最高の環境とは?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

あなたが考える最高の環境とはどのような環境でしょうか?広いグラウンドや室内練習場、最新の機器それらが思い浮かぶかもしれませんが本当にあなたの成長に影響がある環境は別にあると思います。今回はそうした最高の環境についてあなたにお伝えしていきます。

本文はこちらから>>>

自主練をする時間がない?

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

小学生や中学生に自主練習を継続することの大切さを伝えていますがそうした中でよく言われることが多いのが「時間がない」という言葉です。では本当に時間がないのでしょうか?今回は自主練習を継続する上で知っておいていただきたいことを伝えていきます。

本文はこちら>>>

軟式から硬式へ対応するために必要なこと〜打撃〜

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

前回軟式球から硬式球への
対応のために必要なこととして
守備での対応方法をお伝えしていきました。

今回は打撃での対応方法を
お伝えしていきます。

最初に断っておくと
実は守備に比べて打撃の場合
硬式球への変化で苦労をする
という人は少ないです。

その理由は基本的にボールを
打つという技術において
それほど大きく変わることがなく
むしろ軟式球より硬式球の方が
打ちやすいという場合があるからです。

軟式球の場合
力のある選手は
スイングの力によりボールが潰れてしまい
ポップフライが多くなってしまいます。
また少しでもこすってしまうと
打球は前に飛んでくれません。
しかしながら硬式球の場合
ボールが潰れることはないので
ある程度捉えていれば前に打球は
飛んでくれます。

もちろんしっかりとミートをしなければ
ヒットを打つことは難しいですが
金属バットで打撃をするうちは
力が強い選手にとっては硬式の方が
ありがたいと感じるはずです。

こうした理由から
基本的には軟式から硬式へは対応しやすく
むしろ硬式野球を終えて
草野球などの軟式野球をすると
硬式の癖でボールを潰してしまい
ヒットが打てず対応ができないという
ケースの方が多いでしょう。

さて、では硬式球への対応として
苦しむ点をあげるとすればどのような
ことが考えられるでしょうか?

それは個人的には
インコースだと思います。
軟式球の場合インコースを強引に
打ちにいって多少詰まったとしても
ボールが柔らかいためスイングの力で
内野を越すことができまた手に痺れるような
痛みはきません。

ですが硬式球の場合
インコースに詰まらされてしまうと
よほど力がない限り内野の頭を越すことは難しく
また手にも相当な衝撃が伝わるため
痺れるような痛みを感じます。

こうした痛みを脳が覚えてしまうと
それを無意識に回避しようとして
インコースに手が出なくなってしまいます。

こうしたことから
軟式ではインコースを打てていたのに
硬式ではインコースに手を出せなくなって
しまうということが起こり得ます。

これを回避するために
やってしまいがちなのが
ヘッドを早く返して
芯に当てに行く練習ですが
こうした練習をしてしまうと
変化球を待ちきれずに空振りをしてしまったり
そもそも芯に当てたとしても
ファールになってしまったりします。

ではどうすれば良いのか?
対策は2つあります。

まず一つ目は
インコースを捨てること
インコースが苦手なうちは
無理にインコースを打ちに行く必要はありません。

どんなにコントロールの良いピッチャーでも
全てインコースで攻めてこれるということは
あり得ないので試合ではインコースはカットをするなど
してそのほかのボールを待ちましょう。
もちろんそのままではいけないので
その間にインコースを打つ練習をしておき
苦手は克服しておきましょう。

二つ目は
詰まることを恐れずに
引きつけてインサイドアウトを徹底すること。
インコースであってもなるべく体にボールを
引きつけて詰まってしまうことを恐れずに
体の内側からスイングをすることができれば
ファールにすることもなく強い打球を打つことが
できます。
この時に体がのけぞるように骨盤が後傾してしまうと
バットが出てこなくなるので注意しましょう。

また一流選手はこのインコースを
前の腕の脇を開けて対応します。
脇を開けることに抵抗がある指導者や選手も
いるかもしれませんが
脇を開けても正しい形であれば力が逃げる
ことはないのでぜひ挑戦してもらいたいと思います。

軟式から硬式に変わった直後は
軟式での思いっきりの良い
スイングが良い結果をうみ
好成績を残せることが多いです。
しかし少しづつ練習で慣れてくると
詰まったりバットの先で打ったりした時の
経験が頭に残ってしまい
バットを思いっきり振れなくなってしまいます。
そこから抜け出して打てるようになった時
初めて硬式球へ対応ができたことになるので
最初の間に対応ができないからといって
モチベーションを落とさずに練習をしていきましょう。

春から硬式野球を始めるという方へ↓
一度硬式を打ってみませんか?

軟式から硬式へ対応するために必要なこと〜守備〜

こんにちは
BASEBALL FUTUREです。

あなたは現在軟式球で野球を
しているでしょうか?
それとも硬式球で野球を
しているでしょうか?

高校野球はプロ野球と同じく
主に硬式球を使っていますが
小学生や中学生の選手は
軟式球でプレーをしている
というケースも多いと思います。

そうした選手たちは
高校に進学したタイミングで
硬式野球を始めるため
ボールが違うことによる対応に
まずは追われることになります。

バッティンングにおいても
ピッチングにおいても
その対応をしなければいけませんが
個人的には守備への対応が
一番難しいのではないかと思います。

それには大きく二つの原因があります。

まず一つ目は
硬式球への恐怖心です。

やはり軟式球と違い硬式球は
かなり硬いため体に当たれば
それなりの痛みがあります。
フライへの怖さはないかもしれませんが
イレギュラーをするような土のグラウンドで
ゴロを裁くとなると最初は相当な恐怖心が
あるものです。

こうした恐怖心は慣れとともに
消えていくものですが
守備が下手なままだと
捕球ができない=体にボールが当たる
というイメージが抜けないため
なかなか恐怖心に勝つことができません。

そのため完全に恐怖心をなくすには
守備力を上げて捕球できるという自信を
身につけるしかないでしょう。

二つ目は
ボールを捕る位置の違いです。

硬式球に比べて軟式球は
高くバウンドすることが特徴的です。
J球やM球になりその弾み方は少し
低くなったように思いますが
それでもまだまだ硬式球のバウンドとは
弾み方が全く違います。

例えば外野手の場合でも
前進してフライを取りに行ったら
思ったよりもボールが高く弾んで
頭の上を通過してしまうという光景を
よく目にします。
しかし硬式球の場合は人工芝のグラウンドで
あったとしても頭を越されるケースは
あまり目にしません。

このバウンドの違いにより
変わってくるのが捕球をする位置です。
この捕球位置を硬式用に対応していかなければ
守備力は上がらずエラーの可能性が高くなって
しまいます。

ではどのような違いがあるのか
具体的に説明していきます。

軟式球は先ほども伝えた通り
バウンドが高くなります。
そのため捕球位置は
一番高く弾んだ位置
もしくは高く弾んで落ちてくる時に
捕球をすると捕球率が高くなります。

こうすると比較的高い位置で
ボールを待っていることが多くなるため
自然と姿勢は高くなりがちです。
この時グラブの向きも上を向いた状態で
待ってしまいます。

しかし硬式球になるとバウンドは低いため
高く弾むような打球は少なくなっています。
反対に増えるのが弾まない地を這うような
打球です。

これにより今までのように
高い姿勢でボールが高く弾んだ
ところでボールを待っていると
慌ててグラブを低く出しても
間に合わずボールがグラブの下を
通過していってしまうのです。

そうした低い打球に対応するためには
低い姿勢を作りグラブを地面すれすれに
おいておき打球に対して下から上に
グローブを出していく必要があります。
この時の理想的な捕球位置は
ショートバウンドです。

打球に合わせて足を運び
ショートバウンドで打球を捕ることが
できると捕球確率があがっていきます。

このようにどんな打球に対しても
うまく足を運んでショートバウンドで
ボールを捕ることができるようになると
捕球も安定してくるため恐怖心もなくなり
完璧に硬式球に対応できた状態になっていきます。

これから高校に進学して
硬式球に挑戦するという選手も
今のうちに硬式球のバウンドになれて
いくようにしましょう。

また軟式球でプレーをしているという選手も
今のうちからショートバウンドでボールを
捕球する癖をつけておきましょう。

中学野球を引退した選手へ

こんにちは
BASEBALL FUTURE
(ベースボールフューチャー)です。

野球の夏のシーズンが終わり
高校野球も新しいチームが
スタートしていますが中学野球に
おいても一通りの大会が終わり
3年生は引退をし
落ち着いてきた時期だと思います。

これから高校でも野球を続けるという選手に
とってはこれからの半年はとても
大切な期間となります。
もちろん野球推薦で高校が決まっている
選手ばかりではないので
受験勉強も大切になってくるでしょう。

しかしそうした選手もメリハリをつけて
野球がおろそかになってしまわないように
練習を少しでもいいのでやっておくことを
お勧めいたします。

なぜならば勉強をするための
集中力はスポーツをすることからも
得られるからです。
また、中学3年生という伸び盛りの
期間を半年間勉強だけで過ごしてしまう
というのは野球選手にとってはとても
マイナスになるからです。

そのままでいると
推薦が決まっていて
野球だけをやっている選手とは
入学の時点で大きな差が
生まれてしまうでしょう。

そうなってしまわないために
勉強と両立しつつも
どのようなことをすべきなのかを
お伝えしたいと思います。

1,有酸素運動
まずは基本のランニングです。
やはり適度な有酸素運動をすることが
体をなまらせない手っ取り早い方法です。
また時間をそこまで取ることもなく
毎日15〜30分程度であれば
十分に勉強と両立ができるでしょう。

高校に入学すると
いきなり厳しい練習が
課せられる場合があります。
こうすると怪我を引き起こしやすくなります。
その結果最悪の場合入学から半年間
怪我のリハビリということもあり得ます。
しかしこうした怪我も有酸素運動を
続けることである程度防ぐことができます。

2,硬式球への対応
軟式野球をやってきた選手にとって
高校に上がって
最初に当たるかべは硬式球への対応です。

やはりボールが変わるというのは
大きなことで守備面においても
打撃面においても大きな影響があるでしょう。

しかし時間が経てば
慣れてくるので問題はありません
しかしスタートダッシュという面では
少し出遅れる可能性もあるので
この半年を利用して硬式球に
慣れておくのが良いでしょう。

ボールの弾み方
インパクトでの力のかけ方
恐怖心などを取り払っておきましょう。

3,体のケア
中学時代に怪我をしてしまった選手や
体の硬い選手はこの期間を使って
十分に体のケアを行いましょう。
高校野球になると一週間に休みが
一日あるかどうかです。

それに伴い怪我も増えていくので
大切な高校野球の期間を
怪我で潰さないためにも
体のケアを怠らずに
万全の状態で入学を迎えられるように
していきましょう。

勉強との両立も大切ですが
高校野球で戦いたいと思っている
選手はそのための行動も地道に
行っておきましょう。

ps.今のうちに硬式を打ち込んで
一年生から活躍したいという選手へ

ぜひこの半年間を利用して
硬式の打ち方を身につけてみませんか?
下記問い合わせフォームより
短期レッスンの
ご相談受け付けております!