正しいところに投げれば野手の正面に打球が飛ぶ理由

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球においてヒットとは
ホームランを除けば
グラウンドに一度打球がバウンドして
野手が一塁に送球が届く前に打者が
一塁に到達していれば成立します。

それは内野安打であっても
外野の前に落ちる安打であっても
外野の頭を越える長打であっても一緒です。

つまりどこまで飛ばすかが
重要ではなくどこに飛ばすのかが
とても重要になってくるのです。
例えばホームラン性の
フェンスギリギリの打球でも
ノーバウンドでとられてしまえばアウトですし
逆に詰まったあたりが外野と内野の間に落ちれば
どんなに弱い打球でもヒットになります。

こうしたことを考えると
外野や内野の守備位置やシフトは
とても重要な役割を担っています。
極端な話ボールが飛んでくる位置があらかじめ
わかっていれば、そこにシフトを敷くことができ
ホームランさえ打たれなければ
ノーヒットに相手を抑えることができるでしょう。

もちろんどんなに研究が進んでも
あらかじめ打球方向がわかる
ということはあり得ませんが
ある程度傾向から推測を建てることは
可能です。

では実際にどのようなことにを考慮して
シフトを敷いていけば良いでしょうか?

まず考えるべきことは
バッターの力量です。
右打ちなのか?
左打ちなのか?
前の打席ではどこに打っているのか?
スイングは遅いのか?
速いのか?
どの球種を狙っているのか?
どのようなスイング軌道なのか?

これらを観察していくと
ある程度推測が建っていきます。

例えば右打者でスイングが速く
引っ張ったファールが多ければ
外野のシフトをレフトよりにし
ライトは詰まった打球が内野との
間に落ちないようにケアをする
逆にスイングが遅くてタイミングがあっていなければ
全体的にライト寄りのシフトに変更をするなど

次に考えるべきことは
ピッチャーとバッターの力関係です。
良いピッチャーと悪いピッチャーでは
打者の打球の傾向が変わるのは当然です。
例えば高校生が小学生の遅い球に
振り遅れたりすることは考えづらく
逆に高校生のボールを小学生のバッターが
振り負けずに引っ張ることは難しいでしょう。

こうした力関係を考えることで
バッターが強く長打があると感じれば
外野の守備位置を下げ
逆にピッチャーが勝っていると思えば
外野をやや前にシフトし詰まった打球に備えます。

もちろんこのシフトはカウントや球種によっても
多少変化します。
真っ直ぐに合っていないからといって
簡単に外野を前にしていると変化球を投げた時に
頭を越されてしまう可能性があります。

そのため理想は
外野手も含め全野手が
サインを把握しておき
どのコースにどの球種を投げるのかを
知っておきそれに合わせて微妙に守備位置を
変えられると良いでしょう。

もちろんサイン通りに投げきれる
投手のコントロールも重要となりますが
これが完璧にできればいくら強い打球を
打たれてもシフトに引っかかることになります。
これが正しいところに投げれば
野手の正面をつくという理屈ではないでしょうか?

当然あからさまにシフトを引きすぎると
シフトにより球種やコースが相手に
バレてしまうので投球のギリギリで
守備位置を変えたりレベルが上がれば
投手が実際に投げたボールや相手バッターの
スイングのタイミングをみて
インパクト前に1,2歩守備位置を変えられると
良いでしょう。

強いチームほど
こうした連携がしっかりしています。
あなたのチームではどうでしょうか?
配球の意図についてはバッテリーだけではなく
全選手で共有しておくことが守り勝つための
鍵となるでしょう。

軟式から硬式へ対応するために必要なこと〜守備〜

こんにちは
BASEBALL FUTUREです。

あなたは現在軟式球で野球を
しているでしょうか?
それとも硬式球で野球を
しているでしょうか?

高校野球はプロ野球と同じく
主に硬式球を使っていますが
小学生や中学生の選手は
軟式球でプレーをしている
というケースも多いと思います。

そうした選手たちは
高校に進学したタイミングで
硬式野球を始めるため
ボールが違うことによる対応に
まずは追われることになります。

バッティンングにおいても
ピッチングにおいても
その対応をしなければいけませんが
個人的には守備への対応が
一番難しいのではないかと思います。

それには大きく二つの原因があります。

まず一つ目は
硬式球への恐怖心です。

やはり軟式球と違い硬式球は
かなり硬いため体に当たれば
それなりの痛みがあります。
フライへの怖さはないかもしれませんが
イレギュラーをするような土のグラウンドで
ゴロを裁くとなると最初は相当な恐怖心が
あるものです。

こうした恐怖心は慣れとともに
消えていくものですが
守備が下手なままだと
捕球ができない=体にボールが当たる
というイメージが抜けないため
なかなか恐怖心に勝つことができません。

そのため完全に恐怖心をなくすには
守備力を上げて捕球できるという自信を
身につけるしかないでしょう。

二つ目は
ボールを捕る位置の違いです。

硬式球に比べて軟式球は
高くバウンドすることが特徴的です。
J球やM球になりその弾み方は少し
低くなったように思いますが
それでもまだまだ硬式球のバウンドとは
弾み方が全く違います。

例えば外野手の場合でも
前進してフライを取りに行ったら
思ったよりもボールが高く弾んで
頭の上を通過してしまうという光景を
よく目にします。
しかし硬式球の場合は人工芝のグラウンドで
あったとしても頭を越されるケースは
あまり目にしません。

このバウンドの違いにより
変わってくるのが捕球をする位置です。
この捕球位置を硬式用に対応していかなければ
守備力は上がらずエラーの可能性が高くなって
しまいます。

ではどのような違いがあるのか
具体的に説明していきます。

軟式球は先ほども伝えた通り
バウンドが高くなります。
そのため捕球位置は
一番高く弾んだ位置
もしくは高く弾んで落ちてくる時に
捕球をすると捕球率が高くなります。

こうすると比較的高い位置で
ボールを待っていることが多くなるため
自然と姿勢は高くなりがちです。
この時グラブの向きも上を向いた状態で
待ってしまいます。

しかし硬式球になるとバウンドは低いため
高く弾むような打球は少なくなっています。
反対に増えるのが弾まない地を這うような
打球です。

これにより今までのように
高い姿勢でボールが高く弾んだ
ところでボールを待っていると
慌ててグラブを低く出しても
間に合わずボールがグラブの下を
通過していってしまうのです。

そうした低い打球に対応するためには
低い姿勢を作りグラブを地面すれすれに
おいておき打球に対して下から上に
グローブを出していく必要があります。
この時の理想的な捕球位置は
ショートバウンドです。

打球に合わせて足を運び
ショートバウンドで打球を捕ることが
できると捕球確率があがっていきます。

このようにどんな打球に対しても
うまく足を運んでショートバウンドで
ボールを捕ることができるようになると
捕球も安定してくるため恐怖心もなくなり
完璧に硬式球に対応できた状態になっていきます。

これから高校に進学して
硬式球に挑戦するという選手も
今のうちに硬式球のバウンドになれて
いくようにしましょう。

また軟式球でプレーをしているという選手も
今のうちからショートバウンドでボールを
捕球する癖をつけておきましょう。

なぜ秋は守備力が求められる?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

各地で高校野球の秋季大会が
開幕しています。
秋季大会は来春の甲子園選抜大会の
選考に関わってくるので
新チーム初の大会といえど
とても大切な大会になってきます。

こうした新チーム初戦の秋季大会では
守備力が高いチームが勝ち上がると
よく言われています。

反対に夏の大会は打たなければ
勝てないとも言われています。
この違いはどこにあるのでしょうか?
また本当に打力よりも守備力が高いチームが
勝ち上がれるのでしょうか?

まず言えることは
どのチームも新チームとして
戦う姿勢が整っていないということです。
7月もしくは8月まで3年生中心で戦ってきた
チームはまだ新チームが始まって
1ヶ月,2ヶ月といったところでしょう。

そのため守備位置をコンバートしたり
色々な選手を試している段階です。
そのためレギュラーも完全には固まって
おらず暫定的なポジションで戦っている
というチームも多いことでしょう。

そうした状態で戦っていけば
自ずと守備のミスは多くなるものです。
攻撃のミスは直接的な敗因にはなりづらいです。
なぜならばミスをしても失点をすることはなく
点数がマイナスになったり相手に点数が
入ることがないからです。
しかし、守備のミスはそのまま失点に繋がる
リスクが高いため敗因となることがあります。

つまり秋季大会において守備が重要と
言われるのはそれだけ守備面でのミスにより
自滅が多いからなのです。

もちろん守備という面では
投手力も重要です。
新チーム前から主戦として投げてきた
投手が残っているチームは
とても優位に試合を運ぶことができるでしょう。

また夏の大会と違い
気温も多少下がってきていることもあり
投手には有利に働くことでしょう。
対して打線はというと
まだ冬の厳しいトレーニング期間を
乗り越えてはいないため
スイングも甘く打者にとっては不利な状況と
言えるでしょう。

こうした背景からよほどの実力差がない限り
連打での大量得点で勝つという展開は少なく
どちらかというと少ない点数を
ミスなく守り抜いたチームが
勝ち上がって行くのが秋季大会なのです。

そうしたことを考えると
やはり新チーム前から2年生中心で
戦ってきたチームは完成度が高いため
大きなアドバンテージがあることでしょう。
しかし、それで油断をしていると
冬を越えた春大会や最後の夏の大会で
足下をすくわれることもあり得るので
注意が必要です。

なぜならば
夏の大会の場合は
どこのチームも自滅は減っており
投手の完成度も高まっています。
つまり守っているだけでなく
しっかり打ち崩さなければ得点が
入らず勝つことができないからです。

こうしたことを考えながら
チームづくりを考えたり
シーズンごとに練習方法を考えていくと
とても面白く自信を持って大会に
臨めるのではないでしょうか?

ps.守備力を鍛えるためには
ノックだけではなく
連携やカバーリングなど
様々な確認事項を押さえておくことも
重要になってくるので
新チームが始まった段階で
時間をかけて話し合いを行いましょう。

もしまだできていないというチームは
今からでも話し合いの時間を作るのが
おすすめです。

【野球】「 肘を上げろ」は間違い?



こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

「肘を上げろ」は非常識

「肘を上げろ」
「もっと上から投げろ」

このような指導を
投球や送球時に受けたことや
指導したことがありませんか?

確かにボールを効率よく投げるにあたり
トップを作った位置ではある程度
肘が高い位置にあることが望ましいです。

しかし、単純に肘を上げろと
言ってもそう簡単にできるものではなく
むしろその言葉によって逆に
フォームが修復不能なほど崩れてしまうこともあります。

つまりこうした指導は間違いとまでは
言いませんが、場合によっては
選手にとってマイナスになってしまうことも
あり得るのです。

ですがもちろんそのままでは
パフォーマンスが上がらないどころか
肩や肘に余計な負担がかかり
怪我へと繋がってしまう可能性があります。

適切な指導方法は?

ではどのように改善をしていけば
いいのでしょうか?

1,フォームを確認
2,原因を分析
3,改善に向けた練習
4,再度フォーム確認

大まかにこれだけの手順が必要だと思います。
順を追って説明をしていきます。

1フォーム確認

まず肘が下がっていると思われる
フォームを確認します。
この確認はコーチが行うだけでなく
選手本人がまず確認する必要があります。

「肘が低い」と言われても
選手の感覚ではそんなに
肘が低いとは思っていないという
ケースもあります。

そのためまずは動画などにとって
本人に見せてあげるのが
手っ取り早い方法でしょう。

センスのある選手であれば
これだけでフォームを修正できて
しまうかもしれません。

2原因分析

フォーム修正は肘が下がっていることを確認し
肘をあげることを意識したら治る
というほど単純ではありません。
動画を撮影しフォーム確認をしたら
なぜ肘が低くなっているのかを
細かく分析していきましょう。

主な例として
柔軟性が低いことで
肘が上げづらくなっていることや
軸足へのタメができておらず体が突っ込む
ことで肘が上がらなくなっているという
ケースがあります。

3改善に向けた練習

原因が分析できたら改善に向けた
練習を行いましょう。
ここで注意して欲しいことは
フォームを改善する時は
余計なことを考えないために
コントロールは一旦無視します。

コントロールを意識してしまうと
そればかりに気を取られフォーム改善まで
たどり着きません。
なのでできればネットスローから
始めることが良いでしょう。

そして徐々に感覚を掴んできたら
短い距離のキャッチボールへと移っていきます。

4再度フォーム確認

改善練習を行ったら再度フォームを
撮影し確認をします。
意識してどのような変化があったのか?
もっと良くするにはどうしたら良いのか?
これらを選手と相談しながら進めましょう。

これを何回も繰り返し
無意識にでも良いフォームで
投げることができれば問題ないでしょう。

ピッチャーの場合は
この間に試合などで登板してしまうと
元に戻ってしまったり
肘を上げたフォームを意識することで
自分のフォームを見失ってしまう可能性が
あるので必ず試合では登板しないように
しましょう。

まとめ

「肘をあげろ」
というのは簡単ですが
その修正方法はとても難しいものです。
選手の将来を左右しかねない問題ですので
指導者の方は
じっくり一人一人の選手と向き合って上げましょう。

動作解析で一度フォームを
チェックしてみませんか?↓

人工芝でのプレーの注意点part2

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回は人工芝の
グラウンドでの注意点として
・バウンド
・芝と土の境目
・雨の時の打球
を挙げそのうちの
バウンドについてお伝えをしていきました。

前回ブログはこちら

今回は芝と土の境目と
雨の打球について
お伝えをしていきます。

まず芝と土の境目です。
人工芝のグラウンドは
全面人工芝といっても
ベース周りはスライディングができるように
土の部分が存在します。

そこで危険なのが
打球が芝から土へ移ってくる時です。
芝から芝へのバウンドや
土から土へのバウンドであれば
ある程度一定のリズムで打球が
バウンドしてくるので
打球のバウンドを予測することは
難しくありません。

しかしながら芝から土に移るとなると
高い確率で多少なりとも
イレギュラーバウンドをして
くるのです。

そのバウンドはベース周りの
土の状態によりますが
芝の切れ目に当たって
高く跳ねてきたり
土の部分でバウンドしたことで
いきなり沈んでいくことも
あります。

また経験があればあるほど
「イレギュラーをしそうだ」という
イメージが頭を過ぎることで
恐怖心から打球に入る足が
止まってしまいます。

こうした時の対処法は
高いバウンドであれば
なるべく土に入る前に
前で打球を捕球する
もしくはイレギュラーする前に
ショートバウンドで捕球をする
という方法があります。

また慣れてくると
土の状態を見て
打球がイレギュラーしそうな
部分がわかるようになってきます。

そうした時は
足で土をならしたり
その部分に打球がバウンドしないような
ポジションどりをするという方法も
あります。

いずれにしても
土ではイレギュラーがある
ということを常に頭に入れて
守備をすることが大切になるでしょう。

最後に雨の時の人工芝です。

雨の場合注意をしなければ
いけないのは
打球の弾み方が大きく変わる
ということです。

特に低いライナー性の打球が
飛んできた時
ワンバウンドした打球を捕ろうとすると
予測よりも速くそして低く打球が通過を
していってしまいます。

人工芝は打球が弾むからと
油断をしてグローブも体勢も
高い位置で待っていると
その低くて速いバウンドに反応
することができず
後逸をしてしまうでしょう。

こうならないために
雨が降った場合は
球足の速さに対応するため
なるべく速く正面に入ること
そして低い体勢でグラブを
低く構えておくことが重要です。

雨の場合の球足の速さは
経験した人にしかわからないと
思いますが
予想以上に速く通り過ぎていって
しまうのでベンチの前で球足を確認したり
ノックやイニング間のボール回しなど
でも確認をしておくように
しましょう。

夏の大会は
様々な天候
様々な球場で行われます。

勝ち上がっていけば
そうしたグラウンドコンディションを
正確に理解することが
勝敗を分けることもあるでしょう。

ぜひ人工芝で試合をするときは
頭に入れておいて欲しいと思います。

人工芝でのプレーの注意点part1

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

まもなく全国各地で
夏の高校野球の予選が
開幕していきますが
勝ち進んでいくと
立派な人工芝のグラウンドで試合をする
ケースが増えていきます。

甲子園はご存知の通り
土のグラウンドですが
東・西の東京大会では
神宮球場や
神奈川でも横浜スタジアムなどを
使うケースがあると思います。

また来年は東京オリンピックの
影響で東京都の予選を東京ドームで
行う計画があるようです。

こうしたプロ野球が使っている
人工芝の球場は
イレギュラーが少なく
守りやすいと感じるかもしれません。
しかしそこには落とし穴があるのです。

しっかりと対策をしておかなければ
「いつも通りのプレー」
ではミスを引き起こしそれが負けにつながって
しまうかもしれません。

人工芝の特徴として
注意をしなければいけない点は
・バウンド
・芝と土の境目
・雨の時の打球
これらが挙げられます。

まず一つ目のバウンドは
土のグラウンドに比べて
打球がよく弾むということです。

土のグラウンドであれば
バウンドした打球が内野手の頭を
超えて外野に飛んでいくといくことは
考えられません。

しかし人工芝のグラウンドでは
思いっきり叩きつけた打球が
野手の頭上を越えて外野まで
飛んでいきヒットになってしまう
ということがよく起きます。

このように外野まで飛んで
ヒットになってしまえばどうしようもありませんが
問題は高く弾んで内野手が捕れる場合です。
この時いつも通りの捕球でいつも通りの送球
という流れではアウトを取ることができない
かもしれません。

なぜならば打球が高く弾んだことで
ランナーが一塁に近づいているからです。

そのため捕ってからなるべく早く
送球をしなければアウトを取ることが
できません。

特にショートやセカンドは
三遊間や二遊間に飛んできた打球を
早く一塁へ送球する必要がありますが
人工芝の場合はいつもよりも
さらに早く送球をする必要が
出てくるでしょう。

しかしあまりに早く送球をしようとしても
よほどの肩がない限りは
ステップを踏まずに力強い
送球をすることは難しいです。

そうした時は逆に人工芝の
特性を利用することができます。

力強くノーバウンドのボールを投げるためには
とってからのタメや踏ん張りに
時間がかかってしまいます。
ですが人工芝の場合は
それを行わずにとにかく素早く
低いワンバウンドのボールを投げることが
良いでしょう。

土のグラウンドであれば
バウンドをすると送球が失速を
してしまいさらにあまり弾まないことで
セーフになってしまうかもしれません。

ですが人工芝の場合
低い軌道で投げたボールは
土に比べて球足が速く
伸びるように一塁へ向かってくれます。

これにより
送球の踏ん張る時間を
削ることができ
高いバウンドにより捕球までの
時間が遅れてしまうロスを
補うことができるのです。

こうしたボールの伸び方や
実際にどの辺りでボールを
バウンドさせれば良いのかの
確認はシートノックやイニング間に
行うようにしましょう。

次回は残りの
芝の境目と雨について
お伝えしていきます。

 

PS.外野手もバウンドしたボールを
さばく場合は前進をしすぎると
目測を誤り頭上を越えて後逸してしまう
可能性があるので無理に突っ込まずに
バウンドを確認できる余裕を持ってから
捕球をするようにしましょう。

【守備】泥臭いプレーも時には必要

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

内野を守っているというあなたへ
あなたにとって守備で
大事にしていることは何でしょうか?

おそらく色々な考えがある中
共通することはアウトにできる打球を
しっかりとアウトにすることだと思います。

その中で正確性や速さ、
時には華麗さが
求められてきます。

最近ではメジャーリーグなどの
考え方も知識も入ってきたことで
以前に比べればランニングスローや
グラブトス、逆シングルに対する
指導者の抵抗感もなくなってきたため
そうした華麗なプレーを日本の高校野球
などでも見る機会が増えてきました。

こうしたプレーは
もちろん華麗なだけではなく
速さが求められるシーンでは
特に習得しておき実戦でも
使っていきたいプレーではあります。

しかしそれもやはり
時と場合によっては
プレーの選択を変える
必要があります。

例えば逆シングルですが
内野手の場合自分から
見て右側の打球に対して
逆シングルで捕球をすることで
体を一塁方向に残すことができ
送球がしやすくなったり
ギリギリの打球に対しては
正面に入るよりも
届く範囲が広がるため
守備範囲を広げる
というメリットがあります。

しかしながらやはり
どうしても正確性には
かけてしまうという
デメリットをなくすことは
できません。

プロ野球を見ていても
三塁手が逆シングルで三塁線の打球を
捕りにいきミスをして長打になってしまう
という場面をよく目にします。

打球が速すぎて間に合わず
止むを得ず逆シングルで捕りに
いった場合やランナーとの
タイミング的に逆シングルで
いかなければ送球が間に合わない
場面では仕方ありませんが
問題なのはタイミング的に
正面に十分に入れるにも
関わらず足を止めて
逆シングルでボールを
捕りにいってしまった場合です。

最近こうしたプレーを
よく目にしますが
成功した場合であっても
決して良いプレーだと
私は思いません。

それよりも
速い打球であっても
タイミング的に回り込める時には
正面に確実に入れる選手の方が
より堅実な選手と言えるでしょう。
また、状況に応じては
速い打球で捕球が難しい場合
後ろに抜かれて長打になることを
避けるために正面に入り体を使って
ボディーストップをするという
場面もあります。

体さえ入れておけば
長打を防ぐことができ
さらにボディーストップ
ボールを体の前に落とすことが
できればボールを拾ってからでも
十分にランナーをアウトにすることが
できるでしょう。

こうした泥臭いプレーは
最近では見ることが減りましたが
なにがなんでも打球を止めたい
後ろにそらしたくないという気持ちが
強ければ自然と出てくるプレーだと
思います。

やはりプロ野球選手でも
守備の上手い選手は逆シングルも
上手いですが状況に応じて
間に合うタイミングでは横着をせず
体を入れて正面に入って打球をさばいています。

派手なプレーや華麗なプレーも
もちろんアウトにする技術としては
必要ですが
時にはこうした泥臭いプレー
チームを救うことになるので
忘れないでおきましょう。

 

グラブを構えるのが早い!?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

少年野球に多いこととして
キャッチボールも含めてですが
守備をしている時に
グラブを構えるのが早すぎてしまう
選手がいます。

「構えるのが早い」と聞くと
準備が早くて良いと思うかもしれませんが
実際にはグラブを構えるのが早すぎることで
デメリットが多くなってしまいます。

例えば
バッターの打球を追っていくときに
グラブを早く構えすぎてしまうと
打球に追いつくスピードが遅くなり
追い付ける打球も追いつけなくなってしまいます。
これを防ぐためには
打球が飛んできたらまずグラブを
構えるのではなく
腕を振って走って打球を追いかけて
正面に入ることです。

当たり前ですが人間は腕を振った方が
速く走ることができます。
グラブを構えて走ってしまうと
足が遅くなってしまったり
足が止まってしまったりするので
注意しましょう。

キャッチボールをするときも
同じことが言えます。
キャッチボールは相手の胸に向かって
ボールを投げていきますが
必ず良いところにボールが飛んでいくとは
限りません。

ということはボールを受ける側は
常にボールがどこにきてもいいように
待ち構えていなければなりません。
そうしたときにボールを投げる前から
グラブを構えたままで待っていたら
どうでしょう?
暴投がきた時にとっさに対応できるでしょうか?

おそらく一瞬動きが遅くなってしまったり
そのままグローブを出したまま
ボールを追いかけてしまうため
足が止まってしまい
少しの冒頭でもカバーしきれない
ということが起こってしまうでしょう。

これを防ぐには
リリース前までは相手の投げるマトとして
グローブを構えていても
リリースの瞬間には一度グローブを下げて
どこにボールがきても動き出せる
体勢を作ることです。
そして暴投であればすぐにボールの正面に
足を運びその後グローブを出して
捕球をするようにしましょう。

ボールは基本的には
グローブで掴むものですが
守備の良い選手ほど
ボールは足で捕るものと語ります。

その理由は
足を使うことで自分が最も
捕りやすいバウンドや体勢で
ボールの捕球体勢を作ることが
ミスを減らすことに繋がるからです。

その足を邪魔してしまうのが
このグラブを早く構えすぎてしまう
という行為です。

ギリギリにグラブを出しすぎるのも
問題ですが
まずは足を自由に動かし
早く打球に追いつくためにも
キャッチボールなどから
どれだけギリギリでグラブを出して
捕ることができるかを試してみるのも
面白いかもしれませんね。

PS
グラブを出して打球を
追う癖をなくすためにおすすめの練習です。
次のボールを捕球するときに
少しでもいいので腕を振って追いかけましょう。

ノックで最も大切なことは〇〇の確認

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

実戦に近い守備練習の一つとして
ノックという練習があります。

おそらく小学生からプロ野球球団まで
どのチームもノックは行なっており
特に日本は守備を重視するチームが多く
長時間ノックに時間をかけるチームが
多いのではないでしょうか?

そうしたノックをするとき
よく注意をしてしまうのは
エラーをしたかどうかという一点に
絞られることが多いです。
・ファンブル
・後逸
・送球ミス
こうした明らかなミスがあると
「なぜミスをするんだ」
という声が上がってしまいます。

もちろんこうしたミスも
防がなければいけないので
改善をしていく必要があります。
しかしながらこうしたミスが起こってしまう
原因の根本を考えてみると
問題はある一点に集約されます。

それはボールに入るまでの
足さばきです。

ゴロを正確に捕球するためには
打球の強さや方向、弾み方に
合わせて一番捕りやすい位置へ
良い体勢で体を持っていく必要があります。

そこで必要になってくるのが
どんな打球にも対応できる
足さばきなのです。

この足さばきが悪いと
難しいバウンドで打球を
捕球しなければいけないため
ファンブルや後逸の可能性が
高くなってしまいます。

また強引に良い位置へ
入ろうとしてしまうと
体が突っ込んでしまい
体勢が悪くなってしまうので
これも捕球がしづらかったり
捕球後のステップが多くなったり
送球が乱れたりしてしまいます。

だからこそ
体勢が崩れないように
良い体勢で良い位置に体を
運んでいく正確な足さばきが
最も重要と言えるのです。

そうしたことを考えながら
ノックを見ていると
エラーをしなかったからOK
エラーをしたからダメ
というのは間違ったみかたでは
ないでしょうか?

もちろんミスの内容にも
よりますがあくまで試合ではなく
練習で行うノックの場合は
ミスをしたミスをしていない
という判断基準で選手に注意を
してしまってはいけません。

仮にエラーをしなくても
打球への入り方や
体勢が悪ければ
大事な試合でミスを
してしまう可能性があります。
そうした時にはエラーをしていなくても
打球への入り方や良い体勢で
捕球をすることを注意しましょう。

では良い体勢で良い位置に入る
ための足さばきとはどのようなものでしょうか?

まず良い位置というのは
単純にできるだけバッターよりで
かつ最も捕りやすいショートバウンドや
一番高くボールが上がったところです。
しかしできるだけ前にという意識だけで
全力で打球へ向けて前進をしてしまうと
捕球体勢が崩れてしまい捕球確率や送球ミスを
引き起こしてしまいます。

そうしたことにならないために
逆算して足さばきを考えてみましょう。

まず捕球体勢では打球と衝突して
しまわないようにスピードを殺す
必要があります。

そして打球に入る直前は
送球につながるようにまたバウンドの
細かな変化にも合わせられるように
細かなステップで減速しながら
打球に入っていく必要があります。

そしてやはりなるべく早く打球に
追いつくために細かなステップを踏み
減速をする前は全力でボールへ
向かっていく必要があります。

これを整理すると
打球が飛んできた瞬間は
大股でもいいので
全力でボールに向かっていき
ある程度打球との距離感が詰まったら
良い体勢良いバウンドで打球を捕るために
細かいステップを踏み減速をしていき
最後に安定した捕球体勢を作ります。

これがどのような打球に対しても
高い精度で行うことができれば
試合でのミスは少なくなっていくでしょう。

ノックを撃つ側や指導をする側
そして何よりノックを受ける選手自身が
こうしたことをノック中に意識するだけで
守備力は格段に上がっていきます。
ぜひあなたのチームでも実践してみてください。