そうした選手たちは
高校に進学したタイミングで
硬式野球を始めるため
ボールが違うことによる対応に
まずは追われることになります。

バッティンングにおいても
ピッチングにおいても
その対応をしなければいけませんが
個人的には守備への対応が
一番難しいのではないかと思います。

それには大きく二つの原因があります。

まず一つ目は
硬式球への恐怖心です。

やはり軟式球と違い硬式球は
かなり硬いため体に当たれば
それなりの痛みがあります。
フライへの怖さはないかもしれませんが
イレギュラーをするような土のグラウンドで
ゴロを裁くとなると最初は相当な恐怖心が
あるものです。

こうした恐怖心は慣れとともに
消えていくものですが
守備が下手なままだと
捕球ができない=体にボールが当たる
というイメージが抜けないため
なかなか恐怖心に勝つことができません。

そのため完全に恐怖心をなくすには
守備力を上げて捕球できるという自信を
身につけるしかないでしょう。

二つ目は
ボールを捕る位置の違いです。

硬式球に比べて軟式球は
高くバウンドすることが特徴的です。
J球やM球になりその弾み方は少し
低くなったように思いますが
それでもまだまだ硬式球のバウンドとは
弾み方が全く違います。

例えば外野手の場合でも
前進してフライを取りに行ったら
思ったよりもボールが高く弾んで
頭の上を通過してしまうという光景を
よく目にします。
しかし硬式球の場合は人工芝のグラウンドで
あったとしても頭を越されるケースは
あまり目にしません。

このバウンドの違いにより
変わってくるのが捕球をする位置です。
この捕球位置を硬式用に対応していかなければ
守備力は上がらずエラーの可能性が高くなって
しまいます。

ではどのような違いがあるのか
具体的に説明していきます。

軟式球は先ほども伝えた通り
バウンドが高くなります。
そのため捕球位置は
一番高く弾んだ位置
もしくは高く弾んで落ちてくる時に
捕球をすると捕球率が高くなります。

こうすると比較的高い位置で
ボールを待っていることが多くなるため
自然と姿勢は高くなりがちです。
この時グラブの向きも上を向いた状態で
待ってしまいます。

しかし硬式球になるとバウンドは低いため
高く弾むような打球は少なくなっています。
反対に増えるのが弾まない地を這うような
打球です。

これにより今までのように
高い姿勢でボールが高く弾んだ
ところでボールを待っていると
慌ててグラブを低く出しても
間に合わずボールがグラブの下を
通過していってしまうのです。

そうした低い打球に対応するためには
低い姿勢を作りグラブを地面すれすれに
おいておき打球に対して下から上に
グローブを出していく必要があります。
この時の理想的な捕球位置は
ショートバウンドです。

打球に合わせて足を運び
ショートバウンドで打球を捕ることが
できると捕球確率があがっていきます。

このようにどんな打球に対しても
うまく足を運んでショートバウンドで
ボールを捕ることができるようになると
捕球も安定してくるため恐怖心もなくなり
完璧に硬式球に対応できた状態になっていきます。

これから高校に進学して
硬式球に挑戦するという選手も
今のうちに硬式球のバウンドになれて
いくようにしましょう。

また軟式球でプレーをしているという選手も
今のうちからショートバウンドでボールを
捕球する癖をつけておきましょう。

燃え尽き症候群は小学生でも起こりうる

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はスポーツ現場で
起こる燃え尽き症候群について
私の大学時代の具体例をご紹介しました。

しかしこうした燃え尽き症候群は
高校野球や大学野球など高い世代の
カテゴリーにのみ起こるとは限らないのです。

例えば少年野球でも
こうした燃え尽き症候群は起こりうる
可能性があると知っていましたか?

例えば少年野球の全国大会
この大会を勝ち抜くためには
おそらく偶然ではなく
チームとしてスタッフと保護者の連携
さらには選手たちの相当な努力が
必要となることでしょう。

私の経験上全国大会を制するには
本気で全国を制することを目標に
掲げてそれだけに取り組んで行く必要が
あると考えています。

一般的な少年野球チームですと
土日の練習に平日は自主練習ですが
そうした全国を目指すチームは
毎日のようにチーム練習があり
そのほかの生活を犠牲にして
高校野球のように練習を行います。

その結果チームも選手のレベルも
他のチームから比べれば高まることでしょう。
しかしここでの目標が少年野球で
日本一になることであった場合
実際にその目標が達成されてしまうと
小学生たちは燃え尽き症候群に
陥ってしまう可能性があります。

その結果日本一になったことに
満足をして中学校では野球をやらない
という選手がいるようです。

側から見ればなぜ日本一の
チームにいたのに中学で野球を
続けないのか?
と疑問に思うかもしれません。

しかし選手によっては
日本一になることが目標であったため
その目標が達成されたことで
十分に満足してしまい野球に対する
関心がなくなってしまうのです。

これは日本の野球界の
勝利至上主義の大きな問題点と言えるでしょう。
海外であれば他のスポーツでも
小学生は育成年代ととらえられているため
勝利にはこだわりません。
また多くの選手にチャンスが与えられる
トーナメントよりもリーグ戦を行うことで
試合数を増やしています。

ここでの目標は試合に勝つことではなく
スポーツを楽しむことや将来の活躍人向けて
上手くなることです。

その為小学生から中学生
中学生から高校生とカテゴリーが変わっても
競技をやめることはないでしょう。

もちろん少年野球で勝ちを目指すことや
日本一になることが悪いこととは言いません。
ただしそれ自体が最大の目標となってしまっては
いけません。なぜならば選手にとっての目標は
少年野球にその先にあるべきだからです。
中学野球へ進み高校野球で甲子園に出たい
高校や大学で活躍してプロ野球にいきたい
そうした大きな目標があれば
少年野球で日本一になってもそれはあくまで
通過点であり最大の目標が失われない限り
野球をやめることはないでしょう。

つまり小学生に燃え尽き症候群を
起こさせないためには
将来に向けた大きな目標を建てさせて
そのための練習をしてもらうことが
重要となります。

少年野球に携わる人も
いくらチームが優勝しても教え子が
中学で野球をやめてしまうことは
望んでいないと思います。

チームとして勝利を目指すことは
重要ですが選手のためにも
将来の大きな目標を与えてあげたり
考えさせてあげる時間をとってあげることも
大切にしていきましょう。

メンタルを鍛えるとは?〜具体的な方法〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回はメンタル面を鍛える
というテーマで
主に脳の前頭葉を鍛えることが
重要だということをお伝えしました。

今回はその具体的な鍛え方である
メンタルトレーニングを
ご紹介いたします。

まず一つ代表的な
メンタルトレーニングに
「瞑想」というものがあります。
あなたも瞑想という言葉は聞いたことが
あると思いますが
実際にやったことがあるという人は
少ないのではないでしょうか?

瞑想にも色々な種類があるようですが
今回は基本的な方法を
紹介します。

1,姿勢を正す

座禅などを組み
背筋を伸ばします。

2,呼吸を行う

そのままの状態で鼻から呼吸を
行います。

3,姿勢と呼吸だけに3分程度集中をする

3分間その姿勢を正すことと
呼吸を行うことだけに意識を
集中させます。

簡単そうに感じるかもしれませんが
人間は常に脳で様々なことを考えているため
気がつけば別のことを考えてしまいます。
目を開けていても問題はありませんが
最初のうちは視覚情報からそちらに
意識が行ってしまうので目を瞑って
行えると良いでしょう。

この瞑想を行うことで
前頭葉が活性化されます。
ストレスが軽減されたり
呼吸に集中することで
まだ起こってもいない不安を
考えずにすみます。

また副交感神経が活性化され
正確にも変化が現れるでしょう。

落ち着きのない選手や
物事に集中できない選手は
こうした瞑想を取り入れることで
前頭葉を活性化させメンタルを
強化していくことがおすすめです。

もう一つ前頭葉を鍛える
トレーニングとして有効なのが
目標を立ててそれを達成する
計画を立て実行することです。

前頭葉は前回紹介したように
計画的な行動や自制心を司る
働きがあるものです。

つまりそれを鍛えるために
目標を立てて計画を作り
それを実行し続けるということ
それ自体が前頭葉に刺激を
与えることに繋がるのです。

例えば春までに140kmの
ストレートを投げたいという目標を
立ててそれを達成するために必要な
課題を考えます。
そしてさらにその課題を克服するために
必要な日々の練習メニューや練習計画表を
作成します。
最後にその計画を実行し続けるという
ことで毎日自制心を鍛え上げることができます。

こうした目標→計画→実行
というサイクルを長い期間続けることで
目標が達成されるだけではなく
努力を続けてこれたという自信にも
繋がります。
そして結果的に140kmという球速だけではなく
前頭葉が鍛えられたことで
プレッシャーに強く緊張にも強い
メンタルの強い選手となることができるのです。

もし今年のシーズンを通して
なかなか試合で結果を出せなかった
という選手はこうしたメンタルトレーニングを
通して前頭葉を鍛え上げ春を迎えてみるのも
良いのではないでしょうか?

↓レッスンではメンタルトレーニングにも
取り組んでいきます。

11月より新プランスタート!!〜Youtubeチャンネル〇〇〇〇TVにも紹介された新施設〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

先日も少しお伝えしましたが
11月より新高円寺に今年オープンした
新施設セノンスポーツゼロにて
新たな野球レッスンプランが開講されます。

こちらの施設は先日
野球ユーチューブチャンネル
クニヨシTVさんにもご紹介していただいた
新たな施設です!

今回はこちらで開講する
2つのレッスンプランについて
ご紹介をしていきます。

まず1つ目が
小学生を対象の
動作解析レッスンです。

定員:10名
ボール:軟式球
時間:水曜日19時〜20時30分
内容:投球・打撃・守備・コーディネーション
  メンタルトレーニング

こちらのレッスンの特徴は
1動作解析システムを活用した
打撃フォームや投球フォームの改善

2ゴールデンエイジに大切な
運動神経を高めるトレーニング

3メンタルトレーニングを

この3つ
これらを掛け合わせることで
他にはない本格的なレッスンを
実施していきます!

2つ目のプランは
小学5年生~中学生を対象とした
ピッチング強化レッスンです。

定員:10名
ボール:軟式球・硬式球
時間:水曜日20時40分〜21時40分
内容:投球・コーディネーション
  メンタルトレーニング・動作解析・ラプソード

「球速を上げたい!」
「コントロールをつけたい!」
「エースになりたい!」
そんな思いを実現するために
投手のレベルアップに必要な
要素を凝縮した
レッスンを行なっていきます。

動作解析はもちろんのこと
このレッスンの最大の特徴は
rapsodo(ラプソード)
というトラッキングシステムを
活用したレッスンを行うことです。

ラプソードで測れる数値は主に
・球速
・回転数
・回転軸
・ボールの変化量
・ボールの角度
などです。

これらを定期的に計測し
目標を立ててそれに向けて
どのような取り組みを
日々行なっていくのか?

こうしたことをレッスンを通して
学んでもらい継続力を
身につけてもらいます。
(小学生向けレッスンでも
ラプソードは使用します。)

どちらのレッスンも
目先の活躍ではなく
将来の活躍にフォーカスした
レッスンとなります。

もし小・中学生の今
どうしても活躍したい
という場合はこちらのレッスンは
おすすめできないかもしれません。

ですが
高校や大学さらにはその先を
見据えて今から練習をしたい
という選手にはおすすめなので
ぜひ一度レッスンを受けに来てください!

下記サイトより
申し込みが可能です↓
小学生用動作解析レッスン
打撃・投球・守備・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-training/

小・中学生用ピッチング強化レッスン
投球・その他
→https://start-line.net/class-senon-sports0/wednesday-pitching-training/